スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

カテゴリ: ノンジャンル

ジリ貧が続くNHK大河ドラマ「いだてん」
 2019年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)」(毎週日曜日20:00~20:45,脚本・宮藤官九郎)の視聴率の低迷ぶりが、いよいよトンデモないことになっている。

▼NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)』

 当ブログが「〈いだてん〉視聴率惨敗! このままいくと歴代最低視聴率大河ドラマになるッ!」と煽ったのは、今年の2月初頭。その直前の放送回、1月最終週の第4回の関東・首都圏の視聴率は、それでも2ケタの11.6%はあった(下記リンク先参照.これはこれでNHKの看板番組=大河ドラマとしては,あってはならない酷い数字なのだが)。

▼NHK大河ドラマ「いだてん」に漂う玉木正之的スポーツ観と,その克服(2019年02月03日)

 それが2月に入って、視聴率が1ケタに下がる。こんなに早い時期の1ケタ転落も、NHK大河ドラマとしては壊滅的な出来事で人々を驚かせた。さらにその後もジリジリと下がって、8月11日放送分では、関東・首都圏の視聴率がついに5.9%(関西地区では5.2%)まで下がった。

 しかも、「いだてん」の前枠の動物番組「ダーウィンが来た!」(19:30~20:00)と、「いだてん」終了直後に放送される「NHKニュース」(20:45~21:00)の視聴率が良好なのに対して、「いだてん」だけが目に見えて視聴率が低いのである。

▼「いだてん」最低視聴率でクドカンも大ピンチ 大河で脚本家が降板したのは1回だけ(2019年5月12日)

 これは、もう、明らかに視聴者が「いだてん」を避けていることがハッキリと分かる。

 このまま視聴率が下がり続けると、民放(民間放送)では「打ち切り」が検討されるという。けれども、視聴者からの受信料で成り立つNHK(公共放送)では、そのような事態はなさそうである。

「日本人とオリンピック」のはずが落語家の人生を見せられる
 「いだてん」の視聴率が悪いのは、ひとえに「つまらない=面白くない」ことに尽きる。その理由は、これまでさんざん論じられてきたので、多くはここで繰り返さない。が……。


 ……視聴者は、初め、この大河ドラマは「日本人と近代スポーツの歴史,日本人とオリンピックの歴史」を描くものだと思っていた。そのナレーションを、ビートたけしが演じるところの往年の落語の名人・古今亭志ん生(5代目)が担うのだと思っていた……。

 ……ところが、「いだてん」の物語は、日本の近代スポーツ史と全く接点のない落語家・古今亭志ん生(5代目)の、まるで自堕落な人生の描写に大きく時間を割(さ)き、この2つが並行して描かれていた。

古今亭志ん生(5代目)
【古今亭志ん生(5代目)】

 ほとんどの視聴者は、これには完全に面食らった。そして「いだてん」の視聴から脱落していった。

 このドラマの脚本担当・宮藤官九郎(クドカン)の本当の狙いは、「日本人と近代スポーツの歴史,日本人とオリンピックの歴史」の大河ドラマに事寄せて、志ん生(5代目)の一代記を描くことにあったとまで邪推されるほどである。

 誰も、少なくともこの大河ドラマで志ん生(5代目)の人生を視たいとは思わない。それは別の枠のドラマで描けばいいし、その方がもっと良いテレビドラマができるはずだ。

 それならば。クドカン宮藤官九郎が、視聴者を置いてきぼりにしてまで執拗に拘(こだわ)っている、この「落語」の視点から「いだてん」の「つまらなさ」の理由(わけ)について斬り込んでいけるのではないか……と、ふと思い当たることがあった。

本多勝一の「落語論」から
 今回、参照するのは、落語評論家の評論文ではなく、ジャーナリストで元「朝日新聞」記者・本多勝一氏の著作『日本語の作文技術』である。この本に「自分が笑ってはいけない」という小見出しの箇所がある。

 「いだてん」は、なぜ面白くないのだろうか……。
自分が笑ってはいけない
 ……なぜおもしろくないのだろうか。この説明は落語を例にとるとわかりやすいと思う。

 中学生のころ私〔本多勝一〕はラジオで落語ばかり聞いていて、よく「また落語!」と父に怒鳴られたけれど、いくら叱られてもあれは魅力的な世界だった。ずっとのちに都会へ出て実演を見たとき驚いたのは、落語家たちの実力の差だ。ラジオでもちろんそれは感じたけれど、実演で何人もが次々と競演すると、もうそれはまさに月とスッポン、雲と泥にみえる。私が見た中では、やはり桂文楽〔8代目〕がとびぬけてうまかった。全く同じ出し物を演じながら、何がこのように大きな差をつけるのだろうか。もちろん一言でいえばそれは演技力にちがいないが、具体的にはどういうことなのか。

 落語の場合、それは「おかしい」場面、つまり聴き手が笑う場面であればあるほど、落語家は真剣に、まじめ顔で演ずるということだ。観客が笑いころげるような舞台では、落語家は表情のどんな微細な部分においても、絶対に笑ってはならない。眼〔まな〕じりひとつ、口もとひとつの動きにも「笑い」に通じるものがあってはならない。逆に全表情をクソまじめに、それも「まじめ」を感じさせないほど自然なまじめさで、つまり「まじめに,まじめを」演じなければならない。この一点を比較するだけでも、落語家の実力の差ははっきりわかる。名人は毛ほどの笑いをも見せないのに対し、二流の落語家はどこかに笑いが残っている。チャプリンはおかしな表情をクソまじめにやるからこそおかしい。落語家自身の演技に笑いがはいる度合いと反比例して観客は笑わなくなっていく。

 全く同じことが文章についてもいえるのだ。おもしろいと読者が思うのは、描かれている内容自体がおもしろいときであって、書く人がいかに面白く思っているかを知っておもしろがるのではない。美しい風景を描いて、読者もまた美しいと思うためには、筆者がいくら「美しい」と感嘆しても何もならない。美しい風景自体は決して「美しい」と叫んではいないのだ。その風景を筆者が美しいと感じた素材そのものを、読者もまた追体験できるように再現するものでなければならない。〔以下略〕

本多勝一『日本語の作文技術』第8章「無神経な文章」より


【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多勝一
朝日新聞出版
2015-12-07


 本多氏は、古今亭志ん生(5代目)よりも桂文楽(8代目)がお好みだったようだ。それはともかくとして、「いだてん」のつまらなさは、この引用文を少し改変しただけで、ほとんど説明できてしまうのだ。

二流の落語家=クドカン宮藤官九郎
 脚本のクドカン宮藤官九郎は、「笑い」や「ペーソス」、言い換えれば「おかしさ」をも込めて、大河ドラマ=歴史を「面白く」描きたい。

 その是非は別としても、これが大河ドラマの場合、それは「おかしい」場面、つまり視聴者が「笑い」や「ペーソス」を感じ入る場面であればあるほど、脚本家や演出家は「笑わず」真剣に、まじめに描かなければならない。

 他人(ひと)を「笑わせてやろう」というに時こそ、「笑わせてやろう」という素振りは見せてはいけない。

 優れた作り手は毛ほどの「笑い」をも見せないのに対し、二流の作り手はどこかに「笑い」が残っている。

 「面白い」と視聴者が思うのは、描かれている「ドラマの内容自体が面白い」ときであって、「脚本(宮藤官九郎)や演出がいかに面白く思っているか」を知って面白がるのではない。

 「脚本(宮藤官九郎)や演出がいかに面白く思っているか」の表れが、例えばドラマの演出に見られる小細工の数々だ。けれども、脚本や演出に「笑い」が入っている。「笑わせてやろう」という素振りが見えてしまっているので「面白くない」。とどのつまり「いだてん」は「面白くない」。

 脚本や演出に「笑い」が入る度合いと反比例して、視聴者は「笑わなく」なっていく。すなわち、視聴者の多くは「いだてん」の視聴から脱落していく。

「あまちゃん」は大ヒット作ではない!?
 いわば「自分から笑いだしている」二流の落語家が、「いだてん」脚本のクドカン宮藤官九郎である。落語に憧憬(どうけい)しながら、しかし、落語への真の敬意が欠落しているのが、「いだてん」脚本のクドカン宮藤官九郎なのである。

 「いだてん」のテーマは、大河ドラマよりも、むしろ朝ドラ(朝の「連続テレビ小説」毎週月~土8:00~8:15)の方がよかったのではないか……との声もある。だが、クドカンのあの「自分から笑いだしている」作風では、やはりダメである。

 同じクドカン脚本の朝ドラ「あまちゃん」はヒットしたではないか……という人がいる。しかし、すでに繰り返し指摘されていることだが、「あまちゃん」の視聴率は他の朝ドラと比べても相対的に低い。新しい視聴者を開拓したというけれども、既存の視聴者に視聴から逃げた層がかなりいるので、トータルの視聴率は高くないのである。

 それでも、この世界の片隅には、「自分から笑いだしている」二流の落語をさも面白いものであるかのように有難がる、声のデカい、スノッブな「層」が一定程度存在する。「あまちゃん」が、いかにも歴史的に傑出した朝ドラであるかのように煽ったのは、この人たちである。

 例えば、それは「ギョーカイ」といわれる世界の住人に多い。インターネットのポータルサイトを覗(のぞ)くと、これほどの低視聴率にもかかわらず「いだてん」の礼賛記事が未だに多い。そうした記事をこの人たちが書いているからである。

 この人たちには「バカな人にはとうめいで見えない布」が見える。

▼アンデルセン「はだかの王さま」青空文庫

 むろん、実際にはそんな「布」など実在しない。「あまちゃん」の正しい総括ができなかった、そんな「はだかの王さま」たち(クドカンやNHKの制作陣)が勘違いしたまま作ってしまったのが、大爆死の大河ドラマ「いだてん」なのである。

落語界こそ宮藤官九郎と「いだてん」を批判するべき
 「いだてん」が古今亭志ん生(5代目)に異常にフィーチャーすることで、かえってイメージが悪くなったのは、実は落語(落語界)の方である。

 「いだてん」の視聴を避けた視聴者は、落語に悪い印象を抱いてしまったいる。これが、まずひとつ。

 もうひとつは、「いだてん」が、ある意味で壮大な「落語」なのだとしても(クドカンは,さまざまに張り巡らした「伏線」を最後に「回収」して,壮大な「オチ」を付けるつもりなのだとも……)、前述のとおり、あれは「二流の落語」にすぎない。

 宮藤官九郎と「いだてん」は、落語の面汚しなのだ。

 落語界の住人こそ、宮藤官九郎と「いだてん」を批判するべきである。

 それとも、落語界もまた、クドカン的なるものを有難がるスノビズムに頭をやられているのか、はたまた「いだてん」を放送する公共放送=NHKに対する忖度があって、これを批判できないでいるのだろうか。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 FIFAワールドカップにおける賞金(報酬)を男女同額にするべきだと主張している、サッカー女子アメリカ合衆国(米国)の主将ミーガン・ラピノー選手。彼女の主張は、実際のところ、本場ヨーロッパの、特に主要サッカー国の関係者の間で、どれだけまともに相手にされているのだろうか。あるいはされていないのだろうか。

 ラピノー選手のこうした話題を掲載し、視界に入ってくるのが、BuzzFeed Japan であるとか、ニューズウィーク日本版であるとか、ハフィントンポスト日本版とかなので、国際サッカー界主流の本音がかえって見えにくいのである(わざわざ調べようという気もない)。

 同じサッカーW杯でも男・女では収入に大きな差があるし、また、プレーのレベルも異なる。当然、それに比例して男・女では報酬が異なる。

 女子サッカー選手の収入が男子サッカー選手のそれよりも低いのは確かだが、彼女たちが抱えている問題は、男・女にかかわらず、むしろマイナースポーツ一般に共通する問題である。これは男・女の格差の是正ではない。つまりメジャースポーツとマイナースポーツの収入格差を無理やり同格にするような話で、だから話の筋が違うのではないか……。

 ……とか何とか、いろいろと「草の根」では意見があるのだが、何分、公的なサッカー関係者となると政治的に正しい意見にはいろいろと異論を立てづらいのかもしれず、よく分からないのである。

 サッカー女子アメリカ合衆国代表は、2019年6~7月に開催されたフランスW杯で優勝した。米国では「優勝」したスポーツの選手やチームは、大統領がホワイトハウスへ招待し、訪問した選手やチームは大統領を表敬する習慣があるらしい。

 しかし、当代アメリカ合衆国大統領は、性的マイノリティーを否定する、きわめて保守的なドナルド・トランプである。一方、ラピノー選手は、性的マイノリティーである同性愛者であることを公言している。だから、ラピノー選手は「W杯に勝っても,くそったれのホワイトハウスになんか行くもんか」と、これを拒絶した。

 日本の商業捕鯨が再開されたので、捕鯨/反捕鯨問題の評論でも知られる三浦淳氏(新潟大学教授,ドイツ文学)の「反捕鯨の病理学」シリーズを読み直してみた。その第3回、反捕鯨派のロビン・ギル氏(在日米国人の文筆家で『反日本人論』『日本人論探検』などの著作がある)を三浦氏が批判している箇所が印象に残った。
 『日本人論探検』での彼〔ロビン・ギル〕の論法を見よう。まず彼は捕鯨問題における日本人の反応を偏頗〔へんぱ〕だとする。例えば、「英米人こそかつて鯨油のためだけに鯨を乱獲した張本人だ」「反捕鯨はレーガンの陰謀だ」という日本人の反応に対して、「過去にそれだけ悪行を重ねてきたのに、白人=人間至上主義を止めて、よりエコロジカルな信念に〔白人が〕変わったことを歓迎すべき〔!〕」「グリーンピースは革新的環境主義者であり、(…)ベトナム戦争に反対し、レーガンのことが大嫌い」と応じている。
  • ロナルド・レーガン(米国大統領,共和党,任期1981-89)
  • グリーンピース(世界的規模の環境保護団体,本部アムステルダム,1971年設立)
 日本側の反応に若干問題があるのは私も認めるが、それに対するギルの批判もおかしい。まず英米が反捕鯨を主張するようになったのは、経済的に引き合わなくなって捕鯨業から撤退した後になってからである。エコロジカルな理由で捕鯨を止めたのではない。むしろ経済的理由で捕鯨業から撤退していたからこそ、安心して反捕鯨をエコロジカルに主張できたのである。後で述べるが、こういう政治的駆け引きは72年のストックホルム国際環境会議で突如捕鯨問題が取り上げられたことにもつながっている。この辺の政治的洞察がギルには欠けている。

 もっともギルは、米国がイルカの保護に乗り出していること、その実現にあたってはイルカを巻き込むマグロ漁に反対して国民がツナ〔マグロ=鮪〕をボイコットしたことが大きいとしているが、この辺は甘ちゃんの寝言としか言いようがない。都市住民はいくら好物をボイコットしようがそれで食物がなくなるわけではない。しかしマグロ漁を行う漁民からすれば、マグロが売れないと生計そのものが危ういのである。その点で都市住民と漁民には大きな「権力」の差がある。自然をロマンティックに見る多数の都市住民の横暴に過ぎないものを美化するギルの論法を、右で挙げた『反=日本人論』でのファンダメンタリストやエコロジーに関する妥当な認識と比較してほしい。後退ぶりは明らかだろう。こと鯨イルカ類となると、ギルの知的レベルは大幅に低下してしまうのだ。

 レーガンとグリーンピースとの関係だが、ギルがレーガンを嫌っているらしいことはだいぶ後の(捕鯨とは無関係の)記述からも分かるが、嫌っていようがいまいがレーガンが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っていることをギルは忘れている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っているということだ。基本的にそれは「力による政治」である。反捕鯨はその意味で、ギルの嫌うレーガン流の政治そのものに他ならない。ギルはグリーンピースが反体制派であると言いたいらしいが、米国の反体制派が外国に向かって何かを主張する時、必ずそこには超大国たる自国の力が背景にあるのであって、そのことが分からないで自国反体制派を持ち上げるのはナイーヴに過ぎる。例えばアイスランドは、米国内での魚製品輸入ボイコットにあって捕鯨を中止せざるを得なかったが、逆のことが可能かどうか、ギルは考えてみるべきだろう。アイスランド国民が米国内の何らかの習慣を気に入らなかったとして、輸入ボイコットによって米国民の習慣を変えられるだろうか。ギルに欠けているのはこうした国家間の力関係への洞察であり、それは彼が根本的に政治音痴である証左なのである。

三浦淳「反捕鯨の病理学 第3回」
 突飛な、飛躍した、あるいは的外れな連想なのかもしれないが、レーガンもトランプも共和党の大統領だし、その政治スタイルはある意味で似ている。つまり「強いアメリカ」である。

 この文中のレーガン大統領とグリーンピースあるいはロビン・ギル氏の関係は、トランプ大統領とラピノー選手の関係に、かなりの程度で置換できるのではないか……などと考えてしまったのである。

 ラピノー選手が嫌っていようがいまいが、トランプが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っている。

 ラピノー選手は自身が反トランプであることをアピールしている。だが、米国人たるラピノー選手が外国に向かって、サッカー選手の男女同一報酬などを主張できるのは、必ずそこには超大国たる母国=米国、かつ世界の女子サッカーの超大国としての米国、なおかつ尖鋭的なポリティカルコレクトネス(ポリコレ,PC)の国=米国の政治力・権力が背景にあるからである。その点ではドナルド・トランプと似たようなものだ。

 そのことが分からないで、ラピノー選手を積極的に報じる(持ち上げる?)、BuzzFeed Japan やニューズウィーク日本版、ハフィントンポスト日本版のようなメディアは、少しナイーブではないのか。

 アナロジー(?)にも似た両者の関係に、皮肉じみたものを感じたのである。

 この度のサッカー女子アメリカ合衆国代表は、対戦相手への敬意を欠いた数々の不遜な振る舞いでも話題もしくは問題になった。この辺の行儀の悪さとラピノー選手の言動は、コインの両面にも思える。

 野球のアメリカ大リーグ(MLB,メジャーリーグ)では、試合において、対戦相手を必要以上にコケにしてはいけないというアンリトンルール(不文律)があるというのに、同じ米国でも随分違うものである。

 野球やバスケットボールの主流国は米国だが、サッカーの主流は欧州の主要国である。これらの国々のサッカー関係者が、女子アメリカ代表に関して、心の内で舌打ちしているのではないかなどと心配するのである。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ