スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

カテゴリ:サッカー > ラグビー

はじめに…
 ラグビーワールドカップ2019日本大会まで、あと1か月となりました。

 まず、はじめに……。当ブログの趣旨は、ラグビーフットボールというスポーツそのもの、また日本におけるラグビーフットボールそのものを貶めるものではありません。

 かつて、Jリーグ以前、1970年代初めから1990年前後にかけて、国内スポーツシーンにおける人気や日本代表の国際的な活躍の度合いについて、ラグビーがサッカーを上回っていた時代がありました。

▼THE RUGBY Sports Graphic Number Special Issue December 1983

 サッカーとラグビーは、同じ「フットボール」を祖としています。しかし、片や、サッカーはいち早いプロフェッショナル化やワールドカップ(世界選手権)の創設。こなた、ラグビーは従前のアマチュアリズムの維持や世界選手権の否定(対抗戦思想)……と、大きく思想を異にしていました。

 その当時、一部の心ないラグビー関係者が、ラグビーへの歪んだ愛情のあまり、時流に乗じて、自身たちとスポーツの在り方に関する考え方が違うサッカーに対し、悪口雑言罵詈讒謗を放つことが間々ありました(逆の例もありましたが)。


 今回のエントリーの目的は、こうした言説の一部をインターネット上に保存し、後学のための覚書とすることです。その意図を斟酌(しんしゃく)の上で、ご笑覧いただけると、幸甚であります。

ラグビー評論家・中尾亘孝(なかお・のぶたか)とは何者か?
 ラグビーフットボールに関心は薄くとも、サッカーファンがラグビー評論家・中尾亘孝の名前を憶(おぼ)えているとしたら、1998年フランスW杯の少し後、佐山一郎さんが『サッカーマガジン』誌の連載コラムの中で「ラグビーの後藤健生」だなどと評して、中尾が同年に出した著作『リヴェンジ』を推奨していたことではないだろうか(「兄弟フットボールライターからの助言」として,後に佐山一郎著『サッカー細見』に所収)。

サッカー細見―’98~’99
佐山 一郎
晶文社
1999-10-01


 この「ラグビーの後藤健生」を本気にして『リヴェンジ』を読んだら、著者・中尾の、サッカーに対する、なかんずく同年のフランスW杯で1次リーグ3戦3敗で終わったサッカー日本代表=岡田ジャパンに対する悪口雑言罵詈讒謗があまりにも酷くて著しく不快となり、当ブログ(の中の人間)に問い合わせの電話をかけてきたサッカーファンが2人いる(いずれも界隈では相応のポジションにあるサッカーファンである)。

 事ほど左様、この人物こそは、ラグビーへの歪んだ愛情のあまり、サッカーに対して悪口雑言罵詈讒謗をさんざんぱらぱら放言してきたインチキラグビー評論家であり、札付きの反サッカー主義者なのである。

 それでは「中尾亘孝」とは何者なのか? 1950年、愛知県生まれ。ラグビー評論家。早稲田大学商学部中退(らしい)。ラグビーブームの時代の最後半、1989年に『おいしいラグビーのいただきかた』でデビュー。主な著作に『15人のハーフ・バックス』『リヴェンジ』『英国・フランス楕円球聖地紀行』ほか。

中尾亘孝(プロフィール付き)
【中尾亘孝】

 1990年ごろから、反サッカー主義者にもかかわらず、鈴木良韶(すずき・りょうしょう)和尚率いる日本最古のサッカーファン・サポーター集団「日本サッカー狂会」の許しもなく、勝手に「日本ラグビー狂会」を名乗り始める。

日本サッカー狂会
国書刊行会
2007-08-01


 以後、この「狂会」を事実上「主宰」し、他の「会員」とともに、ラグビーファンから「狂会本」と言われるアンソロジーのラグビー本を、実に20冊以上刊行してきた。主な著作に『頭にやさしいラグビー』『ラグビー黒書』『ラグビー・サバイバー』『ラグビー構造改革』ほか。

ラグビー黒書―145点を忘れるな!
日本ラグビー狂会
双葉社
1995-12


ラグビー・サバイバー
日本ラグビー狂会
双葉社
2002-11


ラグビー構造改革
日本ラグビー狂会
双葉社
2001-12


 現在は、愛知県豊橋市の、東海道新幹線・東海道本線と蒲郡街道が立体交差する付近のアパート1階を「寓居」とし、ブログを中心に放言している。

中尾亘孝のブログ「楕円系萬週報」
【中尾亘孝のブログ「楕円系萬週報」】

 この辺りの情報は、中尾のブログ自身にそれとなく分かるように書いてある。ラグビーが好きな人は、直接、中尾にラグビー談義を聴きに行くのも一興であろう。

サッカーこそラグビーの矮小な傍流にすぎない?
 その中尾亘孝の反サッカー言説の代表例が、「サッカーから枝分かれしたラグビー」という世間一般のイメージを逆転させた、ラグビーこそが英国前近代のフットボールの正統なる継承者であり、サッカーはその矮小な傍流にすぎないとするフットボール正閏(せいじゅん)論「ラグビー本流/サッカー傍流」説である。

 1823年のある日、英国の名門パブリックスクール「ラグビー校」でのフットボール(サッカーと誤記されることが,間々ある)の試合中、ウィリアム・ウェッブ・エリスなる生徒が、プレーに熱中するあまりボールを抱えて走る(ランニングイン)という「反則」をしでかした……。

ウィリアム・ウェブ・エリス(肖像画)
【ウィリアム・ウェブ・エリス(肖像画)】

 ……しかし、ラグビー校ではその「反則」プレーの精神を尊重し、ゲームの骨子として受け入れ、新たな独自の球技「ラグビーフットボール」の誕生を促(うなが)した……。

 ……というのが、ラグビーの創世物語「エリス神話」である。

 対して、中尾亘孝のラグビー・サッカー正閏論では、英国のラグビー関係者の所説などを参照しつつ、「エリス神話」は事実ではなく、捏造・デッチ上げによる虚構、あるいは政治的プロバガンダ(英国エリート的なスポーツの価値観を護持するための?)にすぎないと断定した。そして、フットボールの正統をサッカーに簒奪(さんだつ)された……などと繰り返し扇動してきた。

 この当時(1989年~1990年代初め)は、ラグビーの人気や日本代表の活躍の度合い(ラグビー日本代表=宿沢ジャパン平尾組)がサッカーに優越していた時代であり、風潮に気圧されるというか、勢いに乗じた中尾亘孝の説ももっともらしく聞こえた。

日本ラグビー激闘史 2011年 2/9号 [雑誌]
ベースボール・マガジン社
2011-01-26


 「ラグビー本流/サッカー傍流」説を読者(スポーツファン)に焚(た)き付けることで、サッカーに対して優位性を誇示しようとしてきたのである。

中尾亘孝説がラグビージャーナリズムに与えた影響
 中尾説の影響は、侮れない。2000年に出た永田洋光さんの『ラグビー従軍戦記』では、近代フットボール制定の経緯が、一般の常識とは正反対の視点、中尾のラグビー・サッカー正閏論に則って、いわばラグビー中心史観で描かれている(167~169頁)。

ラグビー従軍戦記
永田 洋光
双葉社
2000-06


 通説では、1863年、共通のフットボールルールを制定する会議で、ルールをサッカー式にするかラグビー式にするかで揉めた時、サッカー式に反対して退席していったのはラグビー側ということになっている。ところが『ラグビー従軍戦記』では、何とサッカー側が退席したことになっている(え!?)。

 しかも、新興の「サッカー」は、競技人口が劣勢であり、それを拡大する必要性に迫られて選手権大会=FA杯をスタートさせた……とか、選手のプロ化を容認した……とか。一方のラグビーは競技人口の大半を占める英国のエリート層が、厳格なアマチュアリズム規定を定め、選手権大会を否定するいわゆる対抗戦思想にこだわり……などと書かれてある。

 従来のフットボール史は、なるほどサッカー寄りだったかもしれないが、永田さんの叙述の方はラグビーに寄りすぎ……と言うよりは、完全に中尾亘孝説に「洗脳」されたものである。

 そういえば、ラグビー史研究家の秋山陽一さんにも、どことなくサッカーへの敵愾心を感じるところがある。秋山さんその「海軍兵学寮で行われたフットボールはサッカーではなくラグビーである」という問題提起もまた、中尾が仕掛けたラグビー・サッカー正閏論のバリエーションのようにも読める(秋山さん自身はそれを否定しているが)。

中尾亘孝の「ラグビー・サッカー正閏論」を疑う
 ラグビーが「サッカー」から分派したものではないこと、サッカー「だけ」が英国前近代のフットボールを「正統」に継承したものでないことは、多くのサッカー関係者も(例えば後藤健生さんも)認めている。

 しかし、中尾亘孝が主張しているのは、ラグビー「だけ」が英国前近代のフットボールを「正統」に継承したものであり、サッカーもアメフトもオーストラリア式もゲーリック式も、これすべてラグビーの傍流である……という極端なものだ。容易に納得はできない。

 しかも、中尾説にはひとつの疑問がある。

 例えば、ボールを前に投げてはいけないという「スローフォワード」という反則。ボールを手で叩いて前に進めてはならないという「ノックオン」という反則。これらはサッカーでいう「ハンドリング」の反則に相当する、その球技をその球技たらしめる重要なルールだ。

 ラグビーにとっては「オフサイドはなぜ反則か」よりも「ノックオンはなぜ反則か」や「スローフォワードはなぜ反則か」の方が重要な課題なのである。



 この2つの反則は、前近代の英国のフットボールに広範に存在したのだろうか? そこが証明されない限り、中尾説は妥当とはいえない。ところが、中尾の「ラグビー本流/サッカー傍流」説は「ノックオン」や「スローフォワード」がなぜ反則なのか……という疑問に対する解答=論証が弱い。

 もうひとつの疑問は、本当にラグビー「だけ」が英国前近代のフットボールを「正統」に継承したものであり、他のフットボールがその傍流にすぎないと言うならば、最初からラグビー関係者が、そう主張すればよいのである。

 なぜ「エリス神話」なるものが存在するのか? 中尾もあれこれ述べているが、この件に関しては歯切れがよいとは言えない。

自爆する「ラグビー本流/サッカー傍流」説
 2006年ドイツW杯を当て込んで刊行されたサッカーの蘊蓄(うんちく)本に、加納正洋(かのう・まさひろ)著『サッカーのこと知ってますか?』がある。著者・加納の正体は、まさに中尾亘孝のことで、だから、文面には中尾の反サッカー主義があちこちに滲(にじ)み出ていて、肝心の読者であるサッカーファンが読んでいてかえって不快な思いをするという、実に奇妙なサッカー本である。

 加納正洋=中尾亘孝は、『サッカーのこと知ってますか?』の中で、サッカーファンを挑発するかのように、フットボール正閏論「ラグビー本流/サッカー傍流」説で一席ぶっている(100~116頁)。

 しかし、一方で「19世紀初頭のラグビー・スクールのフットボールは、ランニングイン(ボールを持って相手ゴールに走ること)は許されていなかった」ことは認めている(103頁)。認めざるを得ない。……と言うか、それを「ラグビー」と呼ぶのである。

 『サッカーのこと知ってますか?』は、サッカー式ルールを定めたFA創設後も傘下のクラブを含めて各フットボールクラブは、独自のルールで試合をしていた……という(157~158頁)。しかし、それは全部が全部掛け値のない「ラグビー式」なのか? ノックオンとスローフォワードの反則はどうなっていたのか?

 また、英国前近代のフットボールには、例えばシェフィールド式やオーストラリア式のルールなど、「オフサイド」のないものも存在した(71頁)という。しかし、それではノックオンとスローフォワードを認めることになり、ランニングインを旨とするラグビーフットボールにはならないのではないか?

 中尾亘孝は、実は「ラグビーフットボール」のことをキチンと定義できていないのである。サッカーでなく、何らかの形で「手」を使っているフットボールがあったら、みんなラグビーの仲間に入れている感がある(ひょっとしたら、それは意図的なものかもしれない)。

 サッカーは「ラグビーとは違うフットボールだという差異を強調するあまり、手の使用禁止、厳格なオフサイド・ルールなど……が出すぎた感があった」(102頁)などと中尾(加納)は言う。

 それならば「ラグビーは、ノックオンとスローフォワードを反則とし、サッカーよりもさらに厳格なオフサイドルールを採用することで、〈ランニングインのフットボール〉として他のフットボールにはない独自性を強調している」のである。

 それで、ノックオンやスローフォワードは、いつ、どのように反則として成立したのか? 例によって中尾亘孝(加納正洋)は説明不足である。

再評価される「エリス神話」の史実性
 「エリス神話」についても、ラグビー評論界の良心、小林深緑郎(こばやし・しんろくろう)さんが、独自の取材調査で、19世紀前半、ラグビー校でラグビー式のフットボールを行った最初の世代で唯一名前が判明している生徒がウィリアム・ウェッブ・エリスであるとしている(小林深緑郎『世界ラグビー基礎知識』)。つまり「エリス神話」にも一定の史実性があることを認めているのである。

世界ラグビー基礎知識
小林 深緑郎
ベースボールマガジン社
2003-10


 要するに、「サッカーからラグビーが派生した」という世間一般の認識は間違いだが、「ラグビーだけが英国前近代フットボールの正当な継承者」であるという中尾説も正しくない。「エリス神話」より、むしろ「ラグビー本流/サッカー傍流」説の方こそ、ラグビー派の反サッカー主義者(中尾亘孝)による政治的プロパガンダなのである。

 サッカーも、ラグビーも、いくつもあるフットボールのローカルルールのひとつに過ぎなかった。

 老舗和菓子の元祖・本家争いのような、唯一の正統なるフットボールとは何かを標榜する中尾亘孝のアジテーションこそ意味がない。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「明治」をスルーした日本サッカー史?
 2021年は公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の創立100周年である。JFAは「正史」として大型本の『JFA 100年史』(仮称)を公刊するはずだ(JFAは創立50周年の時も,75周年の時も「正史」を刊行している)。

財団法人日本サッカー協会 75年史―ありがとう。そして未来へ
財団法人日本サッカー協会75年史編集委員会
日本サッカー協会
1996-10-01



 しかし、いかに本が売れない時代とはいえ、有為な書き手による、手ごろな一冊のサイズにまとまった日本サッカー通史を、サッカーファンやスポーツファンに送り出す企てはないのだろうか。

 相撲(「大相撲」に限定されない格闘技としての相撲)や、マラソン・駅伝などには優れた通史は存在するのだから、サッカーでもそういった、いい意味での「外史・稗史・野史」を当然読みたいのである。

相撲の歴史 (講談社学術文庫)
新田 一郎
講談社
2010-07-12


相撲の歴史
新田 一郎
山川出版社
1994-07-01


マラソンと日本人 (朝日選書)
武田 薫
朝日新聞出版
2014-08-08


 果たして、その先駆けなのか、佐山一郎さんによる『日本サッカー辛航紀』が上梓された。

 もっとも、この著作は「私小説」的な性格が色濃いうえに、日本サッカー史を謳(うた)いながら、日本サッカー界は歴史を大事にしていないと批判しながら、そして蹴鞠も話題まで採り上げながら、しかし、肝心要の明治時代、草創期の日本のサッカー事情について全く触れていないという、実に不思議な一冊である。

 やっぱり、明治時代、海外から日本へのサッカーの伝来、普及、野球やラグビーなど他競技との関係等々について全く言及しないというのは、違うのではないか。

 それこそが、日本サッカーの原点だからである。日本のサッカーの文化や歴史などの総体を理解するためには、原点である「明治」を知らなければならない。書名が『日本サッカー辛航紀』であるならば、なおさら、その「辛」い「航」海の船出が明治時代だったからである。

明治最初のフットボールはサッカーか? ラグビーか?
 意地の悪いことを言うと、『日本サッカー辛航紀』はこの重苦しいテーマから逃げたのではないかと邪推する。野球に普及や人気でサッカーが先んじられたこともある。もうひとつは、そもそも日本で最初に行われたフットボールが、サッカーなのか、ラグビーなのか、最近になって論争になっているためでもある。迂闊(うかつ)なことが書けないのだ。

 今でも、JFAの公式サイトの「沿革・歴史」、1873年(明治6)の項には「イングランドサッカー協会(The FA)創設から10年後、英国海軍教官団のA・L・ダグラス少佐(中佐とも)と海軍将兵が来日。東京築地の海軍兵学寮(のちの海軍兵学校)で日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えた(これが、日本でサッカーが紹介された最初というのが定説になっている)」とある。これが従来の定説というか、通説であった。

▼日本サッカー協会(JFA)沿革・歴史

 後藤健生さんも『日本サッカー史 代表編』では、特に吟味することもなく、この通説を掲載した。


秋山陽一
【秋山陽一氏】

 秋山さんの主張をまとめたのが、日本ラグビー狂会編『ラグビー・サバイバー』所収の「フットボールの憂鬱」という論考である。

ラグビー・サバイバー
日本ラグビー狂会
双葉社
2002-11


 後藤さんは、ある程度、秋山さんの批判を受け入れている。当時の海軍兵学寮の様子を調べていくうちに、なるほど、これが完全なるサッカーだったとは言い難い。もっとも、それがラグビーだったと証明することもできないのだが……。

 後藤さんの後の著作『サッカー歴史物語』では、持論が修正されてある。

 イングランドでFAルール(サッカー)が普及するのは、実は「The FA」が創設された1963年よりも少し後のことだ。また、イングランドのラグビー協会(RFU)の創設も1871年である。あの当時は、サッカーとラグビーはそれほど隔たりのある球技ではなかった。

 当ブログから加えるに、当時は、サッカー、ラグビー以外のルールのフットボールもいくつか混在していた。フットボールが両者どちらかに収斂(しゅうれん)していくのも、後々のことである。

 明治初期の海軍兵学寮では、キッチリしたルールではなく、フットボールの真似事のような遊びを英国海軍将兵と日本人学生らはやっていたのではないか。

 後藤さんといっしょに「日本サッカー史研究会」を主宰している牛木素吉郎さんも、この立場を支持している。

 牛木さんは、明治初期に日本で行われたフットボールを「サッカー」でも「ラグビー」でもなく、「フットボール」と表記しようと提案している。FAルールで行われたことが確実なものだけを「サッカー」と呼び、RFUルールで行われたことが確実なものだけを「ラグビー」と呼ぶ。

▼牛木素吉郎「明冶初期のフットボール@日本サッカー史研究会」(2007年2月19日)

 そうすることによって、無意味な論争を避けることができる。

後藤・牛木説をあくまで突っぱねる秋山陽一氏
 しかし、秋山陽一さんは、この後藤・牛木説にもあくまで異を唱える立場をとる。

 秋山さん曰く……。後藤健生氏は『サッカー歴史物語』で、当時のルールについて、相変わらず「サッカーともラグビーとも特定しがたく」という見解を披歴しているが、根拠を示していない(これは指摘どおりかもしれない)。一方、イギリスの研究者(誰?)は海軍兵学寮のフットボールについてラグビーとしている。

A_Footbll_Match_in_Japan
【A Football Match in Japan(19世紀)】

 イギリス人の特徴としてスポーツ組織を作るときにそこで行われるルールを何にするかを決めずに行動を起こさない(本当か?)。論拠となる資料はある(それが知りたい)。

 後藤健生氏と牛木素吉郎氏の説を支持するサッカーファンが理解できない。

 ……。何というか。秋山さんのスタンスからは、サッカーファンに対して「マウントを取りに行く」感じをヒシヒシと感じる。さすがに最近はそんな人も少なくなったが、どうして日本のラグビー関係者はサッカーを目の敵にするのだろうか。

 いちど「日本サッカー史研究会」の会合で後藤さんと秋山さんの「直接対決」があったというが、秋山さんの態度がかなり挑発的だった、との噂もある。

 秋山さんがいう「イギリスの研究者」が誰かは分からないが、2019年6月に英国の歴史学者、ラグビー史研究家のトニー・コリンズ(Tony Collins)による『ラグビーの世界史~楕円球をめぐる二百年』が上梓された。

 現時点で未読だが、この著作では海軍兵学寮の「フットボール」を「ラグビー」としているかもしれない。確認できれば当ブログで紹介するかもしれない。

工部大学校の「フットボール」は「サッカー」
 もうひとつ、秋山氏が批判・指摘しているのは、明治初期の海軍兵学寮とはほぼ同時期に「フットボール」が行われていた工部省工学寮(工部大学校)は、昭和初期に刊行された当時の学生の回顧談にハッキリと「アソシエーション式」(サッカー)であることだ。

 これについては、サッカー史研究ブログの「蹴球本日誌」が詳しい。『旧工部大学校史料』(1931年)、『旧工部大学校史料・同附録』(1978年復刻)を参照しながら、次のように説明する。
 古川阪次郎〔OB〕「工部大学に於ける運動其他」には、

 〈…それから上の組の頭が玉木弁太郎君及田辺朔郎君であったと記憶して居るが、玉木君は丈が高い(後には肥ったが)ので、フットボールの時分には、いつでも玉木君がゲートキーパーであった。〉(p.137)

 とあり、GKを置いた「サッカー」だったことがわかります。弱冠20代で琵琶湖疎水を完成させるという偉業をなしとげた田辺朔郎もサッカーをしていたようです。

 門野重九郎〔OB〕「工部大学に於けるスポーツ」には、

 〈四、フートボール

 此のゲームは溜池運動場にて盛なりしが今日のアッソシエーション〔FAルール=サッカー〕の前身とも云ふべく其のルールも至って簡単にして今日の如く前営〔FW〕、中堅〔HBまたはMF〕、後営〔BKまたはDF〕などと確然と定まった陣営も無く唯早く球をゴールに蹴込むに勉めたるものなり。〉(p.142)

 とあり、「サッカー」だったことを〈証言〉しています。

蹴球本日誌「『旧工部大学校史料』におけるサッカー」July 09, 2005


▼旧工部大学校史料~国立国会図書館デジタルコレクション

▼旧工部大学校史料・同附録(青史社)1978|書誌詳細|国立国会図書館
 後藤健生さんは、なぜか工部大学校の「フットボール」にしても、サッカーなのかラグビーなのか曖昧にしている。海軍兵学寮と違って、こちらは「サッカー」であることがほぼ確定しているのだから、堂々とサッカーと書いてもいいのではないかと思う。

 後藤さんは、わざと曖昧にしているのだろうか。

海軍兵学寮=ラグビー説の矛盾
 ブログ「蹴球本日誌」は、サッカーかラグビーかという論争に、別の立場から「参戦」している。「蹴球本日誌」は、秋山陽一さんと同じ史料、沢鑑之丞著『海軍兵学寮』(1942年)などを参照しながら、しかし、海軍兵学寮のフットボールは「サッカー」であるという立場をとる。

 該当するエントリー「秋山陽一『フットボールの憂鬱』を読んで」(2005年7月18日)では、秋山さんの史料の見落としや持説の矛盾点を突いている(引用文は,読みやすいように適宜編集してある)。
 秋山陽一氏の著作「フットボールの憂鬱」@『ラグビー・サバイバー』p.212に〈澤鑑之丞の別の著書「海軍兵学寮」でも、午後に毎日砲術訓練が取り入れられた当初、生徒たちは身体が大いに疲労を感じたが、後には次第に活気を増し愉快に外業を学ぶようになったと述べている。〉とあり、澤(沢)の『海軍兵学寮』(興亜日本社,1942)を読んだことが記されています。

 この本(『海軍兵学寮』)の明治7年〔1874〕の部分に〈また、「フットボール」(蹴球)もイギリス教師より教を受けて、寮内馬場に於て、甲乙両部にわかれ仕合を致しました。〉という一行があり(p.248-250のうちのどこか)、1874年当時の在籍者が〈フットボール(蹴球)〉をしていたとの「証言」があるのですが、不思議なことに(笑)秋山氏はこの部分に言及していません。

 また秋山氏は、「フットボールの憂鬱」で〈日本では、明治から大正時代にかけてア式とラ式といういい方で2つのフットボールを区別してきたが、昭和に入ると、ア式は蹴球を名乗り、一方は単にラグビーとなった。〉(『ラグビー・サバイバー』206頁)とも述べています。1942(昭和17)年に出版された『海軍兵学寮』に〈「フットボール」(蹴球)〉と記されていて、〈「フットボール」(ラグビー)〉でないのは、秋山氏の説に従えば、海軍兵学寮はサッカーをしていたことになってしまいます。これは秋山氏のオウン・ゴール……(笑)。

蹴球本日誌「秋山陽一『フットボールの憂鬱』を読んで」July 18, 2005


▼海軍兵学寮(興亜日本社):1942|書誌詳細|国立国会図書館サーチ
 読んでいて、当ブログも笑ってしまった。

 秋山さんの「フットボールの憂鬱」は、私も読んだが、何というか、あれを確実にラグビーであるとするには、今ひとつ決定打に書くのではないかという気はした。

もっと活発な議論の応酬を!
 話を戻すと、秋山陽一さんは「イギリス人の特徴としてスポーツ組織を作るときにそこで行われるルールを何にするかを決めずに行動を起こしません.論拠となる資料はあります」と唱える。

 一方、後藤健生さんは「YC&AC〔横浜カントリー・アンド・アスレチック・クラブ,外国人居留地のクラブ,かつての通称「横浜外人クラブ」〕で、アソシエーション式(つまりサッカー)にするか、ラグビー式にするかという議論が行われたのは1880年代になってからのことだ」と唱える(『サッカー歴史物語』143頁)。

 これは重要な指摘だ。何がしかの根拠=資料(史料)がなければならない。

 ここでも、後藤さんと秋山さんの意見の相違は争点になる。野次馬としては、このサッカーvsラグビー論争で、もっと活発な議論の応酬を見たい。そうすることが、むしろお互いをよく知ることになり、お互いのためになる……のではないか。邪馬台国論争や、法隆寺再建論争みたいに、もっと派手にやってほしいのである。

 そのためには後藤健生さんvs秋山陽一さんのセカンドレグを、ぜひとも実現させるべきであろう。

(了)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

明治最初のフットボール…サッカーか? ラグビーか?
 日本人による日本のラグビーのルーツが慶應義塾なのは異論のないところだ。1899年(明治33)の秋、在日英国人の教師エドワード・B・クラークと、その学友・田中銀之助が学生たちにラグビーを教えたとある。
  • 日本ラグビーのルーツ~慶應義塾体育会蹴球部の歩み 2019/06/27
 それでは、日本人による日本のサッカーのルーツは? これが意外と難題である。

 一般に信じられているのは、日本サッカー協会(JFA)公式サイトの「沿革・歴史」にあるように「1873年(明治6)に英国海軍のダグラス少佐(中佐説あり)と将兵が来日し,東京・築地の海軍兵学寮で学生たちにサッカーを教えた.これが日本でサッカーが紹介された最初というのが定説になっている」というものである。
  • 日本サッカー協会(JFA)沿革・歴史
 ところが、この「通説」に物言いを付け、「海軍兵学寮で行われたフットボールは、サッカーではなくラグビーである!」と強硬に異論を唱えてきたのが、ラグビー史研究家の秋山陽一さんであった。秋山さんの主張は、日本ラグビー狂会編『ラグビー・サバイバー』所収の「フットボールの憂鬱」という論考にまとめられている。

ラグビー・サバイバー
日本ラグビー狂会
双葉社
2002-11


秋山陽一
【ラグビー評論家・秋山陽一氏】

 この論争は甲論乙駁。詳細は省くがサッカー側からも反論があって、つまり、日本人による日本における最初のフットボールが、サッカーなのか、ラグビーなのか、分からなくなってきているのである(この件は,いずれ当ブログで採り上げたい)。

 そして、サッカーにせよ、ラグビーにせよ、ここで行われたフットボールは、後が続かず途絶えている。

工部大学校で行われた「サッカー」もその後途絶えた
 もうひとつ、日本サッカーの「ルーツ」の候補として挙げられているのが、海軍兵学寮とほぼ同時期にフットボールが紹介されていた、東京大学工学部の前身「工部大学校」である。

 これに関してはOBが「アッソシエーション」式と証言しているので、アソシエーションフットボール、すなわちサッカーであることがほぼ確定している(詳しくは下記リンク先参照)。
  • 蹴球本日誌「日本におけるサッカーの伝来に関する一考察(未完)」October 02, 2010
  • 蹴球本日誌「『旧工部大学校史料』におけるサッカー」July 09, 2005
 しかし、ここに伝えられたサッカーは、後に途絶えてしまった。

 日本ラグビーのルーツは前述のとおり、慶應義塾のE・B・クラークと田中銀之助である。日本野球のルーツは、はじめ米国人教師ホーレス・ウィルソンが東京大学の学生たちに伝え、米国留学から帰国した日本人の鉄道技術者・平岡熈(ひらおか・ひろし)が、その人士を引き継いでさらに発展・拡大して全国に広まった。
  • ホーレス・ウィルソン~殿堂入りリスト|公益財団法人野球殿堂博物館
  • 平岡熈~港区ゆかりの人物データベースサイト
 平岡が活動していた時代に野球に熱中した有名人に、例えば文豪の正岡子規がいる。
  • 正岡子規~殿堂入りリスト|公益財団法人野球殿堂博物館
 これらに比べると、日本サッカーの起源譚は何となく華々しさに欠くところがある。

草創期「日本サッカー史」の曖昧さ
 前掲、日本サッカー協会(JFA)の「沿革・歴史」のページにある草創期の日本サッカー史の記述を見ても、今ひとつ明晰ではなく記述が混乱している印象がある。

日本サッカー協会(JFA)の沿革・歴史
1863 文久3 The Football Association(The FA/英国サッカー協会)設立。
1873 明治6 イングランドサッカー協会(The FA)創設から10年後、英国海軍教官団のA.L.ダグラス少佐と海軍将兵が来日。東京築地の海軍兵学寮(のちの海軍兵学校)で日本人の海軍軍人に訓練の余暇としてサッカーを教えた(これが、日本でサッカーが紹介された最初というのが定説になっている)。
1878 明治11 体操伝習所(のちの東京高等師範学校体操専修科)が創設され、教科の一つにサッカーが取り入れられる。
1885 明治18 坪井玄道らが著した『戸外遊戯法―名戸外運動法』が刊行。書内第17項で「フートボール(蹴鞠の一種)」に競技のやり方が紹介。これが日本語でサッカーを紹介した最初の文献であると言われている。
1896 明治29 東京の高等師範学校(東京高師)にフートボール部が設立される。
https://www.jfa.jp/about_jfa/history/ より作成 

 例えば、上記の年表では、1878年(明治11)の項目で「体操伝習所」の教科のひとつにサッカーが取り入れられたとあり、一方で1885年(明治18)に日本語の文献で初めてサッカーが紹介されたとある。

 この辺はかなり曖昧で、それでは1885年以前の「体操伝習所」の内部では「サッカー」はどのような形で行われていたのだろうか? そして「サッカー」に関する情報はどのような形で共有されていたのだろうか?

 年表では次いで、1896年(明治29)に東京の高等師範学校(東京高師)にフートボール部(後の蹴球部=サッカー部)が設立されるとある。要するに、日本サッカーの実質的なルーツは、海軍兵学寮でもなく、工部大学校でもなく、旧制東京高等師範学校(東京高師)すなわち、現在の筑波大学である。

 前掲の通り、慶應義塾が日本ラグビーのルーツなのは自他ともに認めるところであるが、東京高師=筑波大学が日本サッカーのルーツだというのは、今ひとつ巷間に浸透していない。こういった史実は、関係者であってもひっそりと語られることが多い。
 ちなみに、慶應義塾で「蹴球部」といえばラグビー部のことで、東京高師=筑波大学で「蹴球部」といえばサッカー部のことである。この辺は、両フットボールの日本における来し方を示しているようで興味深い。

後藤健生さんによる中村覚之助の再評価
 2020年の東京オリンピックを1年後にひかえ、雑誌『東京人』は2019年8月号で「近代スポーツことはじめ」という特集を組んだ。

 この企画で、サッカージャーナリストの後藤健生さんによる「発展の陰に、〈この人〉あり」「さきがけは、〈学校〉から」という、明治時代初期~中期の日本のスポーツ事情を紹介した記事が2本掲載されている。

 当然、明治時代の日本のサッカー事情にも触れているのだが、これらの記事では、現代の日本サッカーの直接のルーツ、画期となった人物として、旧制東京高等師範学校の学生・中村覚之助(なかむら・かくのすけ)のことを再評価している。

中村覚之助(胸像)
【中村覚之助】

 中村覚之助については、これまでにも日本サッカー史に重要な役割を果たした人物として、たびたび採り上げられてはいた。
  • 和歌山県ふるさとアーカイブ「サッカー紹介者~中村覚之助(なかむら・かくのすけ)」より
  • 和歌山県那智勝浦町「八咫烏と日本サッカーの生みの親~中村覚之助について」2012年11月27日
 すなわち、洋書を翻訳して『アッソシェーション.フットボール』として刊行し、東京・大塚にあった土地を整地して蹴球部(サッカー部)の練習場とし、横浜居留地の外国人クラブ(横浜カントリー&アスレチッククラブ,YC&AC)と日本初の対外試合をの実現に尽くした人物が中村覚之助である。

 後藤健生さんは、読者(サッカーファン)にあらためて中村覚之助を紹介したのである。

中村覚之助が殿堂入りできない日本サッカー界
 ところが、これだけの功労者が、2019年7月時点で日本サッカー殿堂に掲額されていないのである。牛木素吉郎氏のように、この人を日本サッカー殿堂に入れようという声は、これまでにもあった。
  • 牛木素吉郎「中村覚之助を殿堂に」2011年08月24日
 しかし、なぜ、中村覚之助は無視されるのか?

 前述のラグビー史研究家・秋山陽一さんも指摘しているところであるが、日本サッカー協会および日本サッカー界の歴史観は、1974年に出たJFAの50年史『日本サッカーのあゆみ』に示された歴史観を乗り越えていないところがある。


 『日本サッカーのあゆみ』では、中村覚之助の功績はあまり大きく取り上げられていない。前掲JFAの「沿革・歴史」のページでも、日本サッカー殿堂の掲額者にしても、古い人の顕彰については『日本サッカーのあゆみ』に依拠している印象がある。
  • 日本サッカー殿堂│掲額者一覧(個人)|JFA|日本サッカー協会
 中村覚之助が歴史上、公的な評価を受けていないのは、どうも、こうした事情があるのではないか。

 来たる2021年には、日本サッカー協会も創設100周年を迎える。あれから日本サッカー史などに関する研究は進んでいる(はずだ)し、日本サッカー殿堂に掲額される人もそれを反映させるべきではないか。

 個人的には、この中村覚之助と、マンガ『キャプテン翼』の原作者・高橋陽一氏、ヤタガラス(八咫烏)の日本サッカー協会旗をデザインした彫刻家・日名子実三の3人は、是非とも日本サッカー殿堂で顕彰するべきである。

 違いますかね? JFAの田嶋幸三会長?

(了)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

まだまだ馴染み薄いサッカー用語「スカッド」
 Jスポーツで、サッカーのU-20ワールドカップを見ていると、実況担当のアナウンサーが、さかんに「スカッド」という耳慣れない単語を使っていた。

 日本のサッカー界にとって、この「スカッド」が新しい、なじみの薄い言葉であることは、まだ2年前、2017年9月12日付でアップされた、渡辺文重氏の「[J論]サッカーの記事で見かける〈スカッド〉の意味を調べてみた」というコラムの存在からも、分かる(下記ツイッターリンク先参照)。


 日本では、サッカーを題材にしたテレビゲーム「ウイニングイレブン」で使われてから、広まったのだろうか。

 インターネット検索をすると、もっと詳しい解説が出てくる。
 少し紛らわしいのが……「スカッド」〔Squad〕です。

 『Squad』(英語ではスクウォッド、のように発音される)ですが、これは日本語で言うところの『メンバー』が一番近いと思います。

 単に『Squad』と言えば、出場機会がほとんどない選手なども含めて、チームに登録されている全選手を指します。

 だからこそ、アーセナルファンにはおなじみですが、ベンゲル監督は頻繁に

 「我々には強力なスカッドがある」

 と口にしたわけですね。

 したがって「層の厚さ」のことを英語では「厚さ」ではなく「深さ(depth)」というのですが、当然ながら『チームの「depth」』という言い方はされず、

 『depth of the squad』

 が正しい言い方となります。

山中拓磨「チームとスカッド、英語では微妙に意味が違うって知ってた?」(2019.02.01)
https://premierleaguepub.jp/?p=7000
 Jスポーツは、サッカーもラグビーも放送するが、ラグビーも見るサッカーファン、サッカーも見るラグビーファンは、「スカッド」には別の意味で違和感を持ったかもしれない。実は「squad」は、ラグビーでは「スコッド」として、広範に使われていたからだ。

以前から使われているラグビー用語「スコッド」
 先述の渡辺文重氏は、ウィキペディア日本語版で「スカッド」を引いたら、軍事用ミサイルの「スカッド」(Scud)が出てきた……などと冗談交じりに書いていたが、ラグビー用語としての「スコッド」は、ウィキペディア日本語版にちゃんと立項されている。
スコッド
 スコッド(英語:squad)は、おもにラグビーにおいて国代表などのチームを編成する際に、これに先立って代表に選出される可能性の高い者を選抜して編成する選手集団を指す呼称。選手団、強化選手の集団、強化選手集団、候補選手集団、選手集団、候補選手グループなどとも説明される。また、文脈によっては、候補、補欠、出場登録メンバーを意味する用語とも説明される。

 代表選手の選出にあたっては、スコッドに選ばれていなかった者が選出される場合もあり、「スコッド外からの選出」などと表現する。

ウィキペディア日本語版(2019年5月27日閲覧)
 しかし、この「スコッド」は、いつから使われ始めたのだろうか?

 あれだけラグビーに思い入れがあったスポーツ総合誌、1980年代の文春ナンバーでは使ってなかったような気がする。同じく、末冨(末富)鞆音(すえとみ・ともね)氏や、佐野克郎(さの・かつお)氏も使っていなかったような気がする。


 さすがに、池口康雄氏や宮原萬壽氏まで古くなると、全く分からない。

「スコッド」を広めたのは中尾亘孝?
 記憶する限り、ラグビー論壇で「スコッド」を公に使い始めたのは、1980年代終わりから1990年代初めの頃。これを流行らせ、定着させたのは、インチキラグビー評論家(にして札付きの反サッカー主義者)として知られ、今では肝心なラグビーファンからも全くリスペクトされなくなった中尾亘孝(なかお・のぶたか:1950年生)ではなかったか。

中尾亘孝(プロフィール付き)
【中尾亘孝】

 例えば「大西鐡之祐=おおにし・てつのすけ=は,ラグビー日本代表を率いるにあたって,試合毎に選手を寄せ集めるそれまでのやり方を改めてスコッド方式を採用した」などという言い回しが、1991年刊『15人のハーフバックス』に登場する。

 ただし、『15人のハーフバックス』の情報の多くは、ラグビー評論界の重鎮にして良心の小林深緑郎(こばやし・しんろくろう)さんに寄っているので、小林さん辺りではずっと前から使っていたのかもしれない。

 余談だが、自身ではほとんど取材せず、小林深緑郎さん、大友信彦さん、永田洋光さん、生島淳さん、藤島大さん、秋山陽一さんなどが取材してきた情報を基に、好き放題に放言してきたのが、中尾亘孝である。

「スカッド」は「スコッド」に統一するべきではないか
 もっとも、最近の中尾亘孝は「スコッド」のやめて「スクォッド」などと表記し始めている。正しい発音は、なるほどこれに近い(正しい,ではない)。が、中尾は、ベトナムではなく「ヴィエト・ナム」などと表記するような極端な原語読み主義者である。こういうやり方が些(いささ)かならずウンザリさせられる。それはともかく……。

 ……テレビゲームのクリエイターや、スポーツ専門チャンネル、若手のサッカージャーナリストあたりが、英語のサッカー論壇の文脈にあった「squad」を「スカッド」として使い出したら、実は既にラグビーで「スコッド」が使われていました……ということなのではなかったかと、勝手に憶測する。

 それにしても、サッカーの「スカッド」、ラグビーの「スコッド」と表記が揺れているのは、何とも居心地が悪い。


 ラグビーの「スコッド」の方が古く、日本語でも定着しているのだから、サッカーの「スカッド」も「スコッド」に表記を統一するべきではないか……などと、つい考えてしまったのであった。

(了)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

戦前日本のスポーツ人気は「ラグビー>サッカー」だった!?
 度し難いほど人種主義的な自虐的日本サッカー観の持ち主である佐山一郎氏には、その定番ネタとも呼ぶべき、いくつかのパターンが存在する。

佐山一郎氏(ホームラン1991年2月号)
【佐山一郎氏.@『ホームラン』1991年2月号】

 今回のテーマは、そのひとつ「戦前の日本サッカーは,東京六大学野球や大相撲はもちろん,大学ラグビーにすら人気で劣っていた.それが証拠に当時のモダン雑誌『新青年』には,他のスポーツと比して,サッカーの話題がほとんど載っていない!」というものである。

 その代表例が、サッカー日本代表がW杯本大会に出場した年、朝日新聞社の月刊誌『論座』1998年9月号に掲載され、後に佐山氏の単行本『サッカー細見』に収録された「極私的ワールドカップ報告」からの抜粋である。
 なぜ日本代表は〔1998年フランスW杯その他で〕勝てないのかを考えることはむろん大切だが、決定的に欠けているのは、なぜ日本人の多くがこれまでサッカーを必要としてこなかったかの考察である。それはパックス・アメリカーナの傘という角度や地理的条件〔島国ニッポン?〕だけで語りきれるものでもないような気がする。おそらくは〔日本人の〕深層というところで何かしらの反発が受容の妨げになってきたに違いない〔日本人サッカー不向き論〕。ラグビー、野球、オリンピックでの成功を頻繁にとりあげた戦前のモダン雑誌『新青年』がまったくといっていよいほど、サッカーに興味を示さなかったことも気になる。わずかに裏表紙の明治チョコレートの広告のさし絵として登場するだけというのも不可思議である。

サッカー細見―’98~’99
佐山 一郎
晶文社
1999-10-01


 これだけでも佐山一郎氏の自虐的日本サッカー観が全開、かつツッコミどころ満載だ。それは追い追い展開するとして、まず、ひとつだけ寄り道して採り上げる。

 引用文中に「パックス・アメリカーナ」とある。だが、ウィキペディアには「パクス・アメリカーナ」(ママ)の始まりは、早く見ても第一次世界大戦終結(1918年=大正7)の後とある。日本において、野球がサッカーやラグビーに先んじて人気が出始めた時期は、1877年(明治10)頃から1887年(明治20)頃にかけてである。

 すなわち、日本における野球の隆盛は「パックス・アメリカーナ」の影響ではない。「大日本帝国」自身の「選択」である。しかも、これは平岡熈(ひらおか・ひろし)や、それを継承した正岡子規といった人たちの、野球の普及・啓蒙活動の成果であって、日本人の「深層」とそのスポーツ種目との相性の問題ではない。

『新青年』と『ナンバー』でたどれる戦前・戦後の日本スポーツ事情
 あらためて、佐山氏が度々採り上げる『新青年』という雑誌の性格について、ウィキペディアの記事を参考に確認しておく。
新青年(日本)
 『新青年』(しんせいねん)は、1920年に創刊され、1950年まで続いた日本の雑誌。

 1920年代から1930年代に流行したモダニズムの代表的な雑誌の一つであり、「都会的雑誌」として都市部のインテリ青年層の間で人気を博した。

 現代小説から時代小説まで、さらには映画・演芸・スポーツなどのさまざまな話題を掲載した娯楽総合雑誌であった。

ウィキペディア「新青年(日本)」より抜粋(2019年2月17日閲覧)
 同じくウィキペディアには、現在『新青年』誌の商標権を保有しているのが佐山一郎氏だと記してある。だから、この雑誌への言及が多いのだ。

 ところで、文藝春秋のスポーツ雑誌『ナンバー』の、創刊(1980年)以来の歴代バックナンバーの表紙と目次がインターネットで公開されている。これをたどれば、1980年以降の日本のスポーツ事情を大まかに理解することができる(下記リンク先参照)。
 同様に『新青年』誌の内容をたどっていけば、戦前日本のスポーツ事情が大まかに理解できようというのである。

都会派モダン雑誌『新青年』に見放されたサッカー
 戦前の日本スポーツでは、サッカーよりラグビーの方が人気があったらしいこと。それが証拠に、戦前の雑誌『新青年』では、野球やラグビーを大きく扱ってもサッカーには冷淡だったこと。この2点に、佐山一郎氏は固執してきた。以下、実例を引用していく。

 当ブログが集め確認できた資料のうち、佐山一郎氏がこの問題に触れた最も古いテキストは、野球専門誌『ホームラン』(日本スポーツ出版社)1991年2月号の「それでも野球は王様だ!」である。
『ホームラン』1992年2月号(2)

 あまり言いたくないのだが、〔19〕60年代半ばから10年余り続いた杉山-釜本人気だけが、突然変異で、戦前からサッカーは、相撲、六大学野球、大学ラグビーなどに比べて人気の面ではるかに劣っていた。つかこうへい〔劇作家,演出家,小説家〕さんがいつか書いていたように、ちょっとうつむいているうちに1点だけ入って、それっきりみたいな狩猟民族のための非物見遊山的競技〔=サッカー〕は日本人には合わない。〔以下省略〕

佐山一郎「それでも野球は王様だ!」@『ホームラン』1991年2月号より
 戦前から日本サッカーの人気がなかったことと、日本人の国民性・民族性・文化・歴史・精神・伝統等々と「サッカー」との相性が極めて悪いこと、この2つを結び付ける主張(日本人サッカー不向き論)は、『サッカー細見』と同様、佐山氏において一貫している。

 次いで、1993年刊の『Jリーグよ!』巻末(165~237頁)の「私家版 サッカー全史~日本サッカーvs.世界+世相」という、73頁にも及ぶ長い長い年表である。

 この年表は、著書の中で断っているが(237頁)、佐山氏が尊敬し、自身のサッカーライティングで参考にしたという、村松友視氏の名著『私、プロレスの味方です』。その巻末に掲載された、個人史と世相史とプロレス史を重ね合わせる体裁の年表を参考にしたものだ(引用「私家版 サッカー全史」掲載写真の特に左下を参照されたい)。
佐山一郎『Jリーグよ!』166~167頁

〔19〕20〔年=大正9〕|「新青年」創刊(■他競技〔野球,相撲,ラグビーなど〕と比べてサッカーの扱いは著しく少なかった。Why?)

佐山一郎「私家版 サッカー全史」@『Jリーグよ!』166~167頁より

Jリーグよ!―サッカー めざめの年に
佐山 一郎
オプトコミュニケーションズ
1993-12


 そして、サッカーライティングからの引退を宣言している佐山一郎氏が、その有終と位置付けた著作、2018年刊の『日本サッカー辛航紀~愛と憎しみの100年史』である。
 戦前の大学ラグビーは、半ばプロ化していた東京六大学野球の比ではなかったが、大衆のウケはよかった。ラグビーには、サッカーにはない相撲のぶちかましの要素〔?〕がある。戦前人気を博した都会派モダン雑誌「新青年」のスポーツ関連記事を調べて驚いたのは、サッカーに関するものがまるで見当たらないことだ。編輯〔へんしゅう〕部員の好き嫌いの問題だけでもなさそうだった。

佐山一郎『日本サッカー辛航紀』31~32頁

 余談だが文藝春秋のスポーツ専門誌『ナンバー』は、Jリーグ以前の1980年代、本当に「編輯〔へんしゅう〕部員の好き嫌いの問題」で、当時ブームにあったラグビーに熱烈に肩入れし、サッカーは(たとえ,それがW杯であっても)半ば差別的に扱っていた(後述)。

 その頃、日本の大学ラグビーの強豪校は、早稲田・慶應義塾・明治または関西の同志社といった伝統校。これらの大学出身のマスコミ人たちが、嬉しがってラグビーブームを過剰に囃(はや)し立てているのではないか……と、サッカーファンでもある小説家・村上龍氏が嫌味っぽく邪推していたのを、つい、思い出した。

サッカーより「日本人」の感性にかなっているラグビー?
 佐山一郎氏曰く、戦前のモダン雑誌『新青年』では、他のスポーツに比してサッカーはほとんど採り上げられなかった。それを読む限り、戦前の日本では、サッカーよりラグビーの方が人気があった。

 それでも、戦後、1960年代に入って「突然変異」的に勃興し、1968年メキシコ五輪で銅メダルを獲得した日本サッカー。しかし、1970年代に入って急速に失速・低迷していくと、ラグビーの方が、入れ替わるように人気スポーツになっていった。
  • プロフェッショナル化や商業主義を拒んだ、清廉な「アマチュアリズム」。
  • 選手権、なかんずく世界選手権(W杯)の開催を忌避し、誰がいちばん強いか? ……よりも、どちらが強いか? ……という価値観に拘(こだわ)った「対抗戦思想」。
  • 試合が終了すれば、敵・味方、勝った側(side)も負けた側(side)も無くなり、対戦相手の垣根を越えて、互いの健闘を称え会う「ノーサイド(no side)の精神」。
  • 英国伝統のオックスフォード大学vsケンブリッジ大学の定期戦に範をとった、毎年同じ日程で開催される、早慶戦・早明戦といった「伝統の一戦」。
  • 慶應義塾・同志社・早稲田・明治といった、競技の実力においても強豪校であり、新興校の安易な追随を許さない「伝統校」。
  • 接近・展開・連続の理念で知られ、海外の強豪との試合で日本のチームが肉迫してみせた、日本独自のプレースタイル「大西鐡之祐理論」。



 ……これら「紳士のスポーツとしてのラグビー文化」は、佐山氏の言う「相撲のぶちかましの要素」(?)だけでなく、同じフットボールでも、サッカーよりもラグビーの方が「日本人」の感性にかなっていると信じられた要素だった。

 しかも、「紳士のスポーツとしてのラグビー文化」には、戦前からの「連続」がある。佐山氏の言う『新青年』誌に表れた(サッカーに優越した)ラグビー人気と、1970年代に始まり、80年代に頂点に達し、90年代初めまで続いた、かつ文春『ナンバー』が煽った(サッカーに優越した)ラグビー人気との間には「共通項」があるのだ。

サッカーは日本人に受け入れられない!?
 翻(ひるがえ)って、サッカーはいかに?

 佐山一郎氏は、「ビートルズを観ない夜」@『闘技場の人』の中で、1966年頃の話として「サッカーの受容のかたちとしても,今〔1991年当時〕のラグビーフットボールに似た〈紳士のスポーツ〉というふうな初心〔うぶ〕なとらえ方だったと思う」と回顧している。

 その後、サッカーについて啓蒙されていくにしたがって、同じフットボールでも、ラグビーとは対照的な価値観を持ったスポーツであると、しだいに認識されるようになった。
  • オリンピックで称揚されたアマチュアリズムの限界を早々と見切り、プロフェッショナリズムを受け入れ、世界的な人気スポーツとして発展してきた。
  • 国際サッカー連盟も、各国のサッカー協会も、北米生まれのスポーツ(野球など)とも違い、プロ・アマともに統括する。
  • 21世紀では全くの死語であるが、日本ではサッカーW杯のことを「プロもアマも一緒に出場できる大会」だと言われていた。
  • 世界で最も人気のあるスポーツがサッカーであり、かつ世界中のほとんどの国で随一の熱狂的な人気を誇るのがサッカーである。
  • 各国の代表チームによる世界選手権=サッカーW杯は、ゆえにオリンピックをも凌ぐ世界最大のスポーツイベントである。
  • サッカーW杯に出場する各国(代表チーム)のプレースタイルは、それぞれの国の国民性や文化などの「お国柄」を反映したものであり、他のスポーツにはないサッカーの、なかんずくW杯の人気や面白さは、そこにある。
  • 世界各国の文化的な価値観を反映するのがサッカーだから、そこにはスポーツマンシップのみならず、ゲームズマンシップも顔を見せる。しかし、そんな清濁をも併せ呑む懐の深さがサッカーの特徴である。
  • サッカーでは、ファンが熱狂するあまり死人が出る。

The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli Universe Promotional Books
2019-03-26


サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


 しかし、ラグビーとは違い、これら「世界大衆のスポーツとしてのサッカー文化」は、日本ではなかなか受け入れられなかった。

 1970年代から80年代にかけて、日本のサッカーは、世界の潮流とは遠く離れ、国内ではマスメディアや一般のスポーツファンへの訴求力に乏しく、長い低迷に迷い込んでいた。
  • もともと日本においては、サッカーは歴史的に後発のスポーツであり、人気などで野球に先行され、ラグビーにも差を付けられていた。
  • 1968年メキシコ五輪で3位入賞(銅メダル)以降、サッカー日本代表が弱体化してしまった。W杯・五輪のアジア予選で敗退を続け、来日する欧州・南米のクラブチームにも惨敗を繰り返した。
  • 日本のサッカー選手の技術レベルも低く、魅力的なサッカーを展開できなかった。
  • Jリーグ以前の日本サッカーリーグは「地域に根差していない企業チーム」であり、一般のスポーツファンが感情移入しにくいものであり、不人気だった。
  • 日本サッカーは「プロ化」という懸案を抱えていたが、以上のような理由で、日本スポーツ界のアマチュアリズムを克服することが出来ず、これに前進することができなかった。

『ホームラン』1992年2月号(2)
【Jリーグ以前の日本サッカーの光景@『ホームラン』1991年2月号】
 だから、佐山一郎氏や村上龍氏のように「サッカーの面白さは,日本人には理解できない.日本代表は強くならないし,日本サッカーの人気も出ない」という、サッカー関係者が沢山いた。

みにくいアヒルの子「サッカー」?
 ラグビー推しの文春『ナンバー』の表紙を、初めてサッカーが飾ったのは、1984年、元日本代表、メキシコ五輪銅メダリスト、同大会得点王の釜本邦茂の引退特集だった。佐山一郎氏は、この時の内部事情を『日本サッカー辛航紀』に著(あらわ)してある。
 同年〔1984年〕八月二五日土曜夜に不世出のストライカー釜本邦茂の引退試合が、六万二〇〇〇人で満員の国立競技場で行われた。〔中略〕

 この引退試合は「スポーツ・グラフィック・ナンバー」(文藝春秋)が表紙にサッカー選手を登場させた最初の号だった。八四年九月五日発売の当該号は、創刊から丸四年が経つ一〇七号、刷り部数も相当に慎重どころか、最小レベルに抑えたという。

佐山一郎『日本サッカー辛航紀』136~137頁



 実際、この時の釜本引退特集・日本サッカー特集は、当時の日本サッカーの低迷した状況にあって、売れなかったとされる。

 もっとも、当時の読者だった、あるオールドサッカーファンに言わせると……。
 「あの特集は,結局,サッカーファンならみんな知っている,メキシコ五輪の思い出話にすぎなかった.

 『ナンバー』は,あの頃,日本サッカーの長年の懸案になっていた〈プロ化〉問題や、弱体の日本代表をはじめ、低迷する日本サッカーをどうするか……といった問題に果敢に斬り込んでいく感じがしなかった.

 あれでは、普通のあの雑誌の読者はもちろん,当のサッカーファンにも食いつきが悪かっただろう」
 ……とのことであった。

 とにかく文春『ナンバー』編集部は、これでサッカーは売れないと思ったらしく、1986年のメキシコW杯も、半ば黙殺の扱いをする。


 一方、翌1987年の第1回ラグビーW杯では、文春『ナンバー』は別冊を組んで特集した(上記リンク先から「1987年」までたどってください)。ずいぶんと露骨に待遇が違うものである。当時の感覚でいっても、W杯ではラグビーよりサッカーの方が、マスコミの関心度も高かったはずなのだが。

 『ナンバー』は、マイナースポーツだから採り上げないというワケでは、必ずしもない。1980年代当時、暴走族と同一視されていたモータースポーツ(四輪,二輪とも.上記ツイッター参照)を、『ナンバー』は積極的に特集し、後のブームの一翼を担っている。しかし、サッカーに関しては、Jリーグ以前に先行して採り上げたという印象は薄い。

 要は『ナンバー』編集部に、サッカーに思い入れのある「編輯〔へんしゅう〕部員」がいれば、少しは状況が違っていたのではないか? あるいは、当時『ナンバー』のサッカーライターの一番手は佐山一郎氏だったが、心情的に屈折に屈折を重ねた佐山氏ではなく、例えば、故富樫洋一氏だったら、少しは状況が違っていたのではないか?

ブームの後遺症に苦しんだ日本ラグビー
 しかしながら、佐山一郎氏は、かつてラグビー人気でサッカーに優越できた「要因」そのものが、後にラグビーを低迷させた「要因」に転じたことを理解しているのだろうか。日本のラグビーは、長年にわたるラグビーブームの「後遺症」に苦しんだのである。

 すべてのキッカケは、1987年に始まったラグビーW杯だった。ラグビーが世界化するにしたがい、ラグビーというスポーツの在り方大きく変容した。「紳士のスポーツとしてのラグビー文化」も、その真実と虚構の違いも分かってきた。

 世界選手権(W杯)の浸透によって「対抗戦思想」は後退した。また、やせ我慢の「アマチュアリズム」も限界に達しており、1995年南アフリカW杯は事実上プロフェッショナルによる大会となっていた。大会直後、国際ラグビー評議会は(現ワールドラグビー)、ラグビーのアマチュア規定を撤廃。プロ化と商業主義に大きく舵を切った。

 日本のチームでプレーした海外の世界クラスの選手によって、「ノーサイド(no side)」という言葉が、英語圏諸国では半ば死語になっていることが明らかになった。むろん、ラグビーには特徴的なスポーツマンシップがある。しかし、他のスポーツと同じく、ゲームズマンシップも存在し、両者のバランスの上で成立していることが分かった。

 オックスフォード大学も、ケンブリッジ大学も、両校が対戦する「伝統の一戦」以外は、ラグビープレミアリーグの2軍クラスとレギュラーシーズンの試合を、それぞれ独自に組んでいる。これは、どこのカンファレンスにも所属していない、アメフトのノートルダム大学に近いもので、つまり、ラグビーの本場・英国には、日本でいうところの〈大学ラグビー〉が、実は存在しない!?

 日本のラグビーは、こうした世界の潮流から孤立し、あるいは引き離されて、没落した。それは、日本代表の1995年W杯の大惨敗、99年W杯の惨敗として現れる。日本のラグビーファンは「それでも,大学ラグビーの早明戦は面白いんだから……」という方向で逃げたというが、それも以前のような集客はできなくなっていった。

 これは、巨視的には、日本ラグビー界が初心(うぶ)に信じていた「紳士のスポーツとしてのラグビー文化」が足枷になっている。より具体的には、日本ラグビー界に特徴的な大学や大手企業のラグビー部が担い手なった「アマチュアリズム」の限界である(下記リンク先の著作を参照)。

ラグビー従軍戦記
永田 洋光
双葉社
2000-06


ラグビー黒書―145点を忘れるな!
日本ラグビー狂会
双葉社
1995-12


 早慶戦・早明戦といった「伝統校」による「伝統の一戦」の固定的な日程は、レギュラーシーズンを長引かせ、日本代表の強化の時間が確保できないと批判された**。選手のフィジカルフィットネスの劇的に向上によって、純粋な「大西鐡之祐理論」だけで、日本のラグビーは海外の強豪と渡り合っていけないことも分かってきた

 こうした条件を乗り越えて、日本ラグビーが活気を取り戻すのは、エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ=監督)率いる日本代表が、2015年ラグビーW杯で活躍するまで待たなければならない。

東京高師のサッカーと慶應義塾のラグビーの違い
 戦前の日本では、サッカーよりラグビーの方が人気があった。こう言われても、当ブログに反駁するだけの材料はない。この件に関して、個人的に日本のサッカー史・ラグビー史を調べてみても、理由はよく分からなかった。もっとも、佐山一郎氏は「日本人・日本文化とサッカーというスポーツの相性の悪さ」を主張したいのだろうが。

 一方、それなりに理解できたこともある。

 よく言われる、明治初年の海軍兵学寮(海軍兵学校の前身)や工部大学校(東大工学部の前身)に伝えられたフットボール***というのは、その後の日本で展開されるサッカーとは、直接つながっていない。これらの系譜は、後が続かず途絶えている。

 現在の日本サッカーの直接の起源は、東京高等師範学校(東京高師,筑波大学の前身)で、海軍兵学寮や工部大学校よりも少し遅れて始まったもの。今ある日本のサッカーは、全部その「血脈」(仏教用語で「けちみゃく」と読む)である。


 一方、現在の日本ラグビーの起源は、1899年(明治32)に慶應義塾で始まったことが定説となっている。

 東京高師のサッカー、慶應義塾のラグビー。どちらもエリート校であるが、この違いは全国の普及度、競技人口の差となった。

 師範学校とは、要するに学校の先生(教師)を要請する高等教育機関である。東京高師~筑波大学のOBたちは、教師として赴任した全国の学校(旧制中学など)でサッカー部を創ることを自らの使命とした……。実際、以前の筑波大学蹴球部(サッカー部)の公式ウェブサイトには、こんなことが書かれてあった。

 対して、慶應義塾のOBには、あくまでイメージであるが、草深き田舎に仕(つかまつ)ってまで、ラグビーの普及に勤(いそし)しむというイメージが涌(わ)かない。そのためか、21世紀の現在では、県単位でラグビーの存続も危うい地方もあるほどだ。

 明治・大正・昭和戦前このかた、日本においてサッカーはラグビーに競技人口で差が付けられたことはない。そして、人気で野球に差が付けられたにもかかわらず、サッカーは、ラグビーその他の球技に優越して全国的な普及を果たすことが出来た。

 これは、後代のJリーグの創設に大きな意味を持って来る。

 もっとも、佐山氏は、競技人口うんぬん関係なしに「日本人・日本文化とサッカーというスポーツの相性の悪さ」を主張したいのだろうが。

あらためて,佐山一郎氏は村松友視氏から何を学んだのか?
 「村松友視さんが昔,『私、プロレスの味方です』を中央公論社の編集者時代に書いていましたけど,ああいうスタンスが理想というか出発点だったんです」……と、佐山一郎氏は、とあるインタビューで述べている(下記リンク先参照)。しかし、それは本当だろうか?


 本当に「プロレスの味方」村松友視氏を師匠筋とするならば、「自競技のみならず,日本のスポーツ界を刷新するべく起ち上げたのがJリーグなのだから,過去にサッカー人気がなかったとか,サッカーよりラグビーの方が人気あったなどという些末な〈伝統〉など関係ない」と居直ってみせるのが、真の村松友視流である(下記リンク先参照)。


 村松氏が「サッカー者(もの)」と名乗ったのに倣(なら)い、「サッカー者(もの)」と名乗ってみたり。村松氏の、個人史とプロレス史と世相史を重ねた年表(前掲の引用部分参照)を真似てみたり……。

 ……いろいろ見ていくと、佐山氏は村松氏の表面的な部分は模倣しているが、より本質的な部分を見習っていない。すなわち、プロレス(サッカー)を冷笑視する圧倒的多数の「世間」と対峙して、プロレス(サッカー)の価値を言いつのるという村松氏の意気地が、佐山氏には見られない。

アリと猪木のものがたり
村松 友視
河出書房新社
2017-11-20


 村松氏の言う「殺気」や「凄味」が、佐山氏のサッカー評論にはないのだ。

 あらためて、佐山一郎氏は、村松友視氏からいったい何を学んだというのだろうか。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ