スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

タグ:後藤健生

日本サッカーにおけるクラブカルチャー蹂躙の歴史
 以前、サンフレッチェ広島の「#紫を取り戻せ」問題や、古河電工サッカー部からジェフユナイテッド市原・千葉へのモデルチェンジの話をした。

 これらを手がかりに、日本サッカーにおけるクラブカルチャーとは、親会社やビジネス、スポンサー企業の広告上の都合などによるアイデンティティ蹂躙の歴史であったと説いた。
  •  【おさらい】サンフレッチェ広島と古河電工~日本サッカーにおけるクラブカラー蹂躙の歴史(2020年02月15日)
 特に1991年頃から1993年にかけての、旧・日本サッカーリーグ(JSL)から新生Jリーグ移行期はそうであった。これは古生物学で言う「大量絶滅」ともいうべき、日本サッカーのクラブのアイデンティティの深い断絶である。

 Jリーグ各クラブの「表徴」……すなわち、クラブカラー、クラブ名、着ぐるみのマスコット等々、従来のサッカーファンから見て違和感があるものばかりだった。当時のサッカーファンが特に違和感を感じたのは、クラブ(チーム)の呼称である。

 日本既存のスポーツのチーム名、すなわちプロ野球(NPB)や実業団スポーツのように親会社の企業名を冠しない……という美名のもとに、ツッコミどころ満載の、実に不思議な命名が続出した。

 ウィキペディア日本語版の記述を主な参考として、かつそれを信用できるものとして、いくつかのJリーグ・クラブの命名の由来をたどってみると……。

Jリーグ・クラブの不思議な命名
 まず「サンフレッチェ広島」(Sanfrecce Hiroshima)。日本語の「三」およびイタリア語で矢を意味する「フレッチェ」(frecce,複数形)を合わせたもので、地元を本拠とした戦国大名・毛利元就の「三本の矢」の故事にちなんでいる……とされる。

 この日本語+イタリア語の組み合わせが、いかにも面妖である。イタリア語で「三本の矢」ならば「トレ・フレッチェ」(Tre frecce)ではないか……と、サッカージャーナリストの後藤健生氏は、学研が出していたサッカー専門誌『ストライカー』の連載で突っ込んでいた。

 続いて「ガンバ大阪」(Gamba Osaka)。「ガンバ(Gamba)」は、イタリア語で「脚」を意味し、「脚」によってシンプルで強いチームを目指す。また、日本語の「頑張(がんば)る」にも通じる……とある。

 しかし、このイタリア語「ganba」は単数形である。2本の脚でサッカーをやる場合は複数形の「gambe」(ガンベ)ではないかとツッコミを入れたのは、作家・ジャーナリストの林信吾氏だった(林氏のサッカー本『ロングパス』だったかもしれないが,よく覚えていない)。

 そして、もう無くなってしまったが「横浜フリューゲルス」(Yokohama Flügels)。親会社が航空会社の全日空なので、愛称はドイツ語で「翼」を意味する「フリューゲル」(Flügel)。なお、 /l/ は有声音なので、英語で発音するなら語尾の「s」は、本来的には /s/ ではなく /z/ となる……。

 ……と、ここまで読んできてネットの独和辞典を調べてみると名詞「Flügel」の複数形は単数形と同じ。ドイツ語で「Flügels」と言うと、複数形ではなく属格(英語で言う所有格)になる。チームスポーツのクラブの名称としては無意味でふさわしくない。

 ウィキペディア日本語版の説明も何かおかしい。

 とにかく、Jリーグのクラブの命名は、欧米語の観点からして、出鱈目の滅茶苦茶なものが多々ある。サッカーを「世界のスポーツ」としてみた場合、これが非常に良くないことなのではないか。

 例えば、国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)のメンバーシップを持っている、ある日本人のサッカージャーナリストがいる。

 この人は、1991年頃、Jリーグ各クラブの名前の由来(前述のサンフレッチェとか,ガンバとか,フリューゲルスとか)を、海外のサッカージャーナリスト仲間に説明するのが、恥ずかしくて恥ずかしくてしょうがない……という愚痴を、某所でこぼしていたらしい。

レッズ…英国リバプールの場合
 古いサッカーファンは、マンチェスター・ユナイテッド、ノッティンガム・フォレスト、シェフィールド・ウェンズデー、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリード、インテル・ミラノ……といった「記号」、すなわち、欧州のサッカークラブの名称をカッコイイ、好ましいものだと思ってきた。

 ところが、前述のように日本のJリーグは欧州流にはならなかった。古いサッカーファンがJリーグのクラブの命名に違和感を持った理由のひとつが、それである。

 だだし、これには国際的な法則性があって、日本の場合は致し方ない点がある。話の出処は、これまで何度もお世話になってきたデズモンド・モリスの『サッカー人間学』(原題:The Soccer Tribe)である。

 著者のモリス博士は、英国・欧州の伝統的なサッカーリーグと、アメリカ合衆国のプロサッカーリーグ旧「NASL」(北米サッカーリーグ)と、あるいは英国・欧州の伝統的なスポーツと、アメリカのプロスポーツを比べて、このふたつの流儀の違いを説明している。

サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli
2016-09-06


 まずは、英国・欧州流のしきたりである。
 アメリカ〔合衆国〕とヨーロッパのクラブでは、今ひとつ、……〔クラブの〕愛称に対する公式態度に違いがある。

 ヨーロッパでは、愛称がいかに有名になり、ごく普通に用いられていても、クラブの名称や呼称に含めることはしない。

 これに対して、アメリカでは愛称が正式名となり、つねに公式クラブ名の一部になっている。

 したがって、例えば、ノリッジに本拠をおくイングランドのクラブが、アメリカ式命名法に従えばノリッジ・キャナリーズ〔カナリアの複数形〕の呼称で知られることになり、ノリッジ・シティ・フットボール・クラブというような典型的な重厚さを備えた名称は使われなくなる。

デズモンド・モリス『サッカー人間学』210頁

  •  [イングランド・プレミアリーグ]ノリッジ・シティFC
 例えば、イングランド・サッカーのプレミアリーグで「レッズ」と呼ばれるクラブの名称は、あくまで「リバプール・フットボール・クラブ」(リバプールFC)である。
  •  リヴァプールFC(日本語)
 だから「リバプール・レッズ」とは呼ばない。

レッズ…米国シンシナティの場合
 一方、アメリカ合衆国(カナダを含めた北米圏)はの流儀はどうか。
 ひたすら部族本拠地の地名をクラブ名とするヨーロッパのクラブの伝統主義は、現代的なアメリカ人の好みには合わない。

 アメリカのクラブでは、なりゆきにまかせてトーテム像的象徴がゆっくりと自然に浸透するのを待つよりも、制度化によって愛称をサポーターに〈売り込める〉派手な呼称の方が好まれる。

 ヨーロッパ人の目には、これもアメリカ的〈押し売り〉の典型で、アメリカのサッカー部族民〔ファン,サポーター〕におしきせの伝承を強制するかのように映るかもしれない。

 北アメリカにおいては、サッカーはいまだに、アメリカン・フットボールや野球のように昔から根を下ろしいるスポーツに強く頭を押さえつけられ、苦しんでいる小規模スポーツであることを忘れてはならない。

 大衆のより強力な支持を得るために苦闘を続けている段階では、ヨーロッパのサッカーが慈〔いつく〕しんでいるような、伝統的な呼称を用いて、尊大に構えるような、ぜいたくは許されないのである。

デズモンド・モリス『サッカー人間学』210頁

  •  [アメリカ合衆国・旧NASL]ニューヨーク・コスモス
 例えば、アメリカのプロ野球メジャーリーグで「レッズ」」と呼ばれるクラブ(球団)の名称は、あくまで「シンシナティ・レッズ」である。
  •  シンシナティ・レッズ公式
 だから「シンシナティ・ベースボール・クラブ」とは呼ばない。*

後発サッカー国としてのアメリカ合衆国,そして日本…
 この旧NASLの事情は、日本のJリーグでも全く同様である。

 欧州のサッカーに憧憬していた古いサッカーファンは、Jリーグのクラブのネーミングには、大いなる違和感を感じた。いかにもアメリカ・スポーツ的な制度化された命名、〈押し売り〉の典型であり、サッカーファン、サポーターにおしきせの伝承を強制したように映った。

 しかし、日本においては、サッカーは未だに(2020年時点でもそうかもしれない)、野球や大相撲のように昔から根を下ろしいるスポーツに強く頭を押さえつけられ、苦しんでいるマイナースポーツであることを忘れてはならない。

 日本のサッカーは、大衆のより強力な支持を得るために苦闘を続けている段階であり(2020年時点でもそうかもしれない)、ヨーロッパのサッカーが慈(いつく)しんでいるような、伝統的な呼称を用いて、尊大に構えるような、ぜいたくは許されないのである。

 だから、サンフレッチェ広島、ガンバ大阪、横浜フリューゲルス……だったのである。

 ……とはいえ、あまりにも野放図なJリーグのクラブの命名には、日本でもこれを回避したいクラブが出てくる。東京ガス・サッカー部がJリーグのクラブとなる時には、あくまで簡潔に「FC東京」とした。

 これには、旧来の東京ガス・サッカー部のサポーターの意向(ウルトラスニッポンの植田朝日氏ら?)があったとも聞いている。

 しかし「東京」となると、あまりにもメトロポリス過ぎて、かえって漠然とした印象がしないわけではない。……が、それは、まあよい。

Jリーグ・クラブは「ウォークマン」である?
 こうした、最初期Jリーグのクラブの命名、クラブカラーやエンブレム、着ぐるみマスコットの作成等々は、文具や雑貨などに付けるキャラクター商品の開発や管理・販売を行っている「ソニー・クリエイティブプロダクツ」(ソニーCP)が請け負った。**

 ソニーCPは、本当にキャラクター商品を創るように、Jリーグのクラブをネーミングしていった。しかし、それが古いサッカーファンたちの「ウケ」が良くなかったのは、前述のとおりである。

 ソニーCPは、Jリーグのクラブ名を欧文に訳した時の自然さ・不自然さ、また海外のサッカーファンやジャーナリスト反応を考えていなかったのかもしれない。……が、しかし、今やJリーグの試合は東南アジアやオーストラリアでも放映されている。

 ソニーのヘッドホンステレオ「ウォークマン」が、英文法的には間違いの和製英語であっても、ついにこれを押し切って、国際的に通用する商標名(英単語)になってしまったように、Jリーグ・クラブの名前も定着してしまっている!?

以下,蛇足ながら…
 ……と、普通のエントリーなら、ここでオチがついて終わるわけだが、今回、そうならないのは、Jリーグ・クラブの命名法にやっぱり馴染めないものを感じているからだ。
  •  宇都宮徹壱「なぜ〈FC町田トウキョウ〉が炎上しているのか? クラブ名称変更をめぐるオーナーとサポーターの齟齬」(2019/10/12)
 その他愛のなさは、昨今のFC町田ゼルビアの改名問題とも、深いところで一脈つながっているのでは……と、かなり強引な連想をしてしまうのであった。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

サンフレッチェ広島の「#紫を取り戻せ」問題
 2019年12月下旬からネット上の国内サッカークラスタを騒がせた、Jリーグ・サンフレッチェ広島の、いわゆる「#紫を取り戻せ」問題を傍目からナナメ読みしてきた。

 事の顛末(てんまつ)、詳しくはリンク先を当たってください。
  •  サンフレ公式「2020サンフレッチェ広島 アウェイユニフォーム決定のお知らせ」(2019/12/23)
  •  サッカーキング「浦和,鹿島,広島が新アウェーユニを発表! 史上初の3クラブ統一テーマ」(2019.12.23)
  •  J-CASTニュース「サンフレッチェ広島サポが〈#紫を取り戻せ〉〈赤い〉アウェーユニに激怒,クラブに対応を聞いた」(2019/12/25)

  •  ちょっつ☆☆☆「クラブのアイデンティティ」(2019/12/24)
 とどのつまりは、サンフレッチェ広島のサプライヤー兼スポンサー「ナイキジャパン」が、自社の都合を優先させて、クラブカラー(チームのアイデンティティ)を踏みにじった。*

 しかも、サンフレッチェ広島の広報は、この件に関する取材に対して、木で鼻をくくったような応答しかできなかったものだから、同クラブのファンやサポーターが(少なくともネット上では)怒り心頭に達した……こんなところか。

クラブカルチャーの大量絶滅期としてのJSL→Jリーグ移行
 楽天のクラブ買収によるヴィッセル神戸のクラブカラー変更。継続中の町田ゼルビアの改名問題。大口のスポンサーではなかったので沙汰止みになったがモンテディオ山形のフルモデルチェンジ構想というのもあった……。

 ……等々、経営上、資金面の後援上その他の事情で、クラブカラーを含めたクラブのアイデンティティが蹂躙され、場合によっては変更まで余儀なくされるという事例は、過去の日本サッカー史の好ましからざる伝統として、何度となく起こってきたことである。

 まあ、一番酷いのは、これまでくどくど論じてきたように、アディダスジャパンによるサッカー日本代表チームのデザインであるが。

サカダイ「アディダス西脇大樹氏インタビュー」1
【サッカー日本代表ユニフォーム「迷彩」デザイン】

 閑話休題。そもそも1991年頃から1993年にかけての、旧・日本サッカーリーグ(JSL)から新生Jリーグ移行期は、そうである。これは古生物学で言う「大量絶滅」ともいうべき、日本サッカーのクラブのアイデンティティの深い断絶があった。

 Jリーグ各クラブの「表徴」……すなわち、クラブカラー、クラブ名、着ぐるみのマスコット等々、従来のサッカーファンから見て違和感があるものばかりだったからである。今回は、特にクラブカラーに絞って話を進める。

古河電工からジェフ千葉へ…大胆すぎるモデルチェンジ
 現在のJリーグ、ジェフユナイテッド市原・千葉(ジェフ千葉)の前身で古河電工サッカー部というサッカーチーム(クラブ)があった。このクラブは日本のサッカー史に欠かせない重要な存在である。

 同クラブは、1950年代から1960年代にかけて日本のサッカーを学生主体のスポーツから社会人中心のスポーツへと移行させる足掛かりを作った。Jリーグの前身となる旧JSLの創設に尽力した。JSLでは一度も2部に降格したことはない。アジアクラブ選手権を日本のクラブとして初めて制覇した。

 送り出した人材には、奥寺康彦、岡田武史、清雲栄純、永井良和……など優れたサッカー人が数多い。また、長沼健、平木隆三、川淵三郎、小倉純二、木之本興三、田嶋幸三……らは、日本サッカー政治の本流である。

 すなわち、日本サッカーの超名門クラブなのである。にもかかわらず……。

 ……日産自動車サッカー部(後の横浜F・マリノス,)、読売サッカークラブ(後の東京ヴェルディ1969,□)のように、伝統のクラブカラーを大きく損ねることなく、Jリーグのクラブとして移行できた幸運な例がある……。

 ……一方で、古河電工サッカー部()改めジェフユナイテッド市原・千葉()のように、Jリーグの理念の美名のもとに、クラブの名称ばかりか、これが元は同じチームなのかというくらいに、クラブカラーが変えられてしまったチームもある。

古河電工サッカー部ユニフォーム
【古河電工サッカー部ユニフォーム(Jリーグ以前)】

ジェフユナイテッド市原千葉ユニフォーム決定
【ジェフユナイテッド市原・千葉ユニフォーム(2020年)】

 当時、これはサンフレッチェ広島の「#紫を取り戻せ」と同様、大問題となった……などということは全く無いのだが、少なからず不満を抱いた古河電工サッカー部のオールドファン、サポーターがいた。

 サッカージャーナリストの後藤健生氏と、「サッカー講釈」のブロガー・武藤文雄氏である。

古河電工のアイデンティティをJリーグに奪われたオールドファンたち
 Jリーグのスタートを控えた1993年4月、二見書房が出した『Jリーグ最強読本~一歩踏み込んだ戦術とスター選手研究』は、当時のJリーグの各クラブ(いわゆるオリジナル10)を、さまざまなサッカージャーナリストが分析・批評して、それぞれ紹介している。

 ここで古河電工サッカー部改めジェフユナイテッド市原(当時の呼称)を担当しているのが、後藤健生氏である。この中で氏は、若い頃、古河電工の応援用フラッグを自作して、かつ持参して試合に臨んだ「ガチ」の古河サポであったことを「告白」している。

 同じく二見書房が出した、続編とも言うべき1993年11月の『Jリーグ興奮本~トップライター10人が描いた!』でも、ジェフユナイテッド市原を担当しているのが後藤健生氏である。ただし、コンテンツの体裁はかなり違っている。

 執筆のクレジットこそ後藤健生氏であるが、こちらの方は「J君」と「F君」なる、2人の匿名の旧古河電工サッカー部のファンが、対談形式でジェフユナイテッド市原に茶々を入れるをいろいろ論評するという構成になっている。

 このうち「J君」と「F君」のどちらか片方が後藤健生氏で、もう片方がこれまた古河電工のファンだった武藤文雄氏だったという「噂」がある(たぶん本当である)。

 この対談で「J君」と「F君」のいずれかが、つまり後藤健生氏か武藤文雄氏のいずれかが、Jリーグのために俺たちの(笑)古河電工サッカー部が喪(うしな)われてしまった。由緒ある古河電工のクラブカラーまで変えられてしまった……。

 ……あまつさえ、昨今のジェフ千葉の黄・緑・赤のクラブカラーは、まるでアフリカのどこかの国のナショナルチームではないかと、(怒り心頭とまではいかないが)まったく不満げな愚痴やボヤキを吐露していたのであった。

 サンフレッチェ広島の「#紫を取り戻せ」問題を見ていると、この古河電工からジェフユナイテッド市原・千葉のクラブカラー変更の一件を思い出してしまう。
  •  Qoly「ジェフ千葉が25周年記念ユニフォームを発表!古河電工を思わせる好デザイン」(2016/04/16)
 ビジネス上の都合で、クラブカラーなど、応援するチームのアイデンティティが蹂躙されてしまった前例である。

1962年の日本プロ野球
 こうした、最初期Jリーグのクラブの命名、クラブカラーやエンブレム、着ぐるみマスコットの作成等々は、文具や雑貨などに付けるキャラクター商品の開発や管理・販売を行っている「ソニー・クリエイティブプロダクツ」(ソニーCP)が請け負った。

 同社の有名なキャラクターとしては、清潔好きなバクテリアという設定の「バイキンくん」があった。また「きかんしゃトーマス」に関する権利を保有している。

 ソニーCPは、本当にキャラクター商品を創るように、Jリーグのクラブのイメージを決めていった。その結果が、現在あるJリーグのクラブのさまざまな「表徴」類である。

 しかし、それが、後藤健生氏をはじめとして、オールドサッカーファンの「ウケ」が良くなかったのは、前述のとおりである。

 サッカーには冷笑的な武田薫氏というスポーツライターは「Jリーグはオールドファンを切り捨てたのだ」と、ハッキリと、かつ冷笑的に書いている。実際そうなのだろう。当時のサッカーファンなんて、切り捨ててもいいくらいの少数派に過ぎなかったのだし(笑)

 いろいろ問題はあったのだが、とにかくサッカー・Jリーグは、2019年に27年目のシーズンを迎えた。ちなみに、日本プロ野球(NPB)の27年目のシーズン=1962年(昭和37年)を振り返ってみると、なかなか興味深い。
  •  ウスコイ企画「日本プロ野球記録1962」
 東映フライヤーズ(現・北海道日本ハム ファイターズ)の日本一(つまり,張本勲選手唯一の日本シリーズ優勝)、阪神タイガース15年ぶりのリーグ優勝などあるが、最も印象的なのは、三振王と揶揄されていた読売ジャイアンツ(巨人軍)の王貞治選手が一本足打法(フラミンゴ打法)を会得して突如打撃開眼し、打撃タイトル二冠を獲得した話である。

 日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)も、それだけの歳月を重ねているわけで、2019年シーズンの観客動員数は、同年のラグビーW杯日本大会で大きなスタジアム(東京・調布,横浜)がしばらく使えなかったにもかかわらず、平均2万人以上を達成した。

 スゴイことである。

 とにかくそれで27年やってきた。その成果である。にもかかわらず、クラブとスポンサーの絡みで、クラブの「表徴」が侵食される、アイデンティティが踏みにじられるみたいな話が未だ出てくるということは、いったいどうしたわけなのか?

古くて新しい問題
 日本のプロ野球は親会社の広告・宣伝のためにあるに過ぎない。そこから来る弊害も多い。対して、サッカー・Jリーグは企業から自立している……みたいなことが、「Jリーグの理念」を賛美する(玉木正之氏のような)人から喧伝されていた。

 しかし、結局のところ、クラブ(球団)と企業の宣伝にかかわる「微妙な関係」は、野球も、サッカーも、あまり変わらないのではないか。

 これが日本スポーツ界特有の問題なのかは分からないが、少なくとも、日本のサッカーが本当に企業から自立しているのかどうかは怪しい。

 同じクラブの「表徴」で言うと、宇都宮徹壱氏のように着ぐるみのマスコットに注目する人は多い。しかし、クラブカラーに注目するサッカージャーナリスト(や評論家,スポーツ社会学者)は多くない印象である。

 相手がスポンサー企業に絡むと、やはり踏み込んで取材しにくいのだろうか……と、またもや疑心暗鬼になるのであった。

つづく




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

佐山一郎さんと宇都宮徹壱さんの対話から…
 サッカーライターでもあった佐山一郎さんは、自らその集大成と位置付けていた『日本サッカー辛航紀~愛と憎しみの100年史』(2018年)を執筆・上梓するにあたり、宇都宮徹壱さん(佐山さんのサッカーライターとしての弟子に相当する)との対談で、次のような気炎を上げていた。
宇都宮徹壱による佐山一郎インタビュー
【インタビューを受ける佐山一郎氏.宇都宮徹壱ウェブマガジンより】


――今日はよろしくお願いします。本題に入る前に、佐山さんの近況と言いますか、現在執筆されている著書についてお話を伺いたいと思います。タイトルが『日本サッカー辛航紀』。辛い本なんですか(笑)?〔聞き手:宇都宮徹壱氏〕

佐山 ネタをバラすと、2つの書籍からアイデアをもらっています。ひとつは、〔2016年〕8月に亡くなられた柳瀬尚紀〔やなせ・なおき〕さんの『フィネガン辛航紀』(河出書房新社)。これは柳瀬さんが、ジェイムズ・ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』を翻訳するのがいかに大変であったかというお話。辛いどころか、歯ごたえありすぎのご本。もうひとつが、ロナルド・ドーアの『幻滅』(藤原書店)。ドーアさんはイギリス人の社会学者で、90(歳)超えしています。日本を研究してきた「親日派」社会学者が、くまなく見てきた戦後日本70年がテーマの本で、いろんな時代の転換期をとらえながらも、最後に行き着いたのは「幻滅」の境地だったという。でも2冊ともユーモアを失ってはいませんし、そこがとても良いところ。

――つまり『フィネガン辛航紀』からタイトルを借りながら、ドーアの『幻滅』のように佐山さんの実体験を重ねつつ、日本サッカーの来し方を振り返るという作品になるんでしょうか?

佐山 そうなんですけど、予備考察としての蹴鞠の話から1964年東京五輪までの道のりも少しは押さえなければいけないですからね。1936年ベルリン五輪で日本がスウェーデンに勝った話ばかり〔「ベルリンの奇跡」〕でしょ。その次の試合でイタリアに0-8という大差で敗れてしまったことも、それ以上に重要なんじゃないでしょうかね。

――それ、私〔宇都宮徹壱〕も感じていました! そうした前史というか、佐山さんが生まれる前の日本サッカー史を掘り起こした上で、ご自身〔佐山一郎〕のサッカー体験をプレーバックしていくと。やはり起点は、64年の東京五輪なんですね?

佐山 そうですね。だいたい10年ずつくらいで章を立てていて、ようやく〔19〕70年代の終わりくらいまで来ました。〔以下略〕

(2016年11月02日)
 なるほど。ロナルド・ドーアの『幻滅』にインスパイアされたと言うだけあって、「ベルリンの奇跡」だけでなく、次の対イタリア戦の惨敗についても考えていくべきだと。日本サッカーの明るくない側面にも着目するのは、いかにも佐山一郎さんらしい。

 ベルリン五輪のサッカー競技、なかんずく日本代表に関して、何か、新しいネタの発掘・発見があったのかもしれない。……と、当ブログは期待して待った。

 はたして、佐山一郎さん渾身の一冊『日本サッカー辛航紀』は刊行された。

 ところが……。あにはからんや! 『日本サッカー辛航紀』には、ベルリン五輪の話は、ほんの数行しか書かれていなかった。いわゆるベルリンの奇跡=「日本がスウェーデンに勝った話」が、ほんの少し出てきただけだった。

 つまり、佐山一郎さんが事前に予告した「ベルリン五輪サッカー競技 日本vsイタリア戦論」は、実際には書かれることなく本になってしまったのである。

 何か、肩透かしを食らった気分だった。

後藤健生さんが語る対イタリア戦=日本惨敗の真相?
 2019年11月、サッカージャーナリストの大御所・後藤健生さんが『森保ジャパン 世界で勝つための条件~日本代表監督論』を上梓した。*

 この本は、サッカー日本代表の歴史。すなわち日本サッカーのプロ化(Jリーグ=1992~93年)以降の歴史、そしてプロ化以前=アマチュア時代のサッカー日本代表の歴史を、歴代監督ごとに言わば「紀伝体」の体裁を取りながら、簡潔に記述した興味深い一冊である。

 この著作の中で、後藤健生さんは、ベルリン五輪(1936年)当時のサッカー日本代表監督=鈴木重義に触れている(236~237頁)。

 対イタリア戦での、日本大敗の真相や、如何に?

 何のことはない。日本代表は1回戦でスウェーデンに逆転勝ちして「世界」に衝撃を与えたが、疲労困憊しており、そのために次戦=2回戦では、当時世界最強のイタリア代表(1934年,1938年とW杯連覇中)に0-8のスコアで大敗してしまった。

 それでも、後半30分くらいまでは、0-3とそれなりに戦うことができていた……という、実にアッサリとしたものであった。

 何事につけ、日本サッカーについてあまり明朗ではない叙述をしたがる傾向のある佐山一郎さんは、対イタリア戦の日本惨敗について掘り下げて書いて、他の凡百な日本サッカー史と「差別化」をしたかった。

 しかし、資料(史料)は少ないし、長年懇意にしている後藤健生さんの理解するところでは、大した中身もないので、その「差別化」は挫折してしまった。

 邪推になるが、意外に実態はそんなところではないのか。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スポーツにおける国と国との文化的な力関係
 広尾晃氏ブログの渾身のエントリー「〈サイン盗み〉の野球史」シリーズは、サラっとナナメ読みしただけだが、その第4回目にトンデモない記述を発見してしまった。
 〔明治時代,日本野球はアメリカ野球から〕技術や戦法も取り入れたが、その戦法の中に「サイン盗み」も当然含まれていた。〔略〕

 「サイン盗み」には今に至るもルールブックには「違反」とは書かれていない。

 だから高校野球でも大学野球でも、社会人でも「サイン盗み」は、普通の戦法としてずっと行われていたのだ。〔略〕

 そんな日本のアマチュア野球が、世界で大恥をかいたのが1996年夏の甲子園の出場メンバーが渡米して、アメリカの高校生と親善試合をしたときのことだ。

 日本の二塁走者が捕手のサインを打者に伝えるのを見て、アメリカの審判は注意をした。一・三塁のコーチも同様の指導を受けた。アメリカの審判は、日本の行為を「スパイ行為にも等しいアンフェア」だと指摘したのだ。

 日本高野連はこのことに大きな衝撃を受け、1998年12月、サイン盗みの禁止を日本高野連から〈マナーの向上〉の指導事項として全加盟校に通知した。


 日本のアマチュア野球が「サイン盗みはいけないことなんだ」と知ったのは、まさにこの時だったのだ。

広尾晃「〈サイン盗み〉の野球史」(4)
 これには唖然とした。

 逆のケースを考えてみよう。アメリカ野球にサイン盗みの「アンフェアプレー」(≒ゲームスマンシップ)が常態となっており、日本にそのような習慣はないとする。どの年代でもいいが、いわゆる日米野球の試合が行われたとする。そこで、日本の審判はアメリカの選手の「アンフェアプレー」(≒ゲームスマンシップ)を注意できるだろうか?

 おそらく出来ないはずだ。日本野球とアメリカ野球の間には、いわば「日<米」とでも呼ぶべき、国際的な力関係の格差が存在するからだ。そして、アメリカ野球の関係者が「日本野球はナイーブだ.〈ゲームズマンシップ〉が足りない」とか何とか言って、日本側が一方的に否定されるのである……。

 ……というあたりは、当ブログの読者なら、とっくの昔に先刻ご承知のはずである。しかし、この「スポーツにおける国と国との文化的な力関係」という単純な事柄が理解できていないのが、俺たちの埃り、広尾晃氏なのである。

ゲームスマンシップとしての不行跡~紳士のスポーツでも
 仮定の話ではなく、例えば、これはラグビーフットボール……今年2019年に日本でワールドカップが行われ、大変な盛況を博(はく)し、「紳士のスポーツ」だなど少々大袈裟に喧伝された……においても同様である。

 NHKが「BS世界のドキュメンタリー」で放送した『ラグビー 永遠のライバル史』という番組が凄い。


 その昔、TMO(ラグビーのビデオ判定)が普及する前のラグビーでは、レフェリーの見ていない(バレない)ところで、殴る・蹴る・噛み付く・指で目を突く・口に指を突っ込む・肘で打つといった行為が平然と行われていた……。

 ……などという話を、ウェイン・シェルフォード(元ニュージーランド代表)といったレジェンドクラスのラガーマンが武勇伝みたいに語るのだからたまらない。以前のジャパン(ラグビー日本代表)もさんざんやられた。そして適応に苦労した(と聞く)。

 ラグビーの競技規則では「不正なプレーまたは不行跡」が明文化されているにもかかわらず。これは一種のゲームスマンシップである。そして、日本も文句は言えないのは、ラグビーの世界では、日英(英連邦諸国含む)のラグビー文化間で「日<英」とでも呼ぶべき国際的な力関係の格差が存在するからだ。

 こんな単純な事柄が理解できていないのが、広尾晃氏なのである。

アンフェアプレーの「構造」ではなく「形態」である
 広尾晃氏の観念は、日本人の国民性・文化・精神……等々は「世界」にあってきわめて(悪い意味で)特殊独特だとする日本人論・日本文化論の世界観である。だから、アメリカ・メジャーリーグの「サイン盗み」は綺麗なサイン盗み、日本野球の「サイン盗み」は汚いサイン盗みとでも言いたげに、両者をあくまで区別(差別?)しなければならない。

 この日本人論のロングセラーに、土居健郎(どい・たけお)という精神科医が書いた『「甘え」の構造』がある。



「甘え」の構造―The anatomy of dependence
土居 健郎
講談社インターナショナル
1981-12


甘えの構造 (1980年)
土居 健郎
弘文堂
1980-11


 「甘え」という心理や情緒、精神は日本人独特のものだとして、日本の文化や社会、国民性を縦横に論じたものだ。同様、広尾晃氏は、日本人にはスポーツにおけるアンフェアプレーの独特の「構造」があるのだと、再三説いている。

 ただし、『「甘え」の構造』には賞賛とともに批判も多い。そんな批判者のひとりに、翻訳家・文筆家のロビン・ギル氏(米国人)がいる。彼は『日本人論探検』の中で、「甘え」などというものは各国の民族・部族に存在すると、豊富な事例を手がかりに指摘している……。*

日本人論探険―ユニークさ病の研究
ロビン・ギル
阪急コミュニケーションズ
1985-12


 ……その上で、日本人独特の「甘えの構造」ではなく、世界中にある「甘えの形態」の様々な在り方だと説いている。スポーツの場における選手たちの振る舞い方も同様。日本人独特のアンフェアプレー(≒ゲームスマンシップ)の「構造」ではなく、世界各国に存在するゲームスマンシップの「形態」の違いである。

男どアホウ広尾晃
 この程度のこと……フェアプレー=スポーツマンシップとアンフェアプレー=ゲームズマンシップという矛盾の内包……は、後藤健生氏の『サッカーの世紀』や『ワールドカップの世紀』、あるいはデズモンド・モリス博士の『サッカー人間学』(原題:The Soccer Tribe)を読めば一発ですぐに理解できる……。

サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli Universe Promotional Books
2019-03-26


 ……のだが、広尾晃氏は読んだことはないのだろう(けして細川周平氏や今福龍太氏あたりの,意味不明であまり読む価値のないサッカー本ではないのだが)。

 サッカーの世界では、日本人は「マリーシア」(≒ゲームズマンシップ)がないと、さんざん言われてきた。しかし、「日本人」そのものにゲームズマンシップが無いわけではない。日本野球におけるサイン盗みやミットずらしなどは、立派なゲームズマンシップである。

 世界の常識では、例えばサッカーやラグビー、クリケットでは、こうしたゲームズマンシップの良し悪しの線引きは、(主にナショナルチーム同士による)国際試合で自ずと、あるいは権威ある国際統括機関の指導によって決まってくるものである。**

 
しかし、そもそも。広尾晃氏は「日本野球は,サイン盗みのアンフェアプレーで〈世界〉に対して恥をかいた」などと書くが、野球に「世界」と称してよい国際関係も、しかるべき国際統括機関も存在しない。あるのはアメリカ・メジャーリーグの一国主義である。

 アメリカ野球と流儀が違うからという理由で、日本野球が一面的に否定される。

 そのことが理解できないから、広尾晃氏は、アメリカ野球にも存在する「サイン盗み」に関しても、日本野球が一面的に悪いかのように、話を盛る

 この人の言い分を鵜呑みにすることは、スポーツの豊饒な世界を読み間違える。

 そうはならないために、スポーツファン=読者は、広尾晃氏の「男どアホウ」ぶりを嗤って読み味わう程度には、知性なり知識なりを持ちたいものである。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本代表戦はどちらが面白い?
 2019年ラグビーワールドカップ日本大会。そしてジャパン(日本代表)の快進撃。日本の多くの人々が、ラグビーフットボールのプリミティブな面白さを知った。

 ネット上では「ひょっとしたら,サッカー日本代表戦よりもラグビー日本代表戦の方が面白いのではないか? 今回のラグビーW杯で,日本人はそのことに気が付いてしまったのではないか?」などという議論が起こったらしい(当ブログは未見)。

 サッカーの日本代表戦と、ラグビーの日本代表戦、どちらが面白いとは、一概には決められない。ともに、問題はワールドカップ本大会以外の国際試合である。

 現在、サッカー日本代表にとって最も大切な試合は、ワールドカップ本大会の試合ではなく、W杯アジア予選の特に最終予選である。……と、後藤健生さんが新国立競技場問題のシンポジウムでの発言していたらしい。

 勝つか、負けるか。W杯本大会に行けるか、行けないか。ハラハラ、ドキドキ。サッカーの日本代表戦は、とても、分かりやすい。

テストマッチ≒国際親善試合の価値を見出すという共通の問題
 その点、ラグビーは、少しわかりにくいところがあるかもしれない。

 W杯本大会出場権そのものを獲得するために、オーディエンス(ファン,サポーター,テレビ視聴者)が、日本代表を応援してスリリングな体験をすることは、あまりない。

 ラグビーW杯は本大会でプールステージ(1次リーグ)で5か国中3位に入れば、次回本大会の出場権をシードされるからである。

 仮に予選に回ったとしても、それほど予選不通過を恐れる必要はない(はずだ)。

 つまり、今後のラグビーの日本代表戦の多くは、ワールドカップが絡まない国際試合(テストマッチ)である。

 詳細は省くが、必要なのは、日本の対戦相手がティア1の国であっても、ティア2の国であっても、それぞれのテストマッチの持つ大切な意味合いを、オーディエンスに理解していただくことである。

 そして、メディアはそのことをしっかり啓蒙する必要がある。

 サッカーの問題は、ワールドカップやアジアカップが絡まない、ノンタイトル戦である国際親善試合の「再価値化」である。

 これにはマンネリ感、停滞感が漂っている。

 当ブログは、現状を打破するために、欧州ネーションズリーグに倣(なら)った、日本が参加する、独自のネーションズリーグの構想妄想を、ブレスト(ブレーンストーミング)的に試みたことがある。

 日本サッカー協会(JFA)は、これからも顔見世興行的な、「キリンチャレンジカップ」と称した、微温的な国際親善試合を続けていくのだろうか?

(了)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ