FIFAワールドカップにおける賞金(報酬)を男女同額にするべきだと主張している、サッカー女子アメリカ合衆国(米国)の主将ミーガン・ラピノー選手。彼女の主張は、実際のところ、本場ヨーロッパの、特に主要サッカー国の関係者の間で、どれだけまともに相手にされているのだろうか。あるいはされていないのだろうか。

 ラピノー選手のこうした話題を掲載し、視界に入ってくるのが、BuzzFeed Japan であるとか、ニューズウィーク日本版であるとか、ハフィントンポスト日本版とかなので、国際サッカー界主流の本音がかえって見えにくいのである(わざわざ調べようという気もない)。

 同じサッカーW杯でも男・女では収入に大きな差があるし、また、プレーのレベルも異なる。当然、それに比例して男・女では報酬が異なる。

 女子サッカー選手の収入が男子サッカー選手のそれよりも低いのは確かだが、彼女たちが抱えている問題は、男・女にかかわらず、むしろマイナースポーツ一般に共通する問題である。これは男・女の格差の是正ではない。つまりメジャースポーツとマイナースポーツの収入格差を無理やり同格にするような話で、だから話の筋が違うのではないか……。

 ……とか何とか、いろいろと「草の根」では意見があるのだが、何分、公的なサッカー関係者となると政治的に正しい意見にはいろいろと異論を立てづらいのかもしれず、よく分からないのである。

 サッカー女子アメリカ合衆国代表は、2019年6~7月に開催されたフランスW杯で優勝した。米国では「優勝」したスポーツの選手やチームは、大統領がホワイトハウスへ招待し、訪問した選手やチームは大統領を表敬する習慣があるらしい。

 しかし、当代アメリカ合衆国大統領は、性的マイノリティーを否定する、きわめて保守的なドナルド・トランプである。一方、ラピノー選手は、性的マイノリティーである同性愛者であることを公言している。だから、ラピノー選手は「W杯に勝っても,くそったれのホワイトハウスになんか行くもんか」と、これを拒絶した。

 日本の商業捕鯨が再開されたので、捕鯨/反捕鯨問題の評論でも知られる三浦淳氏(新潟大学教授,ドイツ文学)の「反捕鯨の病理学」シリーズを読み直してみた。その第3回、反捕鯨派のロビン・ギル氏(在日米国人の文筆家で『反日本人論』『日本人論探検』などの著作がある)を三浦氏が批判している箇所が印象に残った。
 『日本人論探検』での彼〔ロビン・ギル〕の論法を見よう。まず彼は捕鯨問題における日本人の反応を偏頗〔へんぱ〕だとする。例えば、「英米人こそかつて鯨油のためだけに鯨を乱獲した張本人だ」「反捕鯨はレーガンの陰謀だ」という日本人の反応に対して、「過去にそれだけ悪行を重ねてきたのに、白人=人間至上主義を止めて、よりエコロジカルな信念に〔白人が〕変わったことを歓迎すべき〔!〕」「グリーンピースは革新的環境主義者であり、(…)ベトナム戦争に反対し、レーガンのことが大嫌い」と応じている。
  • ロナルド・レーガン(米国大統領,共和党,任期1981-89)
  • グリーンピース(世界的規模の環境保護団体,本部アムステルダム,1971年設立)
 日本側の反応に若干問題があるのは私も認めるが、それに対するギルの批判もおかしい。まず英米が反捕鯨を主張するようになったのは、経済的に引き合わなくなって捕鯨業から撤退した後になってからである。エコロジカルな理由で捕鯨を止めたのではない。むしろ経済的理由で捕鯨業から撤退していたからこそ、安心して反捕鯨をエコロジカルに主張できたのである。後で述べるが、こういう政治的駆け引きは72年のストックホルム国際環境会議で突如捕鯨問題が取り上げられたことにもつながっている。この辺の政治的洞察がギルには欠けている。

 もっともギルは、米国がイルカの保護に乗り出していること、その実現にあたってはイルカを巻き込むマグロ漁に反対して国民がツナ〔マグロ=鮪〕をボイコットしたことが大きいとしているが、この辺は甘ちゃんの寝言としか言いようがない。都市住民はいくら好物をボイコットしようがそれで食物がなくなるわけではない。しかしマグロ漁を行う漁民からすれば、マグロが売れないと生計そのものが危ういのである。その点で都市住民と漁民には大きな「権力」の差がある。自然をロマンティックに見る多数の都市住民の横暴に過ぎないものを美化するギルの論法を、右で挙げた『反=日本人論』でのファンダメンタリストやエコロジーに関する妥当な認識と比較してほしい。後退ぶりは明らかだろう。こと鯨イルカ類となると、ギルの知的レベルは大幅に低下してしまうのだ。

 レーガンとグリーンピースとの関係だが、ギルがレーガンを嫌っているらしいことはだいぶ後の(捕鯨とは無関係の)記述からも分かるが、嫌っていようがいまいがレーガンが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っていることをギルは忘れている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っているということだ。基本的にそれは「力による政治」である。反捕鯨はその意味で、ギルの嫌うレーガン流の政治そのものに他ならない。ギルはグリーンピースが反体制派であると言いたいらしいが、米国の反体制派が外国に向かって何かを主張する時、必ずそこには超大国たる自国の力が背景にあるのであって、そのことが分からないで自国反体制派を持ち上げるのはナイーヴに過ぎる。例えばアイスランドは、米国内での魚製品輸入ボイコットにあって捕鯨を中止せざるを得なかったが、逆のことが可能かどうか、ギルは考えてみるべきだろう。アイスランド国民が米国内の何らかの習慣を気に入らなかったとして、輸入ボイコットによって米国民の習慣を変えられるだろうか。ギルに欠けているのはこうした国家間の力関係への洞察であり、それは彼が根本的に政治音痴である証左なのである。

三浦淳「反捕鯨の病理学 第3回」
 突飛な、飛躍した、あるいは的外れな連想なのかもしれないが、レーガンもトランプも共和党の大統領だし、その政治スタイルはある意味で似ている。つまり「強いアメリカ」である。

 この文中のレーガン大統領とグリーンピースあるいはロビン・ギル氏の関係は、トランプ大統領とラピノー選手の関係に、かなりの程度で置換できるのではないか……などと考えてしまったのである。

 ラピノー選手が嫌っていようがいまいが、トランプが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っている。

 ラピノー選手は自身が反トランプであることをアピールしている。だが、米国人たるラピノー選手が外国に向かって、サッカー選手の男女同一報酬などを主張できるのは、必ずそこには超大国たる母国=米国、かつ世界の女子サッカーの超大国としての米国、なおかつ尖鋭的なポリティカルコレクトネス(ポリコレ,PC)の国=米国の政治力・権力が背景にあるからである。その点ではドナルド・トランプと似たようなものだ。

 そのことが分からないで、ラピノー選手を積極的に報じる(持ち上げる?)、BuzzFeed Japan やニューズウィーク日本版、ハフィントンポスト日本版のようなメディアは、少しナイーブではないのか。

 アナロジー(?)にも似た両者の関係に、皮肉じみたものを感じたのである。

 この度のサッカー女子アメリカ合衆国代表は、対戦相手への敬意を欠いた数々の不遜な振る舞いでも話題もしくは問題になった。この辺の行儀の悪さとラピノー選手の言動は、コインの両面にも思える。

 野球のアメリカ大リーグ(MLB,メジャーリーグ)では、試合において、対戦相手を必要以上にコケにしてはいけないというアンリトンルール(不文律)があるというのに、同じ米国でも随分違うものである。

 野球やバスケットボールの主流国は米国だが、サッカーの主流は欧州の主要国である。これらの国々のサッカー関係者が、女子アメリカ代表に関して、心の内で舌打ちしているのではないかなどと心配するのである。

(了)



続きを読む