スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

タグ:野球

ブラック職場としてのサッカー天皇杯「元日決勝」
 サッカー天皇杯恒例の「元日決勝」にまつわる弊害が、いよいよ深刻なものになっている。
  • 藤江直人「オフはたったの6日間? サッカー界に〈働き方改革〉が必要な理由」(2020/02/06)
 あらためて、日本サッカーは「元日決勝」から決別しなければならない。

 [理由その1]まずは「過密日程」の問題。これは、今までさんざん論じられてきたし、もっと詳しい人がいるので、ここでは繰り返さない。

 [理由その2]マスメディアが日本人一般へのサッカーをPRにするに当たって、「元日決勝」ではかえって不利になるという問題。

 サッカー天皇杯は、NHKと共同通信という大手マスメディアが後援についている。しかし、毎年1月1日は、マスメディアは元日の特別編性となっているので、テレビのスポーツニュースなど報道に大きく時間が割かれることはない。

 正月のスポーツイベントとしては、サッカー天皇杯「元日決勝」の話題性は、どうしたって翌日・翌々日(1月2日,3日)開催の箱根駅伝のそれには勝てない。しかも、テレビの視聴率は高くない。貴重なサッカーの地上波中継なのにもったいない。

 すなわち、天皇杯決勝がどんなに素晴らしい、面白い試合だとしても、それがマスメディアによって、人々に拡散されることはない。その分、日本人は(国内)サッカーの素晴らしさ、面白さに気が付く可能性は下がる。

 日本サッカーの国内シーン、なかんずくJリーグの人気がもうひとつ盛り上がらないのは、天皇杯「元日決勝」のせいである。

捏造された歴史としてのサッカー天皇杯「元日決勝」
 [理由その3]そもそも、存続派が日本サッカーの「伝統」だと主張する天皇杯「元日決勝」など「捏造された歴史」に過ぎない。

 日本サッカーのカップ戦(全国選手権)は、大正時代の1921年から始まっている。しかし、それに「天皇杯」の冠がかかるのは、第二次世界大戦後の1951年度(昭和26)になってからに過ぎない。

天皇杯カップ
【サッカー天皇杯の優勝カップ】

 「元日決勝」は、戦後四半世紀も経った1968年度(昭和43)=1969年1月1日から。100年以上ある近代日本サッカーも歴史の中で、「元日決勝」の慣例などたかだが50年程度の時間に過ぎない。*

 もっと決定的なこと。明治神宮への初詣の参拝客を集客に取り込もうとして始まったと言われる、サッカー天皇杯の「元日決勝」。しかし、「元日決勝」で国立競技場を満員にできるようになったのは、1991年度=1992年1月1日からである。

 実質的に、サッカー天皇杯「元日決勝」の伝統などたかだか30年にも足りないのだ。

自国のサッカー史を知らない日本のサッカー選手たち
 ところが、日本のサッカー選手たちは、自国のサッカーの歴史をろくに知らない。サッカー天皇杯「元日決勝」が「捏造された歴史」だとは知らない、いたいけなサッカー選手たちが「元日に天皇杯決勝の試合がしたい」などというタワゴトを宣(のたま)う。


 例えば、日本のサッカー選手たちのほとんどは、自分たちのサッカーの直接のルーツが、東京高等師範学校(筑波大学の前身)の中村覚之助にあることを知らない(はずである)。

中村覚之助(胸像)
【中村覚之助】

 そんな、いたいけなサッカー選手たちが「元日に天皇杯決勝の試合がしたい」などというタワゴトを宣っているのである。

プロ野球から考えるサッカー天皇杯決勝「天覧試合」
 四の五の言わずに、サッカー天皇杯は「元日決勝」から卒業するべきである。

 通常、Jリーグ(J1)は12月第1週に終了するから、「元日決勝」から卒業したサッカー天皇杯決勝は、その次、12月第2週の土曜日夜にキックオフする。それをNHKが総合テレビで放送すればいい。

 12月第2週は、旧トヨタカップが行われた、サッカーに縁のある季節でもある。

 それとも……。そんな踏ん切りがつかないなら、新しい日程によるサッカー天皇杯決勝の最初の試合を「天覧試合」にすればよい。

 日本国天皇は元日は忙しい。逆を言えば「元日決勝」に拘泥する限り、天皇杯決勝の「天覧試合」は実現しない。

 大相撲は別として、スポーツの天覧試合と言えば、よく喧伝されたのが1959年(昭和34)6月25日のプロ野球「巨人vs阪神」戦である。

 この天覧試合の実現までは、いろいろな動きがあったと聞く。結果、この試合はそれまでの大相撲やアマチュアの東京六大学野球の人気を、プロ野球(NPB)の人気が追い抜いた大きな画期であるとされている。

 また、読売ジャイアンツ(巨人軍)の長嶋茂雄は、この試合で活躍したことが画期となって国民的スーパースターとなった。

天覧試合_長嶋茂雄サヨナラホームラン19590625
【天覧試合における長嶋茂雄のサヨナラホームラン】

 すなわち、サッカー天皇杯も「天覧試合」と藉口することで、旧弊たる「元日決勝」から卒業し、日本サッカーの新しい歴史を創る画期となすのである。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

職業ブロガー=広尾晃氏が素人ブロガーに噛み付く
 野球ブログ有数のアフィリエイトブロガーであり、プロの野球ライターでもある広尾晃氏(誤字脱字事実誤認が多すぎるなのは全く残念であるけれども)が、当ブログのエントリー「野球ブロガー・広尾晃氏の『〈サイン盗み〉の野球史』を嗤う」に噛み付いてきた。



 一介のブロガーが、アフィリエイトのためPVの数で稼ぐ職業ブロガーの標的として選ばれてしまった。このことは、ある意味、名誉で目出度いことなのか? あるいは、単にキレやすい広尾晃氏の頭に血が上ってしまっただけなのか?

 くだんの広尾晃氏のエントリーを読んだが、当ブログは、広尾晃氏と違って体内の血液が逆流しそうなほどの強い刺激は受けなかった。広尾晃氏は、当ブログの該当エントリーの本質的な部分には、ほとんど言及していないからである。したがって、当ブログが今から内容的に付け加えることも少ない。以降は、ほとんど駄目押しである。

広尾晃氏にとっての「世界」と「日本」
 そもそも、広尾晃氏にとってのスポーツ文化の理解とは何か?

 野球の話題に絞って言うと、「世界」すなわちMLB&アメリカ野球界には豊かな「スポーツマンシップ」の精神があり、スポーツ文化を深く理解している。翻って「日本」なかんずくNPBまたは高校野球ほかの日本野球界は、スポーツ文化をまるで理解しておらず、スポーツマンシップとは真逆の、貧困なる「勝利至上主義」にドップリ浸かり、スポーツを穢(けが)している……。

 ……という極端なロジックである。これは「世界=MLB&アメリカ野球界=スポーツマンシップ/日本=NPBまたは高校野球ほか日本野球界=勝利至上主義」という、いわば二元論的な図式として表せる。きわめて硬直的で単純化された世界観である。

日米「サイン盗み」をめぐる広尾晃氏のダブルスタンダード
 そんな広尾晃氏が、再三紹介してきたのが「正しく〈スポーツマンシップ〉を理解しているアメリカ野球界と違って,日本野球界には〈サイン盗み〉が横行している.明らかに不正な〈スパイ行為〉であり,これこそ日本的な〈勝利至上主義〉の表出である」という話であった。

 ところが、2019年、そのアメリカMLBのヒューストン・アストロズの「サイン盗み」=「スパイ行為」が発覚した。日本の高校野球のサイン盗みは、二塁走者が捕手のサインを盗み見するものが主らしいが、アストロズのそれは電子機器(カメラなど)を用いた、より複雑なものであるという。

 広尾晃氏のもとに、アメリカ野球界も「サイン盗み」=「スパイ行為」をしているではないか? 広尾晃氏の言い分は矛盾しているではないか? ……という声が寄せられたようである。もっともな疑問である。

 こうした批判に、広尾晃氏が嫌々反応したのが「アストロズのサイン盗みについて」や「〈サイン盗み〉の野球史」(全5回シリーズ)であった。それらによると……。



 ……日本野球界の「サイン盗み」はスポーツマンシップが欠落した「勝利至上主義」の欠落に由来する根が深く常態化したものであり、一方、MLBアストロズの「サイン盗み」はMLBがビッグビジネス=拝金主義になっていくしたがって起こった(酌量するべき?)邪心である。

 ……あるいは、アマチュア野球まで「サイン盗み」が横行するのはアメリカにはなく、日本だけ……というものだ。
 そういうアストロズのサイン盗みと「勝ちゃいいんだ!」の日本の〔野球指導者の〕あほなおっさんの〔選手たちに強要する〕サイン盗みは、違うわけだ。日本が何周も周回遅れになっているという状況は変わらない。

広尾晃「アストロズのサイン盗みについて」より
 むろん、こんな言い草は、ご都合主義、贔屓の引き倒し、ダブルスタンダード……の詭弁にすぎない。

次々と暴かれていく広尾晃氏の虚妄
 2019年9月、韓国で「第29回WBSC U18ベースボールワールドカップ」が開催され、日本代表(高校日本代表)も出場した。2019年9月18日付の『東京スポーツ』電子版には、昨今の野球の国際大会では各国代表で「サイン盗み」が横行し、むしろ、日本代表こそが「一方的なサインの〈盗まれ損〉」になっている……という話題が紹介されている。
 ……一方で国際大会では当然のごとく横行しているサイン盗みへの対応も気になるところ。日本はどんな対策を行っているのか、代表に聞いた。〔略〕

 島田分析担当コーチは「サイン盗みは当たり前にあるもの、と思っています。すでにオープニングラウンドのアメリカ戦〔え?〕でもやられた。ダミーのサインから入ったり複数のサインを用意したり、以前から対策はしています。(捕手の)山瀬も水上もそれはよくわかってくれている」と話すなど、サインを盗まれることは〈前提条件〉として臨んでいるという。

 一方で「教育の一環」を建前とする日本では、サインを盗む行為は〈ご法度〉だ。高野連の竹中事務局長は「対策は首脳陣に一任しています。もちろん日本はやらない。そういうことをやると国際大会でバカにされますから。そういうチームはないと信じたいですけどね」と言うが、現状は一方的な〈盗まれ損〉状態となっている。

 〔日本の〕学校によっては日常的に練習もしていないサイン盗みへの対策。選手に戸惑いはないのか。山瀬(星稜=3年)は「ミスが出ないように、いろいろなパターンを組み合わせています。ベンチからのサインはなくて、基本的にキャッチャーが考えて出している。初めて組む投手とはバッテリー間で覚えることも多いですが、何とかなっています」とした上で「日本でもやってくるところはやってくる。サイン盗みはともかく、サイン盗み対策に戸惑いはないです」と話す。

 国内では大きな物議を醸したサイン盗み問題も、建前ばかりで対策をしていなければ、国際大会では勝ち切れない。それでも日本は不利を承知でスポーツマンシップを貫き、悲願の世界一を狙う。

東京スポーツ「野球【U18W杯】1次L米国戦でも…侍サイン盗まれ損?」
2019年09月05日
 広尾晃氏の説くように、国際大会でアメリカの審判に「サイン盗み」を注意されたら、日本はやらなくなった。しかし、その間にアメリカ合衆国〔え?〕ほか、外国の代表は臆面もなく「サイン盗み」が常習化(?)した。これは一体どういうことか?

 もうひとつ例を挙げる。広尾晃氏が説く日米野球の「サイン盗み」にまつわる習慣の違いは本当なのか? 不審に思ったスポーツファンが、大リーグ評論家の福島良一氏にSNS(ツイッター)で問い合わせた。すると、どうです……。

【福島良一「勝つためなら手段を選びません」】

 ……と回答が来たので大笑い。日本野球は「勝利至上主義」でアンフェアな「サイン盗み」を頻繁にやるが、アメリカ野球は「スポーツマンシップ」が徹底しているので「サイン盗み」は存在しないなどとは、単純には言えないのである。

 こうして、広尾晃氏が説いた話が虚妄であると次々に暴かれていくのである。

「二元論」的日本スポーツ批判を超えて…
 広尾晃氏は、あくまで「世界=MLB&アメリカ野球界=スポーツマンシップ/日本=NPBまたは高校野球ほか日本野球界=勝利至上主義」という図式でしか事態を解釈できず、判断も出来ないから、事実を見誤り、かつ、あんな無理のある意見を立てるのである。

 「誤解していただきたくないのだが,私は何も○○○○だと言いたいのではない」という言い回しは、サッカーファンの小説家・村上龍氏のサッカー評論の定番の決め台詞だったという説がある。……が、しかし、当ブログは1回くらいしか、それを見たことがない。

 そんな話はともかく、誤解していただきたくないのだが、当ブログは何も「日本の悪口を言うのは許さないぞ」などと言いたいのではない。日本野球は国内シーンでも国際シーンでも「サイン盗み」を積極的にしろと推奨しているのでもない。

 硬直的で単純化された「二元論」的な世界観に基づいた批判では、事の本質も理解できないし、問題の解決にもつながらない。より多元的なモノの見方・考え方をしなければ、事態をミスリードしてしまうのではないか……と言いたいだけである。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スポーツにおける国と国との文化的な力関係
 広尾晃氏ブログの渾身のエントリー「〈サイン盗み〉の野球史」シリーズは、サラっとナナメ読みしただけだが、その第4回目にトンデモない記述を発見してしまった。
 〔明治時代,日本野球はアメリカ野球から〕技術や戦法も取り入れたが、その戦法の中に「サイン盗み」も当然含まれていた。〔略〕

 「サイン盗み」には今に至るもルールブックには「違反」とは書かれていない。

 だから高校野球でも大学野球でも、社会人でも「サイン盗み」は、普通の戦法としてずっと行われていたのだ。〔略〕

 そんな日本のアマチュア野球が、世界で大恥をかいたのが1996年夏の甲子園の出場メンバーが渡米して、アメリカの高校生と親善試合をしたときのことだ。

 日本の二塁走者が捕手のサインを打者に伝えるのを見て、アメリカの審判は注意をした。一・三塁のコーチも同様の指導を受けた。アメリカの審判は、日本の行為を「スパイ行為にも等しいアンフェア」だと指摘したのだ。

 日本高野連はこのことに大きな衝撃を受け、1998年12月、サイン盗みの禁止を日本高野連から〈マナーの向上〉の指導事項として全加盟校に通知した。


 日本のアマチュア野球が「サイン盗みはいけないことなんだ」と知ったのは、まさにこの時だったのだ。

広尾晃「〈サイン盗み〉の野球史」(4)
 これには唖然とした。

 逆のケースを考えてみよう。アメリカ野球にサイン盗みの「アンフェアプレー」(≒ゲームスマンシップ)が常態となっており、日本にそのような習慣はないとする。どの年代でもいいが、いわゆる日米野球の試合が行われたとする。そこで、日本の審判はアメリカの選手の「アンフェアプレー」(≒ゲームスマンシップ)を注意できるだろうか?

 おそらく出来ないはずだ。日本野球とアメリカ野球の間には、いわば「日<米」とでも呼ぶべき、国際的な力関係の格差が存在するからだ。そして、アメリカ野球の関係者が「日本野球はナイーブだ.〈ゲームズマンシップ〉が足りない」とか何とか言って、日本側が一方的に否定されるのである……。

 ……というあたりは、当ブログの読者なら、とっくの昔に先刻ご承知のはずである。しかし、この「スポーツにおける国と国との文化的な力関係」という単純な事柄が理解できていないのが、俺たちの埃り、広尾晃氏なのである。

ゲームスマンシップとしての不行跡~紳士のスポーツでも
 仮定の話ではなく、例えば、これはラグビーフットボール……今年2019年に日本でワールドカップが行われ、大変な盛況を博(はく)し、「紳士のスポーツ」だなど少々大袈裟に喧伝された……においても同様である。

 NHKが「BS世界のドキュメンタリー」で放送した『ラグビー 永遠のライバル史』という番組が凄い。


 その昔、TMO(ラグビーのビデオ判定)が普及する前のラグビーでは、レフェリーの見ていない(バレない)ところで、殴る・蹴る・噛み付く・指で目を突く・口に指を突っ込む・肘で打つといった行為が平然と行われていた……。

 ……などという話を、ウェイン・シェルフォード(元ニュージーランド代表)といったレジェンドクラスのラガーマンが武勇伝みたいに語るのだからたまらない。以前のジャパン(ラグビー日本代表)もさんざんやられた。そして適応に苦労した(と聞く)。

 ラグビーの競技規則では「不正なプレーまたは不行跡」が明文化されているにもかかわらず。これは一種のゲームスマンシップである。そして、日本も文句は言えないのは、ラグビーの世界では、日英(英連邦諸国含む)のラグビー文化間で「日<英」とでも呼ぶべき国際的な力関係の格差が存在するからだ。

 こんな単純な事柄が理解できていないのが、広尾晃氏なのである。

アンフェアプレーの「構造」ではなく「形態」である
 広尾晃氏の観念は、日本人の国民性・文化・精神……等々は「世界」にあってきわめて(悪い意味で)特殊独特だとする日本人論・日本文化論の世界観である。だから、アメリカ・メジャーリーグの「サイン盗み」は綺麗なサイン盗み、日本野球の「サイン盗み」は汚いサイン盗みとでも言いたげに、両者をあくまで区別(差別?)しなければならない。

 この日本人論のロングセラーに、土居健郎(どい・たけお)という精神科医が書いた『「甘え」の構造』がある。



「甘え」の構造―The anatomy of dependence
土居 健郎
講談社インターナショナル
1981-12


甘えの構造 (1980年)
土居 健郎
弘文堂
1980-11


 「甘え」という心理や情緒、精神は日本人独特のものだとして、日本の文化や社会、国民性を縦横に論じたものだ。同様、広尾晃氏は、日本人にはスポーツにおけるアンフェアプレーの独特の「構造」があるのだと、再三説いている。

 ただし、『「甘え」の構造』には賞賛とともに批判も多い。そんな批判者のひとりに、翻訳家・文筆家のロビン・ギル氏(米国人)がいる。彼は『日本人論探検』の中で、「甘え」などというものは各国の民族・部族に存在すると、豊富な事例を手がかりに指摘している……。*

日本人論探険―ユニークさ病の研究
ロビン・ギル
阪急コミュニケーションズ
1985-12


 ……その上で、日本人独特の「甘えの構造」ではなく、世界中にある「甘えの形態」の様々な在り方だと説いている。スポーツの場における選手たちの振る舞い方も同様。日本人独特のアンフェアプレー(≒ゲームスマンシップ)の「構造」ではなく、世界各国に存在するゲームスマンシップの「形態」の違いである。

男どアホウ広尾晃
 この程度のこと……フェアプレー=スポーツマンシップとアンフェアプレー=ゲームズマンシップという矛盾の内包……は、後藤健生氏の『サッカーの世紀』や『ワールドカップの世紀』、あるいはデズモンド・モリス博士の『サッカー人間学』(原題:The Soccer Tribe)を読めば一発ですぐに理解できる……。

サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli Universe Promotional Books
2019-03-26


 ……のだが、広尾晃氏は読んだことはないのだろう(けして細川周平氏や今福龍太氏あたりの,意味不明であまり読む価値のないサッカー本ではないのだが)。

 サッカーの世界では、日本人は「マリーシア」(≒ゲームズマンシップ)がないと、さんざん言われてきた。しかし、「日本人」そのものにゲームズマンシップが無いわけではない。日本野球におけるサイン盗みやミットずらしなどは、立派なゲームズマンシップである。

 世界の常識では、例えばサッカーやラグビー、クリケットでは、こうしたゲームズマンシップの良し悪しの線引きは、(主にナショナルチーム同士による)国際試合で自ずと、あるいは権威ある国際統括機関の指導によって決まってくるものである。**

 
しかし、そもそも。広尾晃氏は「日本野球は,サイン盗みのアンフェアプレーで〈世界〉に対して恥をかいた」などと書くが、野球に「世界」と称してよい国際関係も、しかるべき国際統括機関も存在しない。あるのはアメリカ・メジャーリーグの一国主義である。

 アメリカ野球と流儀が違うからという理由で、日本野球が一面的に否定される。

 そのことが理解できないから、広尾晃氏は、アメリカ野球にも存在する「サイン盗み」に関しても、日本野球が一面的に悪いかのように、話を盛る

 この人の言い分を鵜呑みにすることは、スポーツの豊饒な世界を読み間違える。

 そうはならないために、スポーツファン=読者は、広尾晃氏の「男どアホウ」ぶりを嗤って読み味わう程度には、知性なり知識なりを持ちたいものである。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本のスポーツ評論における「ある種」のレイシズム
 一応、プロ(?)のスポーツライターである広尾晃(ひろお・こう)氏の日本観・日本人観の基礎には、レイシズムがある。自国=日本への批判の度が過ぎてついに一線を越え、日本、日本人、日本文化、日本社会……に対する、ステレオタイプで人種主義的な、歪んだ「まなざし」を持つに至った可哀そうな人が、広尾晃氏である。
 幕末・明治このかた、欧米への劣等感にさいなまれてきた日本には、そのような珍しいレイシズムが存在する。日本をことさら蔑むことで、自分の賢(かしこ)ぶった様を誇示したがる人が日本には多い。なかんずく、スポーツのような分野はそうである。

【広尾晃氏(写真右の人物)】

 広尾晃氏は、あくまでそのステレオタイプの管見に従属して、日本の野球界や日本のスポーツ界をさまざま断罪する。書いている本人は気持ちよさそうだが、皮肉なことに、ステレオタイプを煽っているだけで、そこに広尾晃氏個人の視点は、実は存在しない。

ラグビー日本代表に冷や水を浴びせては賢ぶる広尾晃氏
 そんな広尾晃氏のブログ「野球の記録で話したい~〈外国人選手〉に思うこと」を、悲しい気持ちで読んだ。


 周知のように、当代日本ラグビー日本代表には、ホームグロウン(homegrown)の日本代表選手と、リーチ マイケル選手、トンプソン ルーク選手、あるいは韓国出身の具智元(グ・ジウォン)選手といった外国出身の日本代表選手で構成されている。

 広尾晃氏は、この2つを分断し、日本ラグビーの快挙に冷や水を浴びせては、賢ぶっている。まるで、ジャパン(ラグビー日本代表)が「外人部隊」か「傭兵」の力だけで勝った……かのような書きっぷりである。*

 あるいは、ラグビーファンに、外国出身の日本代表選手への思い入れを下げて、心理的な距離感を保て……などと、上から目線で説教を垂れる。

 そして、外国出身選手の日本代表への動機付けを、羽毛のようにあくまで軽く、沙漠のようにことさらドライに評価することで(後述)、ジャパンの成果を軽く見積ろうとしている。

外国人選手を野球とラグビーで一緒くたにする広尾晃氏の愚
 ところが、広尾晃氏は、盲目的なイチロー選手の信奉者なのである。2019年3月に行われた茶番のごときイチロー選手の引退試合に関しては、金鉱石のように重く、五月雨のようにウェットに、距離感もなくにじり寄って、ただただ、ひたすら、過剰に礼賛している。



 このような無節操な言動をとる広尾晃氏は、何を言っても説得力に乏しい。何よりこの人が間違っているのは、来日して日本代表になる外国出身のラグビー選手を、米国などから日本のプロ野球(NPB)やって来る野球選手と、一緒くたにしていることである。

 海外から来日した外国人のプロ野球選手は、基本的に通訳付きで、日本語を覚える必要は薄い。そして、広尾晃氏が述べたように、言葉は悪いが、契約が終了すると自国に帰る「腰かけ」である(もちろん,バルボン氏やソロムコ氏のような例外はいる)。

 野球とラグビー(さらにサッカー)で大きく違うのは、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会が持つ「重み」である。……ああ、つまり、野球畑の広尾晃氏には、話の出発の時点で事の本質を理解できていないのだ。

 そういえば、野球には、サッカーやラグビーの日本代表のように、欧米系の外国出身選手が日本代表(侍ジャパン)に参加する(した)という話は聞かない。

 サッカーのラモス瑠偉氏が現役時代に語っていたことであるが、彼は自身が関わってきた日本のサッカーを(特に,日本のサッカーをよく知らない外国のサッカー選手に)否定されるのが、非常に嫌であった。それが日本代表に参じた理由であったという。

 ラグビー日本代表のリーチ マイケル選手や、トンプソン ルーク選手も、どこかで同じような発言をしていた(ような気がする.ゴメンナサイ,正確な出典が思い出せない)。

 さらに、少なからず込み入ったルールや技術、戦術といった情報の体系があり、なおかつフルコンタクトのフットボールであるラグビーの強化は、単純な「個の力」の1+1+1+1+1+……=15ではない。

 大島和人氏の言葉を引けば、「コトはそう単純でない.ラグビーは身体を張り,助け合う競技.互いが〈仲間に命を預けていい〉という信頼関係で結びつかなければ勝つカルチャーにはならない」のである。
 すなわち、ラグビー日本代表に参じる選手には(サッカーも同様)、さまざま、しかるべき動機付けがあるのだ。

 そうした、選手たちの人生や生活、思い入れの一切合切を否定しては、単なる打算的な「腰かけ」であるかのように断じる広尾晃氏は、きわめてヘイトフル(hateful)である。

 選手たちに失礼である。

 広尾晃氏は、日本に対してなら、日本のスポーツに対してなら、どこまでもどこまでもヘイトフル(hateful)になれる。……ああ、嫌らしい。

ラグビー日本代表の物語≒映画「七人の侍」の世界観の間違い
 ニュージーランド出身で日本国籍のラグビー日本代表であるトンプソン ルーク選手は、現役引退後、故国に戻って、牧場を経営したい旨、報道されている。そんな情報が広尾晃氏の頭にあったのかどうか、こんなヘイトフル(hateful)で奇妙なことを書いている。
 今回のラグビーでの外国人の活躍は黒澤明の『七人の侍』をイメージさせる。彼らは村に対して特段の愛着も、忠誠心も持っていなかったが、武士としてプライド、そして「義を見てせざるは勇無きなり」というヒューマニズムで命を捨てて戦ったのだ。

 今のラグビー〔日本代表〕外国人選手の心の中は、〔映画〕『七人の侍』のエンディングで、平和になった村で田植え踊りに興じる村人〔百姓≒ホームグロウンの日本代表選手〕の姿を見ながら、立ち去ろうとする生き残りの侍〔外国出身の日本代表選手〕たちのようではないかと思う。

広尾晃「野球の記録で話したい~〈外国人選手〉に思うこと」より
 この「外国出身の日本代表選手=侍・武士/ホームグロウンの日本代表選手=百姓・村人」という分類にもまた、広尾晃氏がはらむ「人種主義」の臭みがある。それはひとまず措(お)くとしても、この人のこの見立ては問題ないのか? あるに決まっている。

 最初に、映画『七人の侍』のあらすじをおさらいしておく。
七人の侍(しちにんのさむらい)
 日本映画。1954年東宝作品。監督黒澤明。脚本黒澤明ほか。主演志村喬,三船敏郎。戦国時代,野盗〔野武士,野伏せり〕に悩まされる農民〔百姓〕たちが自衛のために7人の侍を雇い,野盗と戦って勝利するまでを描いた大型時代活劇。ベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞を受賞し,60年にはJ.スタージェスが西部劇『荒野の七人』として再映画化している。

 この映画の歴史観が「史実とは大きな隔たりがある間違い」であることは、以前からさんざん批判されてきた。最近の例では、歴史学者の呉座勇一(ござ・ゆういち)氏による指摘がある。
 すなわち、映画『七人の侍』に出てくる百姓たちは、盗賊たちにおびえるばかりで、士気が低く戦闘経験にも乏しい。しかし、実際の戦国時代の百姓たちは刀も槍も弓矢も持って武装していた。しかも、戦国時代の村は頻繁に戦っていた。盗賊の襲撃に対する自衛の戦いではなく、近隣の村と土地や用水をめぐって殺し合いをしていたのである。

 そこには、「お侍さま~」とすがりつく『七人の侍』の無力な百姓たちの姿はない。

 つまり、広尾晃氏は、誤った歴史観を信じ込み、こじつけて外国出身のラグビー選手の心理を勝手に「曲解」しては得意気に開陳する……という間違いを犯しているのだ。**

広尾晃氏の「違和感」への違和感
 とにかく日本や日本人への「まなざし」が歪んでいる広尾晃氏は、ラグビー(やサッカー)のワールドカップで日本中が盛り上がることが、とにかく嫌いらしい。


 しかし、この広尾晃氏の言い分もおかしい。今回のラグビーW杯、たしかに「国民的」な盛り上がりではあった。……が、公表されたテレビ視聴率を見る限り、日本人はラグビー一色だったわけではない。テレビ朝日系の人気番組「ポツンと一軒家」を見ていた人もかなりいたし、TBS系で「プロ野球日本シリーズ」を見ていた人もいたし、NHK大河ドラマ「いだてん」みたいな愚作を見ていた人もいる。

 むしろ、ラグビーで「一色にな」っていたのは、ニュージーランドのようなラグビー大国である。準決勝でオールブラックス(ニュージーランド代表)がイングランドに負けると、当地の新聞は「この世の終わり」とまで書いて、新聞一面を真っ黒に、文字通り「一色」にした。


 国レベルでラグビー「一色にな」らないと、メディアはこんなことを書かない。これはサッカーのブラジルでも同様である。また、ことし2019年に行われたクリケットW杯では、クリケット大国のインドが、ニュージーランドに敗れるという波乱(?)があったらしい。


 これまた「この世の終わり」である。広尾晃氏が好む表現を使えば、これらの国々は代表チームの勝ち負けに「かんかんになっている」のである。

 サッカーやラグビー、クリケットのW杯では、日本に限らず、国中で盛り上がるのである(野球とは事情が違う)。政治学者のヘンリー・キッシンジャーも、サッカーW杯の期間中は、ファンがサッカーに「かんかんになる」あまり、世界中の国々でGDPが下がる(!?)とまで書いている。

 このことが広尾晃氏にはついに理解できない。

 1978年のサッカーW杯では、地元開催のアルゼンチンが初優勝した。当時のアルゼンチンは右翼軍事独裁政権であったが、当地では、体制派の右翼と反体制派の左翼が、国民同士、手を取り合って喜んでいたという。この話は、かのガブリエル・クーンの『アナキストサッカーマニュアル』(原題『Soccer vs. the State』)に登場する。

 野球畑のスポーツライター・広尾晃氏には、こんな高尚な事柄が理解できない。

 当ブログからしたら、自国リーグのプレーオフを「世界選手権」(ワールドシリーズ)などとと呼んで、無邪気に楽しんでいる野球と米国国民の方が怪しいと思う。……という形で、本論の〆にしようと考えていた。

 しかし、米本国でもMLBワールドシリーズの人気(テレビ視聴率)が低下し、「ワールドシリーズ」という名称への妥当性にまで、当地のメディアから疑義が呈されるという事態になっているという報道を目にした。


 これには笑ったが、しかし、オチが付かない。まったく残念な話である。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 またその話か……と言われそうだが、2019年ラグビーワールドカップ日本大会を見ていると、ついつい茶々をいれずにはいられない。

 日本球界、なかんずくその日本代表=侍ジャパンが、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)やWBSCプレミア12(2019年11月2日開幕)での勝利獲得に力を入れることを、野球の超大国である米国(メジャーリーグベースボール=MLB)の冷淡な姿勢と対比して《愚鈍》視する風潮がある。



 それならば、米国野球界の「世界戦略」や「欧州(海外)進出」もまた《拙劣》だと批判しなければ、バランスを欠いた議論になる。

 野球のWBCは、サッカーのW杯ではなく、ラグビーのW杯を参考にするべきだった。野球も、ラグビーも、国際的普及度と実力差では、地域的な偏りがあるという共通点がある。

 国際ラグビー界(統括団体「ワールドラグビー」=WR)は、サッカーのFIFAのような「悪平等」主義をとらない。ティア1>ティア2>ティア3といった国ごとの格付けや、公式国際試合の認定のしかた、国際交流の在り方など、MLBにも参考になることがいっぱいある。

 とかく差別的・独善的と言われるWR=国際ラグビー界であるが、MLB=米国野球界の「一国主義」から来る差別性・独善性に比べれば、ずっと各国に配慮している。

 しかし、MLBは、ラグビーの国際試合・国際交流のあり方からは学習はしなかったように見える。こと「世界戦略」や「欧州(海外)進出」に関する限り、どうしてここまでMLBは《拙劣》なのだろう。

 こんなMLBのやり方では、うまくはいかない。本国にほとんど野球の地盤のない「野球イスラエル代表」などを捏造して、目論見通り(?)ユダヤ系からのお金は入ってきたのだろうか。もっと他にやることはあったのではないか。


 ニュージーランドのラグビーや、インドのクリケットなどと比べると、こんな賢明さを欠いた「宗主国」を頂いた日本の野球が不憫でならない。

(了)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ