スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

カテゴリ:サッカー > ラグビー

サッカーかラグビーかという論争に野球が入ってこない
 ラグビーワールドカップ2019日本大会の盛り上がりで、ネット上では「サッカー日本代表の国際試合と,ラグビー日本代表の国際試合,本当に面白いのはどちらか?」などという議論が起こったらしい(当ブログは未見)。

 しかし、なぜか比較対象に「野球の日本代表戦」が入らない。サッカーの日本代表戦と、ラグビーの日本代表戦、どちらが面白いかの優劣をつけることは難しいが、野球の日本代表戦は、この2つよりはかなり落ちる。

 むろん、野球そのものがつまらないはずがない。サッカーであれ、ラグビーであれ、野球であれ、それぞれの球技スポーツは固有の面白さを持つ。各々を比較して、面白い・面白くない、美しい・美しくない……などと優劣をつけることはできない。

 野球の国際試合がつまらないのは、世界の野球界を事実上コントロールしている、アメリカのメジャーリーグベースボール(MLB,大リーグ)に、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会を権威あるものにしようという、努力やアイデアに乏しいからだ。日本の野球界は不憫である。

 何にしろ、日本のスポーツ界では野球が顕然たる力を持っている。それを視界に入れず、サッカーかラグビーか……と言い争っている関係は、どこか滑稽である。
 日本におけるサッカーとラグビーの関係は、幕末の政局において、もっと強大な「徳川幕府」(野球,あるいは陸連)という勢力がいるのに、これを乗り越えようとしないで、小さなところで対立・反目している薩摩藩と長州藩の関係を連想してしまう。

地元高校野球の上位進出を好まぬサッカー人の話
構造的欠陥が多い日本のスタジアム~競技場はただの入れ物?
 日本にはバックスタンドの中央に観客席のない不思議なスタジアムがある。たとえば、平塚陸上競技場〔湘南ベルマーレの本拠地〕のその場所にはスコアボードみたいな建造物が、名古屋の瑞穂陸上競技場〔名古屋グランパスの本拠地〕には炬火(聖火)台と一般観客の使えぬ階段があって、一番チケットの高く売れる席を大量にふさいでいる〔モンテディオ山形の本拠地にも,同様の構築物がある〕。

 こういうものを観客席のど真ん中に置きたがる人がいつになったら一掃されるのだろう。

小林深緑郎『世界ラグビー基礎知識』112~113頁
(初出『ラグビーマガジン』1994年6月号)

世界ラグビー基礎知識
小林 深緑郎
ベースボールマガジン社
2003-10


 日本ラグビー論壇の良心、温厚そうな小林深緑郎(こばやし・しんろくろう)さんが、珍しく憤懣やるかたない心情を吐露している。あるいは……。

 ……数年前、高校野球が弱小である地方の○○県の高校が、夏の甲子園で上位に勝ちあがって、マスコミ的には大いに盛り上がったことがあった。当ブログは、当地に少年サッカーの指導をしている知人がいたので「どうですか? 地元は盛り上がってますか?」と電話したら、「いや,オレはさっぱりだ」とのつれない返事。なぜか……。

 ……その人、曰く。○○県のサッカー関係者は、地元の高校が甲子園で勝ち上がって盛り上がることを、本音では良いことだと思っていない。地元のサッカーには、かえって悪い影響を与えるからだ……。

 ……○○県には、高校野球で使う立派な野球場(収容人員5千人~1万人程度)が沢山あるのに、同規模のJ2規格のサッカー(フットボール)専用のスタジアムを作ろうという構想が出ると、行政や議会やマスコミから厳しく異論が出る……。

 ……なぜ、サッカーのため(だけ)に、そんな便宜を図らなければならないのか? と難色を示される。

 高校野球に使用する球場に関しては、首都圏在住の人には、思い当たる節があるだろう。毎年7月になると、神奈川県、埼玉県、千葉県の独立系ローカルテレビ局(テレビ神奈川,テレビ埼玉,千葉テレビ)は、ほとんど1日中、高校野球の地方大会(予選)の試合を放送している。すると……。

 ……ああ、こんないい野球場があったのか、と嘆息する。これと同程度のサッカー(フットボール)専用のスタジアムがあったら、どんなにいいだろうと思う……。

 ……しかし、いざ、こうしたサッカー(フットボール)専用のスタジアム建設構想が出ると、行政や議会やマスコミから厳しく異論が出る。なぜ、サッカーのため(だけ)に、そんな便宜を図らなければならないのか? と難色を示される。

 かくして、日本の地方のサッカー(やラグビー)は、交通の便が悪く、狭いピッチの外側を陸上競技用のトラックが囲み、さらにその外側をダダッ広いスペースが覆い、さらにその外側の観客席には、(先の小林深緑郎さんが指摘の指摘のように)観戦の邪魔をするナンセンスな構築物があるという、不健全な環境の下で行わなければならないハメとなる。

サッカーとラグビーは犬猿の仲…だというのは本当か?
 これも小林深緑郎さんが、1991年頃の『ラグビーマガジン』で書いていたことだが、本場英国では、日本で思われているほど、サッカーとラグビーの仲は悪くないのだという。*

 島田佳代子さんも同様の趣旨を書いていた。日本と違って、英国では両方を応援するファンは多いし、サッカーでは感情を発散させるように観戦するその同一人物が、ラグビーではその流儀を受け入れ、しおらしく観戦するといった話を紹介している。

i LOVEラグビーワールド
島田 佳代子
東邦出版
2007-08


 簡単に断言はできないが、サッカーとラグビーは仲が悪いというのも、多分に日本的に誇張された「虚構」である。

日本のサッカーとラグビー…恩讐の彼方に
 日本にも、サッカーとラグビー両方見るというフットボールファンがいる。だが、これまでの経緯もあるから、そうでないフットボールファンもいる。後者に、無理矢理もう一方も見ろとか、両者仲良くしろとは強要できない。

 けれども、日本のサッカーとラグビーは、幕末の政局において、小さなところで対立・反目していた薩摩藩と長州藩みたいな関係に見える。しかし、その外にはもっと強大な「徳川幕府」(野球,あるいは陸連)という勢力がいる。

 だから、統括団体(JFA=日本サッカー協会,JRFU=日本ラグビーフットボール協会)は、提携して事に当たった方がいいのではないかと思うことがある。フットボール専用スタジアムの建設や芝生のピッチの普及など、プレーヤーや観戦者のための環境の整備に関しては、両者はかなりの程度まで利益を共有するからである。

 要するに、フットボール系球技の業界団体(ロビー団体)みたいなものを作って、いろいろ活動するのである。過去の恩讐を超えて「薩長同盟」を結ぶわけだ。


 ……このツイートが、長らく「ラグビー不毛の地」であった、山形県を本拠地とするJリーグのクラブから発信されたものだというのも興味深い。

 サッカー側のメリット=行政サイドなどから「なぜ,サッカーのため(だけ)に,そんな便宜を図らなければならないのか?」と言われにくくする。ラグビー側のメリット=競技人口の多いサッカーに便乗できる。

 文春ナンバーの、昔のどの号だったかは忘れたが、サッカーの川淵三郎氏と、ラグビーの宿沢広朗氏で、友好的な対談が出来たのだから(両氏については,早稲田大学の同窓という接点もあったが)、できない相談ではないと思う。

ここはいったん「ノーサイド」にして…
 できれば、アメリカンフットボールや、13人制のラグビーリーグ、オーストラリアンフットボール、あとはクリケットの日本協会も抱き込んだら面白いかもしれない。なぜ、クリケットかというと、英国筋からの「外圧」を期待するのである。妄想が膨らむ。

 一応、日本のスポーツ界には「日本トップリーグ連携機構」という団体があるが、室内競技もあるし、野球に近いソフトボールの団体もあるし……で、以上のような意味でサッカーやラグビーのためになっているか、傍目からは、よく分からない。

 日本には、オリンピック(五輪)を模した国民体育大会(国体)という総合スポーツ大会が行われ、その開会式・閉会式には、陸上競技場が使われる。先に述べたように、この時に作られた、不便なスタジアムをサッカーは(ラグビーも)押し付けられて、大変迷惑している。

 しかし、オリンピックの開会式・閉会式にトラック付きの陸上競技場を使う必要がないことは、当のフットボール(サッカー)大国であるブラジルのリオデジャネイロ五輪(2016年)が証明してくれた。この大会の開会式・閉会式は、サッカー専用スタジアムのマラカナン・スタジアムが使われた。聖火台も常設のものは必要ないわけだ。**

 いずれにせよ、サッカー(JFA)とラグビー(JRFU)が手を結ぶのは悪いことではないと思う。関係筋への殺し文句は「野球や国体では,もはや国民的な一体感を作ることはできない.その役割りは,サッカーやラグビーといった〈フットボール〉の日本代表が担う」。

 ラグビーワールドカップ2019日本大会は、「国民的な期待を背負った日本代表」がサッカーとラグビーで並び立った、記念すべき出来事だったと言える。

 だから、まず、ここはいったん「ノーサイド」にしてですね……。***

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本代表戦はどちらが面白い?
 2019年ラグビーワールドカップ日本大会。そしてジャパン(日本代表)の快進撃。日本の多くの人々が、ラグビーフットボールのプリミティブな面白さを知った。

 ネット上では「ひょっとしたら,サッカー日本代表戦よりもラグビー日本代表戦の方が面白いのではないか? 今回のラグビーW杯で,日本人はそのことに気が付いてしまったのではないか?」などという議論が起こったらしい(当ブログは未見)。

 サッカーの日本代表戦と、ラグビーの日本代表戦、どちらが面白いとは、一概には決められない。ともに、問題はワールドカップ本大会以外の国際試合である。

 現在、サッカー日本代表にとって最も大切な試合は、ワールドカップ本大会の試合ではなく、W杯アジア予選の特に最終予選である。……と、後藤健生さんが新国立競技場問題のシンポジウムでの発言していたらしい。

 勝つか、負けるか。W杯本大会に行けるか、行けないか。ハラハラ、ドキドキ。サッカーの日本代表戦は、とても、分かりやすい。

テストマッチ≒国際親善試合の価値を見出すという共通の問題
 その点、ラグビーは、少しわかりにくいところがあるかもしれない。

 W杯本大会出場権そのものを獲得するために、オーディエンス(ファン,サポーター,テレビ視聴者)が、日本代表を応援してスリリングな体験をすることは、あまりない。

 ラグビーW杯は本大会でプールステージ(1次リーグ)で5か国中3位に入れば、次回本大会の出場権をシードされるからである。

 仮に予選に回ったとしても、それほど予選不通過を恐れる必要はない(はずだ)。

 つまり、今後のラグビーの日本代表戦の多くは、ワールドカップが絡まない国際試合(テストマッチ)である。

 詳細は省くが、必要なのは、日本の対戦相手がティア1の国であっても、ティア2の国であっても、それぞれのテストマッチの持つ大切な意味合いを、オーディエンスに理解していただくことである。

 そして、メディアはそのことをしっかり啓蒙する必要がある。

 サッカーの問題は、ワールドカップやアジアカップが絡まない、ノンタイトル戦である国際親善試合の「再価値化」である。

 これにはマンネリ感、停滞感が漂っている。

 当ブログは、現状を打破するために、欧州ネーションズリーグに倣(なら)った、日本が参加する、独自のネーションズリーグの構想妄想を、ブレスト(ブレーンストーミング)的に試みたことがある。

 日本サッカー協会(JFA)は、これからも顔見世興行的な、「キリンチャレンジカップ」と称した、微温的な国際親善試合を続けていくのだろうか?

(了)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

〈ラグビーの虚構〉の崩壊,〈サッカーの虚構〉の継続と呪縛?
 ノーサイドの文化。ワン・フォー・オール,オール・フォー・ワンの精神。紳士のスポーツ。アマチュアリズム。対抗戦思想……等々、従来、ラグビーフットボールというスポーツには、以上のような仰々しくも重苦しい修飾≒〈虚構〉がついてまわった。

 むしろ、それがために、ラグビーは、日本ではコアなファン以外は見向きもされないスポーツになる原因を作ってしまった。しかし、この度のラグビーワールドカップで〈ラグビーに関する虚構〉は完全に崩壊した。多くの人々がラグビーフットボールそのものの面白さに触れた。


 その上で、改めてラグビーの持つ特徴的な文化を知るところとなった


 サッカーとは違うフットボールカルチャーがあることを、日本の多くの人々が新鮮に感じている。反面、〈サッカーに関する虚構〉は未だ継続し、日本のスポーツ界やメディアを呪縛している。

 例えば。応援するチームが屈辱的な負け方をすると、選手や監督はファンやサポーターがに罵声を浴びせられ、場合によっては水やら生卵やら腐ったトマトやらが投げつけられる……などという誇張された話。

 敗れたアイルランド代表フィフティーンが、勝った日本代表のフィフティーンに対し、花道を作って出迎えた「静岡の衝撃」の退出の場面。……とほぼ同時期に、天皇杯で格下相手に敗れた浦和レッズのサポーターが、いわゆる「バス囲み」事件が起きたことは、何とも対照的なピクチャーではある。

 むろん、不甲斐ないチームを叱咤すること自体がイケナイと言っているのではない。そして、今回のテーマはそこにはない。

 例えば。欧米のサッカー強国では、サッカー評論家の評価は選手・監督・チームに対しても、極めて厳しい。その口調もまた極めて「辛口」である。サッカー強国の評論家はチームが勝つまで(場合によっては英国のエリック・バッティ記者のように,勝っても)、選手・監督・チームを批判し続ける。その国のサッカーは、厳しく「辛口」で批判し続けることで成長する……などという誇張された話

 「静岡の衝撃」という日本ラグビーの快挙に対する反応で、最も不快にして、かつ呆れ果てた事件は、先に掲げた「誇張された話」=〈サッカーに関する虚構〉を日本で吹聴し、実行してきた、あの「セルジオ越後」(少なくとも今回は敬称トルツメ)が出しゃばってきたことである。

目に余るセルジオ越後の放言とその間違いの数々
 2019年9月30日、テレビ東京スポーツの公式サイトが、サッカー評論家(?)のセルジオ越後による「静岡の衝撃」に対するコメントを動画とテキストで配信した。
セルジオ越後がラグビー日本代表に提言~継続的に勝たないと意味がない
――2大会連続の大金星について

セルジオ越後 強いチームに勝っている間のフィーバーはまだ強くないということだと思う。今日は座布団飛んだね〔たまさか平幕が横綱に勝った程度の試合という意味〕。日本が負けてニュースになるということがまだまだ宿題じゃないかと思う。

 競合〔強豪〕に勝った・負けたとか、予選〔1次リーグ〕突破したとか〔ラグビーも,サッカーも〕両方とも似てるところがある。ラグビーも予選だけじゃなくもっともっと上〔優勝〕を狙っやってほしい。〔以下略〕

セルジオ越後「テレビ東京/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」(2019.9.30)
 いや、これは本当に酷い。セルジオ越後の放言は、極めて醜悪で、ラグビーフットボール、そして日本のラグビーに対する最大級の侮辱になっている。

 だいたい、ラグビーの国際試合レベルで世界的に継続的に勝ち続けているチームは、ニュージーランド代表=オールブラックスだけである。負けてニュースになるのも、オールブラックスと、あとは南アフリカ(南ア)代表=スプリングボクスあたりか(だから,2015年ラグビーW杯で日本が南アに勝ったら世界中で大騒ぎになった)。

 たいていのラグビー国は、普通のテストマッチでも、オールブラックスに勝ったら大喜びする。イングランドでも、アイルランドでも、皆そうである。そして、勝ったり負けたりしながら、4年に一度のラグビーW杯を目指す。

 2015年ラグビーW杯以降の、ラグビー日本代表=ジェイミー・ジャパンは、継続的な成績・成果……と言ってよくないならば、相応の「手応え」をつかんできた。その延長線上でのアイルランドからの勝利である。

 その流れを、海外のラグビーメディアは的確に評価している。2015年ラグビーW杯の日本vs南アフリカ戦(34-32)=「ブライトンの奇跡(The Miracle of Brighton)から、2019年ラグビーW杯の日本vsアイルランド(19-12)=「静岡の衝撃(The Shock of Shizuoka)へ。ニュアンスを違えた海外メディアの命名は、けだし絶妙である。

 セルジオ越後は、国際ラグビー界の実情を全く知らないで放言している。

ラグビー3等国の人間=セルジオ越後が2等国による対1等国勝利を見下す愚
 また「勝っても喜んではいけない」式のセルジオ越後の「辛口批評」であるが、スポーツは難行苦行ではない。こういう時に喜ばなくて、いつ喜ぶのか?

 ……と言うのは、この人物は、いわゆる「日本のスポーツ界の悪しき抑圧性」を批判してきたからである。ところが一方で、先のように「日本のスポーツ界を抑圧する悪しき放言」をしている。皮肉である。矛盾している。

 あるいは。今回のラグビーW杯では、南米ウルグアイも有力ラグビー国のフィジーを破る、殊勲の星を挙げた。ここで、日系ブラジル人のセルジオ越後が、ウルグアイのラグビー関係者に「継続的に勝たなければ意味がない」だの「勝っても喜ぶな」だの放言したら、どうなるか。

 ウルグアイのラガーマンから「テメエは何様のつもりだ.いい加減にしろ!」と当然ボコられる。なぜなら、ブラジルはW杯に出場したこともないラグビー弱小国(ティア3=発展途上国)だからである。

 セルジオ越後は、国際ラグビー界にはナショナルチームの強さによる格付け(ティア1>ティア2>それ以下ティア3=発展途上国)があることが分からない。国際ラグビー界のティア2(2等国,日本が属する)の国が、ティア1(1等国,アイルランドが属する)の国に勝つことがどれだけ大変かということも、分からない。

 しかし、日本のスポーツメディアは、ラグビー弱小国(=ティア3)のブラジル出身のセルジオ越後による、日本ラグビーの快挙を貶(おとし)める放言を「批評」として有難がっている異常な情況である。ダサい。

多様なスポーツ中継のパイオニア=テレビ東京の変節
 もともと、テレビ東京(旧東京12チャンネル)は、かつてのプロ野球人気全盛にあって、ラグビーやサッカーを積極的に取り上げてきたテレビ局であった。サッカーは言わずもがな。ラグビーでは、1973年の日本代表の英仏遠征を、金子勝彦アナウンサーによる実況、大西鐡之祐氏(!)による解説で中継している。

 ところが、現在のテレビ東京はあの当時の「志」を忘れ、変節してしまった。同局は、「FOOT×BRAIN」(フットブレイン)というサッカー情報・啓蒙番組を持っているが、この番組は、脳科学者(自称)の中野信子氏や、運動科学者(自称)の高岡英夫氏といった、素性がハッキリしない人物を登場させてきた。
▼なでしこジャパンと森保ジャパンの敗退で再着火する自虐的日本サッカー観(2019年06月29日)

▼やっぱり高岡英夫はいかがわしい???(2018年01月21日)

 素性がハッキリしないといえば、経歴詐称が噂されるセルジオ越後である。

▼「セルジオ越後、史上最悪の経歴詐欺師」(2019-03-02)

▼「セルジオ越後、史上最悪の経歴詐欺師 2」(2019-03-02)

 何とテレビ東京「FOOT×BRAIN」は、本当は三流のプロサッカー選手にすぎなかった(と言われている)セルジオ越後が、ブラジル本国ではいかに凄い選手であったかのように視聴者を騙(だま)す「ヤラセ」を放送したとの由である。

サッカーの現場に不要なストレスを与えるセルジオ越後
 実態と違うといえば、「サッカー強豪国,ことに南米のブラジルやアルゼンチンなどのサッカー評論は,選手や監督,チームを徹底的に批判する」というのも間違いであるらしい。実際には、そのスタンスは是々非々であり、論者によって幅があるという。

 ブラジル時代の経歴が疑わしいセルジオ越後がもたらした「間違った常識」は、サッカーの現場に不要なストレスを与えている。

 フィリップ・トルシエ(サッカー日本代表監督,任期1998~2002)は、私に「あの〈セルジオ越後〉とかいう奴は何者なんだ?」と、質問してきた……。フットボールアナリスト・田村修一氏が、初代サポティスタ・浜村真也氏が催したトークイベントでこんな裏話を紹介していた。

 その場では、笑い話になった。……が、実際には、笑い話ではなかったかもしれない。セルジオ越後の放言は、歴代のサッカー日本代表の現場に無駄なストレスを与えていた可能性がある。

セルジオ越後ほど日本人の自虐的サッカー観に

 要するに、セルジオ越後の数々の放言は「批評として全く機能していない」のである。

セルジオ越後をツケ上がらせたオールドサッカーファンたち
 同様のストレスは、日本代表の選手たちも感じている。セルジオ越後の日本サッカーに対する放言に対して、業を煮やした日本代表・乾貴士選手や岡崎慎司選手が些(いささ)かな反発を発信してみせた。




 彼らがセルジオ越後を批判したというから、いったいどんな過激で不穏当な発言をしたのかと思いきや……。それ自体は抑制の利いたものだ。むしろ、放埓で不穏当な発言を繰り返してきたのはセルジオ越後の方なのだが。

 では、なぜ、乾選手や岡崎選手の方が一面的に悪いかのように、評されるのか? この倒錯した「空気」は何なのか? 例えば、有名なサッカーブロガーでオールドファンの「サッカー講釈師」さんが、セルジオ越後の日本サッカーに対する放言を、擁護するかのようなツイートをしている。


 この「サッカー講釈師」さんの「セルジオ越後の発言など〈誰も参考にはしない〉」という指摘は、端的に間違っている。なぜなら、この人物の弟子筋の人間に、セルジオ越後を本気で参考にした人間に、あの金子達仁氏がいるからだ。

 金子達仁氏については、スポーツライターとして売れっ子になった一方で、日本人のサッカー観・スポーツ観を大きく歪めた、いわゆる「電波ライター」だとして、さんざん批判されてきた。その金子達仁氏の師匠筋がセルジオ越後である。

 えてして「弟子」は「師」の悪いところを拡大する。すなわち、金子達仁氏はセルジオ越後の悪いところを拡大したのである。

 後藤健生さんなどもそうだが、こうしたオールドサッカーファンの鷹揚な態度が、セルジオ越後を付け上がらせ、暴走させたのだ。

 少なくとも、この人物の「流儀」をラグビーにまで越境させるのは間違っている。

妖怪的人物「セルジオ越後」を生んだ日本人の深層心理
 ラグビーとサッカー、ふたつのフットボールで、両方とも(それなりに)応援しがいのあるナショナルチーム(代表チーム)を持っている国というのは意外に少なく、その意味で日本はなかなか素敵な国である。

 これまでは、ラグビー日本代表が好調だとサッカー日本代表が不調だったりした。例えば、1989年~1991年の宿沢ジャパン平尾組と横山全日本の時代である。あるいは、その逆の時代も長く続いた。

▼後藤健生「日本は世界一流のフットボール・ネーション? サッカーとラグビーと、ともに世界王者を目指そうではないか」(2019年10月5日)

 2019年ラグビーワールドカップ日本大会は、ラグビーとサッカー、ふたつのフットボールの国民的期待が並び立った、画期となったイベントかもしれない(ちなみに,同時期にサッカー日本代表のW杯アジア予選も行われる)。

 世界の舞台で、世界の強豪に立ち向かう日本代表……という図式は、幕末・明治このかたの日本の歴史とも重なり、国民的な感情移入がしやすい(余談ながら,これが出来ないのが「野球」である)。

 しかし、その場合、「欧米」列強に対する劣等感をどうするか? ……という思想的大問題があり、そうした「日本人の心のスキマ」に入り込んだのが、セルジオ越後という「商売人」もしくは「詐欺師的人物」だった。セルジオ越後を過剰に有難がってきたのが、日本のいたいけなサッカーファンたちだった。

 この人物を評して「辛口」と言う。しかし、その実は、スパイスを効かせた美味なる料理ではなく、テレビ番組の「激辛王選手権」にでも出てくるような、ゲテモノとしての辛口料理である。

 その代償として、私たちは「日本サッカーへの〈味覚〉」というものを、大きく後退させてしまった。完全に批評眼が麻痺しているのである。

 私たちサッカーファンは、このポストコロニアルな時代に、セルジオ越後に象徴される卑屈なコロニアル根性に、一体いつまで浸(ひた)り続けるのだろうか?

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 試合が終わると敵・味方の区別がなくなる「ノーサイド」の文化。献身的な「ワン・フォー・オール,オール・フォー・ワン」の精神。審判の判定を絶対として潔く受け入れる「紳士のスポーツ」。得点しても「ガッツポーズをしない」控えめな振る舞い。プロ化を拒んだ「アマチュアリズム」。ワールドカップの開催を避ける「対抗戦思想」……。

 ……等々、従来、ラグビーフットボールというスポーツには、以上のような仰々しい修飾≒「虚構」がついてまわった。しかし、それがために……。


 ……日本のラグビーは、一度ダメになった。ところが、この度のラグビーW杯で……。


 ……「ラグビーに対する虚構」の数々が崩壊し、一方で多くの人々がラグビーフットボールそのものの面白さに触れた。そして、その上でラグビーの持つ特徴的な文化を知るところとなった。


 サッカーとは違うフットボールカルチャーがあることも知って、多くの人々驚いている……という様子を見るのは、なかなか新鮮だった。

 一方、「サッカーに対する虚構」は未だ継続し、日本のスポーツ界やメディアを呪縛しているような気もする。

 「静岡の衝撃」とほぼ同時期に、天皇杯で格下相手に敗れた浦和レッズのサポーターによる「バス囲み」事件が起こったのは、何かと対照的なピクチャーではある。

 むろん、不甲斐ないチームを叱咤することは必要であるが。

 否。本当に気になったのは、「静岡の衝撃」の快挙に、あの「セルジオ越後」が出しゃばってきたことである。*


 読んでいて、非常に嫌な気分になった。間違いも多い。

 この不快さについては次の機会に考えていきたい。

つづく




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

 ラグビーワールドカップ2019日本大会にちなんで、各メディアで「ラグビーフットボール」のルールを一般の人たちに伝えようという試みが、さまざまに行われている。

 けれども、あのルールをイチから教えようとすると、分かりにくく、かえって難しいスポーツとして受け取る人が多いのではないだろうか。

 ラグビーに関わる人たちは不服かもしれないが、ここはサッカーとの類推で、要点だけ最初にズバッと説明するのが手っ取り早い。

 日本の普通の人たちも、サッカーならば、なんとなく分かる。

 ラグビーは、サッカーと同じく「フットボール」を祖とする兄弟スポーツである。

 この両者は、19世紀の昔、英国でフットボールの統一ルールを作る際に見解の相違が生じ、それぞれ別々の道を歩むことになったからである。

 そこで……。
  • サッカー=ボールを蹴って運んで、ゴールに蹴り込む球技。
  • ラグビー=ボールを持って運ぶか、蹴って運ぶかして、ゴールラインまで持ち込んで、ゴールに蹴り込む球技。
 ……はじめは、この違いを押さえておくだけでもいい。

 少しだけ込み入った話をすると、サッカーは……、
サッカー
 ボールを蹴って運んで、ゴールに蹴り込む球技。
 このゲーム性に従ってプレーするために……
  • ボールを手で扱わない(一部の例外を除く)。
  • ゴール前に先回りをしない(オフサイド)。
 以上。
 一方のラグビーは……。
ラグビー
 ボールを持って運ぶか、蹴って運ぶかして、ゴールラインまで持ち込んで、ゴールに蹴り込む球技。
 このゲーム性に従ってプレーするために……
  • ボールより前でプレーしない(オフサイド)。
  • ボールを前に投げない(スローフォワード)。
  • ボールを手で叩いて進ませてはいけない(ノックオン)。
  • あと、倒されたらすぐボールを話す(ノットリリースザボール)。
 以上。
 何もわからない人は、最初はこのくらいでもいいような気がするのだが……。

(了)




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ