スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

カテゴリ: 野球

内野席のネットの有無~日・米間の野球の違い
 日本の野球ジャーナリズムでは、発祥国たるアメリカ合衆国(米国)の野球、なかんずく大リーグ(メジャーリーグ,MLB)の流儀と何か異なっていると、それがスポーツとして、スポーツ文化として、犯罪的に間違っていることとして否定的な評価が下される。

 例えば、日本の野球場(球場)に設けられた内野スタンド(席)の観客防護用の「ネット」(網)での有無である。国の如何を問わず、公認野球規則上、本塁(ホームベース)の裏には「バックネット」(バックストップ)を設置が義務付けられている。しかし、一塁ベースまたは三塁ベースに近い内野席にはネットの設置は義務付けられていない。

 よく知られるように、米国の野球場の内野席には総じてネットがない。またファウルゾーンが狭い(下の写真参照)。

オラクルパーク野球場(アメリカ,サンフランシスコ)
【アメリカのオラクルパーク野球場(サンフランシスコ)】

 これは、観客の臨場感をより優先しているためと言われる。

 大リーグは長年、球場の内野席に防護ネットを設置しないことを〈伝統〉としてきた。選手と観客の間に境目(ネット)を設けないことは、ファンサービス精神の表れであるとされていた。

 一方、日本の野球場の内野席にはたいていネットが設けてある。また米国と比べてファウルゾーンが広めに設定されてある(下の写真参照)。

明治神宮野球場(日本,東京)
【日本の明治神宮野球場(東京)】

 これは、内野席に飛んでくるファウルボールの打球や折れたバットの破片などから、観客を守ることを優先しているためと言われている。

内野席のネットが大嫌いな玉木正之氏の言い分
 この、日本の野球場における内野席のネット設置の慣習を、アメリカ野球、大リーグの流儀を唯一絶対の判断基準として繰り返し断罪してきたのが、スポーツライターの玉木正之氏である。その玉木氏の批判の中から、最も本音に近く、かつ先鋭的と思われる1990年刊の新潮文庫『プロ野球大事典』から引用する。
ネット【net】
  1.  かつては、ファウル・ボールから観客を守るためのものだったが、現在では、観客から選手を守るために目的が変わった邪魔者
  2.  アメリカ大リーグのように、これをなくすれば、日本の観客も、もっとプレイに注目し、野球を楽しむようになるに違いない。それは危険だ……などというひとは、遊びにはつねに危険が付き物であるということが理解できないひとか、あるいは保安係の人件費をケチっている経営者である。ケガをしたらどうするんだ……などと心配する人は球場に来なければいい。そんなことでは観客に対して責任が持てない……と経営者がいうなら、ファウル・ボールに対して責任を負いませんと切符に書いておくだけで充分だ。バックネット以外にネットのない球場で、グラヴを持って野球を見に行きたいと切望しているのは筆者〔玉木正之氏〕だけか。
  3.  ネット(金網)は絶対に取り外せないというなら、引き分けなど廃止して金網デスマッチにしてほしい。
  4.  所沢西武球場をつくるとき、西武グループの総帥〔そうすい〕といわれる堤義明は、「バックネットがあるとゲームが見にくいから,なくせないものか」といったという。こういう堤オーナーの考え方は、常識破りのユニークな発想と称賛されているが、じっさいにバックネットを強化ガラスや強化プラスチックにした球場は存在した(サンフランシスコのシールズ・スタジアムやシンシナティのクロスレー・フィールド.しかし,汚れが目立って,いまは採用されていないらしい)。誰の考えることもそう大差はなく、「すごい発想だ!」などと誉めそやすひとの勉強不足(またはゴマスリ)である場合がほとんどなのだ。
玉木正之『プロ野球大事典』(新潮文庫)435~436頁



 野球と違って、世界各国の「お国柄」の違いには寛容なサッカーの在り方が、日本の人々に知れわたる前の1990年ごろのことであるから、玉木正之氏は、アメリカ大リーグを出汁(だし)にして、思う存分、日本の野球を罵倒している。

 例えば、内野席のネットを「観客から選手を守るために目的が変わった邪魔者」とか、「アメリカ大リーグのように,これをなくすれば,日本の観客も,もっとプレイに注目し,野球を楽しむようになるに違いない」とか論じるあたりは、日本野球の風潮で、もうひとつ玉木氏が大嫌いな存在である「応援団」に対する、玉木氏の当てこすりである。

▼アメリカ民謡『テキサス・ファイト』に日本の「応援団」文化の原点を感じた(2019年08月04日)

▼日本野球の「応援団」のルーツはアメリカの大学フットボールにあった!?(2019年05月02日)

 アメリカ大リーグが大好きな人たちは、大リーグの観客は、試合も見ずに歌い踊っているだけ(?)の日本野球の「応援団」などとは違って、試合に集中しており、またグラブを持参しているので、「危険」は少ない……と主張していたと言われている。

 また「遊びにはつねに危険が付き物である」というくだりは、ファクトやエビデンスよりもロマンチシズムを重んじる、玉木氏のスポーツライターとしての過剰なまでの思い入れを表している。

「ケガが怖いならメジャーの野球場には来るな」とは言えない時代
 ところが、ここ最近になって、大リーグの試合でもファウルボールの痛烈な打球が観客に当たり、重傷を負った。しかも、被害者の中には小さな子供がいた……という痛ましい事故が頻発している。

▼菊地慶剛「MLB球場にも防護ネットは必要なのか?」(2017/9/21)

 「ケガをしたらどうするんだ……などと心配する人は球場に来なければいい」……、いやいや玉木センセイ。もうそんな悠長なことを言っていられる時代ではないのですよ。

 野球という競技全体でパワーとスピードが向上していて、観客席に飛んでいくファウルの打球とて例外ではない。昔と違って危険度も高くなっている。その分、内野席の観客も自身の感覚だけで身を守ることが難しくなっている。

 それから、米国においても野球人気が下がっていると言われる。大リーグも、もはや〈伝統〉に拘泥している場合ではない。

 過(あやま)ちては改(あらた)むるに憚(はばか)ること勿(なか)れ……。

〈伝統〉ゆえのためらい~メジャー各球場の内野席ネットの設置
 ……2019年に入って、大リーグの球場の内野席にも観客防御用のネットを設置する例が出てきた。

▼ホワイトソックスの本拠地が内野席全体に防御ネットを設置 メジャーでは初めて[2019年7月23日]

ホワイトソックス本拠内野全席にネット設置 観客安全のため[2019年7月24日]

 報道では、大リーグ各球団は内野席にネットを設置する方向に動きつつあり、「MLB側は面目なし!?」とまである。

▼MLB側は面目なし!? 各球場が次々と防護ネットを張る[2019年7月28日]

 むろん、この件に関して日本が正しかった、米国が間違っていた……という強弁したいわけではない。しかし、アメリカ大リーグは常に正しく、大リーグは常に正しいのだから決して間違っていない……という風潮は、再考するべきではないかという意味である。

 一方、コミッショナーを筆頭とする大リーグ当局は、全球場の内野席にネットを設けることには消極的なようだ。

 この辺りは、理屈では悪いと分かっていても、なかなか変えられない。本の高校野球に似て〈伝統〉の持つ縛る力、悪い側面を感じる。

 大切なのは、観客の安全と健康である。内野席に安全用のネットを付けたくらいで、野球自体がつまらなくなることはないはずだが。

(了)



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

国ごとの文化の違い=多様性に寛容な「サッカー」と非寛容な「野球」
 サッカーのワールドカップなどで、ナイジェリア、カメルーン、セネガル、コートジボワール……といった、ブラックアフリカまたはサブサハラアフリカの国々のサポーターの応援・観戦のやり方を見聞きしていると、日本はむろん、ヨーロッパとも、ラテンアメリカとも違う、独特の、かなり耳慣れないリズムである。

 しかし、それがこれらの国々の人々のやり方=文化なのであって、自分たちのやり方と違うから、あるいはヨーロッパやラテンアメリカのやり方と違うからおかしい……と非難するのは、非常に失礼なことである。むしろ、世界の国や民族のさまざまな文化の違い=多様性に寛容なのが、サッカーの素晴らしいところであり、グローバルスポーツたる所以(ゆえん)である。

 ところが「野球」(ベースボール)というスポーツは、そうはならない。

 日本の野球ジャーナリズムでは、発祥国たるアメリカ合衆国(米国)の野球、すなわち大リーグ(メジャーリーグ,MLB)の流儀と何か異なっていると、それがスポーツとして、スポーツ文化として、犯罪的に間違っていることとして否定的な評価が下される。

スポーツ文化として犯罪的に間違っている(?)日本野球の「応援団」
 例えば、日本のスポーツの、なかんずく日本野球の「応援団」についてである。よく知られるように、米国の野球に「応援団」は見られないが、日本の野球……大学野球、高校野球、社会人野球、プロ野球には「応援団」の存在が特徴的である。

 この「応援団」、特にプロ野球(NPB)の「応援団」を、アメリカのプロ野球リーグである大リーグの流儀を唯一絶対の判断基準として繰り返し断罪してきたのが、スポーツライターの玉木正之氏である。その玉木氏の「応援団」批判の中から、最も本音に近く、かつ先鋭的と思われる1990年刊の新潮文庫『プロ野球大事典』から引用する。
おうえんだん【応援団】
  1.  野球を見るよりも、グラウンドに背を向けてドンチャン騒ぎをするほうが好きな観客たちが集まってつくった集団。
  2.  自分では何もできないくせに、何かをできる人物たちに声援を贈ることによって、彼らが何かをできるようになった、思い込むことができる幸運な連中が集まってつくった集団。
  3.  その発祥は、明治時代にスポーツをすすんで取り入れた大学と旧制高校であり、早慶戦の野球や隅田〔すみだ〕川レガッタといった試合が人気を集めはじめるとほぼ同時に、応援団の歴史は日本のスポーツの歴史と歩みをともにしている。
  4.  それは、スポーツを「やる人」と「見る人」が完全に分離した後の近代スポーツが分離していないスポーツの歴史、飛び入り自由の時代のスポーツの歴史が欠落しているため、「見る人」が専門化してしまったもだ。しかも応援団には、所詮〔しょせん〕主流(スポーツをやる人)ではなく、傍流(スポーツをやらない人)であるというコンプレックスだけは存在し、そのため、バンカラ、はぐれ者、あるいはヤクザといった、社会の傍流としての存在と似通った体質を持つまでになる傾向が生じた、といえるようにも思われる。*
玉木正之『プロ野球大事典』(新潮文庫)92頁


 悪し様な、まったく悪し様な表現の連発は、読んでいてかえってウンザリさせられる。玉木正之氏は、ただただ「応援団」が嫌いなのである。今、玉木氏が、NPBの「応援団」やJリーグのサポーターに向けて、ネット上で特に「2.」のような明白な嫌悪を著(あらわ)したら炎上必至である。

 引用文中のスポーツを「やる人/見る人」云々のくだりは、『オフサイドはなぜ反則か』で知られるスポーツ社会学者・中村敏雄氏(なかむら・としお,故人)の『メンバーチェンジの思想』を参考にしたとの由(よし)である(遺憾ながら,当ブログは未読)。

 玉木氏が、ここまで断定的にNPBの「応援団」を非難できるのは、何より、アメリカ大リーグの流儀とはハッキリ違うからである。大リーグは常に正しく、大リーグは常に正しいのだから決して間違っていない……という思考である。

日本野球の「応援団」は悪なのか?
 アメリカ大リーグ目線による日本野球の「応援団」文化への否定について、米国イェール大学教授(社会人類学,日本研究)で『虎とバット~阪神タイガースの社会人類学』の著者ウィリアム・W・ケリー氏は次のようにまとめている。
 こうした派手で熱狂的な〔NPBの〕ファンの解釈について、〔ロバート・ホワイティング氏のような〕アメリカの記者や訪日客は、……ある種の定型にはめて考えてきた。観光客はただそのスタイルを楽しみ、一方で〔玉木正之氏のような〕専門家は、ノンストップで騒ぎ続ける彼ら〔応援団〕のせいで〔アメリカ大リーグのように〕野球を〈正しく〉楽しめないと愕然とした。そして両者ともに、やはり日本人は集団に溶け込み、狂信的と言えるレベルにまで指示に従わないと安心できないたち〔国民性〕なのだとよく口にした。〔朱太字部分は原文では傍点付き〕

ウィリアム・W・ケリー『虎とバット~阪神タイガースの社会人類学』159頁


虎とバット 阪神タイガースの社会人類学
ウィリアム・W・ケリー
ダイヤモンド社
2019-06-20


 ケリー教授という人は、日本野球の解釈に関して「論敵」に当たるロバート・ホワイティング氏(日本在住の米国人ジャーナリスト,著書に『菊とバット』『和をもって日本となす』ほか)が「日本異質論」のリビジョニストだとすると、いわば「知日派」的なスタンスの人である。



 しかし、……と、ケリー教授は続ける。「ところがスタンドにじっくり腰を下ろして〔応援団が繰り出す〕応援に耳を傾け、〔阪神タイガースの〕ファンの話を聞くと、もっと複雑なタイガースファンの在り方が見えてきた」(同書159頁)。とにかく、「応援団」の観戦様式の実態は違う。
 それは(欧州サッカーのような)バリエーションと調和を兼ね備えた応援で、一本調子の退屈なものではなかった。打者から打者、イニングからイニングへと応援歌がスムーズに切り替わる流れが、試合終了まで続いた。確かに歌詞はありきたりで、選手を英雄視する言葉に凡庸〔ぼんよう〕な激励の文句を組み合わせたものだ。洗練性と独自性はあるが絶賛はしたくない。それでも、〔甲子園球場の〕ライトスタンド応援の意図や効果を無個性で退屈な文化だと断じるのは明らかな間違いだ。

ウィリアム・W・ケリー『虎とバット~阪神タイガースの社会人類学』160頁
 ひょっとしたら、ケリー教授も米国人であるから、日本野球の観戦スタイルに違和感があるのかもしれない。しかし、ここに描かれた世界こそ、英国の動物学者デズモンド・モリスが『サッカー人間学』(原題:The Soccer Tribe)で描き出した「サッカー部族の随行者」(サポーター)の姿に類似したものである。

サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


 ヨーロッパやラテンアメリカのサッカーのサポーターもまた、「自分では何もできないくせに,何かをできる人物たちに声援を贈ることによって,彼らが何かをできるようになった,思い込むことができる幸運な連中」ではないのか。

 日本野球の、少なくともNPBの「応援団」の生態はサッカーのサポーターに近い。アメリカ大リーグの観客とは違う。

 そう言えば、サッカージャーナリストの後藤健生氏は「サッカーのサポーターや観客と比べたら,野球をはじめとするアメリカのメジャースポーツの観戦は,日本の小学校の運動会の見物みたいなもの」などと『サッカーの世紀』に書いていた。

サッカーの世紀 (文春文庫)
後藤 健生
文藝春秋
2000-07


 その辺りを認めたくない、あくまで日本野球の独自の文化を悪習として断罪したいから、玉木氏はモリスの『サッカー人間学』が嫌いなのである。

日本の「応援団」文化はアメリカ起源
 ところで、玉木正之氏も、玉木氏と関係の深いロバート・ホワイティング氏も、日本の野球やスポーツ界の「応援団」の出現が、明治時代の大学・旧制高校であることは知っている。しかし、その起源については調べがついていないようだ。

 玉木正之氏、ひょっとしたら、先に引用したように「近代以前のスポーツ史が欠落した,日本のスポーツの観客のコンプレックス(嫉妬と書くこともある)が,〈応援団〉を発生させた」とでも、本気で思っているのだろうか(いかにも,実証やエビデンスを軽んじる玉木氏らしい「仮説」であるが)。

 あるいは、玉木氏、ホワイティング氏ともども、日本野球の「応援団」=日本的集団主義の表れだと無邪気に信じているのだろうか。

 それはともかく、先のケリー教授は興味深い説を紹介している。
 ……〔日本の〕野球の応援の原点は……、スポーツそのものと同じく海外に由来する。二〇世紀初頭、早稲田大学と慶應大学の野球部がアメリカに遠征し、そこで現地の大学の(特にアメフトの)応援に感銘を受け、使っているパターンや道具を詳細に書き留め、帰国後に自分たちの応援に採り入れた。やがて応援団は一つの部活動として独立し、激しくも規律正しい応援を通じて愛校心を示す伝統は、日本の高校や大学に広く受け継がれている。

ウィリアム・W・ケリー『虎とバット~阪神タイガースの社会人類学』162頁
 野球ではないが、日本野球の「応援団」のルーツは米国の大学フットボールにあったという話は、玉木正之氏やロバート・ホワイティング氏にとっては「不都合な真実」かもしれない。

マードックの入場曲『テキサス・ファイト』を聴いて納得する
 ケリー教授の説がおそらく正しいのだろう……と感じたのは、『ザ・プロレスリング完全版~日本プロレス激闘60年史』というCDを聴いた時だった。これは、ジャイアント馬場、アントニオ猪木、アブドーラ・ザ・ブッチャー、スタン・ハンセン、ブルーザー・ブロディ……といった、往年の名プロレスラーの入場曲を集めたアルバムである。

ザ・プロレスリング完全版~日本プロレス激闘60年史
インストゥルメンタル
ビクターエンタテインメント
2012-12-19


 その中に、ディック・マードック(Dick Murdoch,故人)の曲も収録されていた。


 その入場曲は、アメリカ民謡で、テキサス大学アメリカンフットボール部「ロングホーンズ」の応援歌という触れ込みの『テキサス・ファイト』という曲だった。

 なるほど、これを聴いたら、日本野球の「応援団」文化は、米国の大学フットボールの影響にあるというのが、非常によく分かるのである。


【theme dick murdoch】


【TEXAS FIGHT University of Texas Fight Song2】


【Texas Longhorns Fight Song (The Eyes of Texas/Texas Fight)】


【University of Texas Longhorns Fight Song】


【ディック・マードック入場テーマ曲「テキサスファイト」MonkeyFlipLIVE2016】

 軽快な曲の間奏部分でエールの掛け声が入るのも、日本の野球の応援で言う「チャンステーマ」や「ヒッティングマーチ」とよく似ている。

 ちなみに日本では、『テキサス・ファイト』は、NPBの西武ライオンズや社会人野球の西濃運輸の応援に使われている。

 また、スタンドが一体となった米国各大学のアメフトの応援は、日本野球の応援によく似ている。特に東京六大学野球リーグの、なかんずく早慶戦の応援・観戦文化は、たしかにアメリカ起源なのだろうと思わせる。


【Top 20 College Football Traditions/Chants】


【Top 10 College Fight Songs】

 米国のアメフトの応援を、日本の野球に移植して、何か悪いのか分からない。**

 それでも日本野球の「応援団」文化は、スポーツとして、スポーツ文化として間違っているとして、玉木正之氏はこれを断罪し続けるのだろうか?

世界に紹介された日本の「応援団」
 日本の「応援団」は野球のみならず、サッカーや駅伝など他のスポーツにも派生している。かなり古くなるが、先述の高校サッカーの「応援団」の姿が、先のデズモンド・モリスの『サッカー人間学』に掲載されている(見開きの「のど」にかかって見難いので,クリック→拡大してご覧ください)。

高校サッカーの学ラン応援団「サッカー人間学」88~89頁
【デズモンド・モリス『サッカー人間学』88~89頁より】

 モリス博士は、日本のスポーツ文化にある種の先入観がないのが面白い。玉木正之氏があれほど忌み嫌った日本の「応援団」を、著書を通じて
世界に紹介したのである。

The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli Universe Promotional Books
2019-03-26


 だから、玉木氏はモリスの『サッカー人間学』が嫌いなのである。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

犬も卒倒するホワイティング氏の日本野球論
 ロバート・ホワイティング氏(日本在住の米国人ジャーナリスト)の、『菊とバット』『和をもって日本となす』のような日本・日本人に対するステレオタイプと偏見に満ちた日本野球論・日本文化論は、どうにも苦手だ。むしろ、ゲンナリさせられる……という人は、スポーツライター・武田薫氏をはじめ意外に多い。

 そんな、犬も卒倒しそうな、ゲンナリさせられるホワイティング氏の日本野球論を、私たちスポーツファンは、またまた読む羽目になった。雑誌『東京人』2019年8月号の特集「近代スポーツことはじめ」である。


 そのタイトルは「アメリカ人は犠牲バントを好まない」である。翻訳を担当したのは、なぜか徳川宗家の徳川家広氏であった。それはともかく、内容は今さら紹介の必要もありますまい。いつもの、ホワイティング氏の、日本・日本人に対するステレオタイプと偏見に満ちた日本野球論・日本文化論である。

アメリカ人は犠牲バントを好まない…だから何なのだ!?
 「犠牲バント」とは、いかにもホワイティング氏が好んで採り上げそうな、きわめて「日本的」で「滅私奉公」的なニュアンスだが、実は英語の「Sacrifice bunt」の翻訳であって、昨今の日本語ではあまり用いられない。要するに「送りバント」のことだ。事実、Googleの検索ヒット数では「犠牲バント」よりも「送りバント」の方が多い。

送りバント(犠牲バント)を試みる打者
【送りバント(犠牲バント)を試みる打者】

 不思議なのは「〈アメリカ人〉は〈犠牲バント〉を好まない」という命題である。なぜなら、これは「華麗で攻撃的なサッカーを好む〈ブラジル人〉はイタリア的な〈カテナチオ〉の守備的サッカーを好まない」、または「勇敢なサッカーを好む〈イングランド人〉はイタリア的な〈カテナチオ〉の守備的サッカーを好まない」と同じくらい、ほとんど意味のない命題だからである。

 あるいは、日本経済新聞電子版には、スポーツライター・丹羽政善氏による「メジャーはなぜバントをしないのか 日米野球比較」という論評が掲載されている。
  • 参照:丹羽政善「メジャーはなぜバントをしないのか 日米野球比較(1)」2010/12/6
 これまた、「サッカーブラジル代表〈セレソン〉は,なぜ〈カテナチオ〉をしないのか?」とか、「サッカーイングランド代表〈スリーライオンズ〉は,なぜ〈カテナチオ〉をしないのか?」とかと同じく、ほとんど意味のない命題である。

 所変われば品かわる。国が違えば物事に関する好みが違うのは当たり前のことだ。ましてや、シングルスやダブルスではなく、9人、11人、15人……とチーム単位で、広いフィールドで行われる球技スポーツでは、国ごとにプレースタイルの好みが違ってくるのは、むしろ当然のことではないか。

 別の譬(たと)え方をすると、イタリアのサッカースタイルをブラジルやイングランドと異なるというだけで、これを上から目線で断罪しているのが、ロバート・ホワイティング氏(や玉木正之氏)の手口なのである。

イタリア・サッカーと日本野球の意外な(?)共通性
 イタリアのサッカーといえば、(超)守備的戦術にカウンターアタックでゴールを仕留めるスタイル「カテナチオ」である。最近はそのイメージもずいぶん様変わりしたというし、それ自体がステレオタイプの偏見に満ちた「まなざし」かもしれない。しかし、それでも、イタリア・サッカーといえば「カテナチオ」。「カテナチオ」といえばイタリア・サッカーなのである。

 サッカージャーナリストの後藤健生さんは、1994年アメリカW杯の取材から帰った後のトークイベントで「今回のアリゴ・サッキ監督のイタリア代表は,攻撃的で魅力的なサッカーをしていたが,それはまったく〈イタリア的〉でなくて,ちっとも魅力的ではない(笑)」などとジョークを嘯(うそぶ)いては笑いを取っていた。むろん、後藤さんはイタリア・サッカーに敬意を表して、そんな冗談を飛ばしたのだ。

 片や、日本野球の送りバントを多用するプレースタイル(仮に「日本型スモールベースボール」と呼ぶ)。こなた、イタリア・サッカーの守備的なプレースタイル「カテナチオ」。ともに「消極的」で「勝利至上主義」の好ましからざるプレースタイルのようにも言われることがある。

 少し脱線するが、細川周平氏や今福龍太氏といったポストモダン思想系(現代思想系,ポモ)のサッカー評論が跋扈(ばっこ)するようになり、ドイツのサッカーを「勝利至上主義」の権化として大袈裟に悪罵する以前は……すなわちベッケンバウアーらがプレーしていた頃は、西ドイツ(当時)のサッカーが「好ましいサッカー」をしていて、反面、イタリアのサッカーこそ「勝利至上主義の好ましからざるサッカー」だと非難さわれていた。



 事ほど左様、世上のイメージとはいい加減なものである。

 話を戻す。なぜ「カテナチオ」には今では悪いイメージがなく、しかし、なぜ「日本型スモールベースボール」には悪いイメージがついて回るのか。

 イタリアのサッカースタイル「カテナチオ」のルーツは諸説あるが、最も興味深いのは、日本在住のイタリア人文化人類学者ファビオ・ランベッリ氏が紹介しした説である。
 ……戦後イタリアのもっとも偉大なサッカー・ジャーナリストであるジャンニ・ブレーラ……によると、イタリアン・サッカー独特の技能・カテナッチョ(守備固め、文字通りには「ドアの掛け金」)は、劣勢の意識から始まったものだった。〔一九〕五〇~六〇年代には、ブレーラが言うようにイタリア人選手は栄養の少ない食事をとり、背が低く、北欧〔ドイツほか〕や南米〔ブラジルほか〕のチャンピオン・チームの試合では、身体的にも技術的にも劣位であった。この劣勢を乗り越えるために、カテナッチョという方法が工夫されたのである。

ファビオ・ランベッリ『イタリア的』222~223頁


 ジャンニ・ブレーラは、日本で言えば賀川浩氏と牛木素吉郎氏と金子勝彦氏(3人とも日本サッカー殿堂入り)を足したくらいの、本当に偉大なサッカージャーナリストである。
  • 参照:ダニエーレ・マヌシア(翻訳 片野道郎)「サッカージャーナリズムは最新戦術用語をどう扱うべきか?」2018.05.23
  • 参照:白鳥大知「伝統のイタリア・ダービーは激しい肉弾戦に。狙い通りの結果を手にしたのは?」2015年10月19日
 そんな人だけに、その考察は非常に重い。とにかく「カテナチオ」がイタリア人の、サッカーにおけるフィジカル(身体)やテクニック(技術)の劣等意識から始まったという説は面白い。「日本型スモールベースボール」もまた、アメリカ野球に対するフィジカルやパワーの劣勢・劣等意識から始まったのが、その起源のひとつとされているからである(玉木正之「4番打者論」@『プロ野球の友』など)。

 その意味では、イタリア・サッカーと日本野球には意外な(?)共通性がある。

日本野球こそ本来の「ベースボール」正統な継承者である!?
 アメリカ合衆国(米国)においても、もともと野球は「スモールベースボール」(スモールボール)こそが好ましいプレースタイルとされていた。スポーツライター・玉木正之氏『プロ野球の友』(1988年)に所収の「4番打者論」には、以下のような記述がある。
 アメリカのベースボール〔野球〕も、かつては……〈短打主義〉と、バント、ヒットエンドラン、スチールといった細かい作戦〔スモールベースボール〕が正統とされていた。ベーブ・ルースが投手としてデビューした1914年の新聞には、スポーツ欄のバッティング記録に、打率、犠打数、盗塁数の記載はあっても、ホームラン数など記録されていなかったくらいなのだ。さらに、ベースボール〔野球〕の正統派を自認するスポーツライターたちは、ホームランを姑息な手段と断じ、ホームランが増えれば作戦の面白さが失われ、野球が堕落すると警告し続けていた。

玉木正之「4番打者論」@『プロ野球の友』279~280頁
朱太字部分は原文では傍点(次の引用文も同じ)


プロ野球の友 (新潮文庫)
玉木 正之
新潮社
1988-03


 例えば、この「スモールベースボール」時代の、アメリカ大リーグ野球のスター選手が「球聖」ことタイ・カッブであった。玉木氏はさらに続ける。
 ところが、ベーブ・ルースが打者に転向し、1918年に11ホーマーの新記録(それ以前の記録は8ホーマー)、19年にファンの肝を抜く29ホーマーを打って、事態は一変した。白球が空高く舞い上がる美しさに対して、一般大衆が圧倒的な拍手で歓迎の意を表し、保守派の理屈は敗れ去ったのである。そして1920年に〔MLBの2大リーグのうち一方の〕アメリカン・リーグはボールの反発力を高めた〈飛ぶボール〉〔ライブボール〕の使用を決定。ルースが、その年54ホーマーを放ち、大リーグ〔MLB〕は、ホームラン時代、強打者〔スラッガー〕時代、「4番打者」〔クリンナップ・ヒッター〕による〈英雄時代〉の幕を開けたのだった。

 しかし、〔東京〕六大学野球の〈精神主義〉と〈短打主義〉のため、この大リーグの時代の流れは、一部の野球ファンの胸をときめかせただけで、日本の野球界にはまったくといいほど影響を及ぼさなかったのだ。

玉木正之「4番打者論」@『プロ野球の友』280頁
 しかし、この辺の事情は、野球ファンとしても有名な米国人の古生物学者スティーヴン・ジェイ・グールドの、これまた有名な科学評論「妥当な打者~四割打者の絶滅と野球技術の向上」(『フルハウス~生命の全容』所収)を読むと少し違う。

 それによると……。保守的なアメリカ野球界は、ベーブ・ルース台頭による「ホームラン時代」の到来を苦々しく思っており、本来であれば思慮深いルール改正を行って、これにストップをかけていたであろう。だが、当時は米国球界を揺るがした八百長スキャンダル「ブラックソックス事件」の最中であり、米国球界は人気回復のために大衆迎合路線を取らざるを得ず、これを許容してしまった。

 だから「スモールベースボール」は下火になっていった……というのだ。

 これをもって、グールドは「タイ・カッブもうんざり」と書いている。

ベーブ・ルース(左)とタイ・カッブ(1920年)
【ベーブ・ルース(左)とタイ・カッブ】

 米国と地続きではない日本で、かつサッカーやラグビーのような英国系球技のような活発な国際交流もない野球のようなスポーツ(後述)で、日本野球が単純に「ホームラン時代」へと移行しなかったのは、むしろ当然と言える。

 ちなみに、米国人の日本野球観と言うと、ホワイティング氏のようなステレオタイプと偏見に満ちたものばかりと思われがちだが、そうでもない。この故グールド教授や、『虎とバット』の著者ウィリアム・W・ケリー教授(イェール大学,文化人類学,日本研究)のように、歪みのない「まなざし」で日本野球をとらえる人もいる。

虎とバット 阪神タイガースの社会人類学
ウィリアム・W・ケリー
ダイヤモンド社
2019-06-20



プロ野球観戦学
時事通信社
1999-07


 すなわち「日本型スモールベースボール」の起源のひとつとして、米国にあった「スモールベースボール」が、変容しつつも保存されていたという仮説も成り立つのである。

セイバーメトリクスによる「送りバント」批判は机上の空論(?)である
 あらためて、なぜイタリア・サッカーの「カテナチオ」には悪いイメージがなく、なぜ「日本型スモールベースボール」には悪いイメージがついて回るのか。

 要するに、サッカーにはオーソライズされたナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会(FIFAワールドカップ=W杯)があるけれども、野球にはそのような国際試合や世界大会が存在しないからである。

 イタリア・サッカーは昨今こそ低迷気味とはいえ、何のかんの言ってもW杯で優勝4回。勝負強いサッカーのドイツには不思議と強く、華々しいサッカーのブラジルの攻撃をガッチリ受け止めては、しばしばこれらのサッカー大国に勝ってきた。だから、守備的だろうが勝利至上主義だと言われようが、イタリアのサッカーは世界的な敬意を受ける。

 一方、野球には「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)なる、ナショナルチーム同士の対戦による世界大会があることにはあるし、日本はこの大会を、第1回(2006年)、第2回(2010年2009年)と連覇はしている。

 しかし、WBCは、権威づけられた大会ではない。第1回開催が21世紀に入ってからと、歴史的に遅く始まったためもある。しかし、それ以上に、WBCの事実上の「主催者」であるところの「アメリカ大リーグ」(MLB)に、WBCを権威的な大会にしようという姿勢がまったく見られないためでもある。だから、日本野球は国際的な評価を受けることは少ない。

 従来の打率や打点、防御率といった従来の野球の指標より、さらに精緻な統計である「セイバーメトリクス」の観点から分析しても「送りバント」は、やはり不合理な戦法だという指摘=批判もある。
  • 参照:菊田康彦「送りバントは〈消えゆく戦術〉なのか!? MLBで激減する理由を探る」2017年9月14日
 敢えて言うが、「実践」もないまま、こうした議論をいくら積み重ねても所詮は「机上の空論」にすぎない。「実践」とはひっきょう「オーソライズされたナショナルチームによる国際試合,世界大会」のことであり、その「場」において有効性なり無効性なりが「実証」されないかぎり、日本野球から送りバントが減ることはない。

各国ごとの「多様性」を認めないアメリカ・メジャーリーグ
 繰り返すが、イタリア・サッカーの「カテナチオ」に悪いイメージがないのは、サッカーというスポーツが、プレースタイルや観戦文化などで「多様」な在り方を併せ呑み、かつW杯などナショナルチームの「実践」の場において有効性が「実証」されていたからである。

 翻って「日本型スモールベースボール」にどこか後ろめたいイメージがついて回るのは、野球というスポーツがアメリカ大リーグ(MLB,メジャーリーグ)の流儀以外を「異端」と見なす風潮があり、かつWBCなどナショナルチームによる国際試合や世界大会がオーソライズされておらず、「実践」の場として機能していないからである。

 日本の野球ジャーナリズムでは、日本がアメリカと違っていると、そのこと自体がスポーツとして犯罪的に間違っていることにされてしまう。しかし、それは世界的で多様な「サッカー」的な視座からすると、ずいぶんとおかしな話である。

 独善的な一国主義で視野狭窄的なアメリカ野球界、そして米国人のロバート・ホワイティング氏には、そうした問題性は理解できないのであろう。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

英国にも野球文化があった!?
 2019年6月29日・30日に開催予定、野球のMLBアメリカ大リーグ英国ロンドン公式戦の前人気は上々と聞く。結構なことである。そして、これは大リーグ当局による、野球の世界(特にヨーロッパ=欧州)への普及・進出を図る第一歩ということになるという。


 はたして、野球の「ヨーロッパ進出」は成功するのだろうか? 当ブログは、日本人論・日本文化論に基づいた「日本人サッカー不向き論」の類には頑強に抵抗してきた。だから、野球それ自体が英国人・ヨーロッパ人の文化・気質に合わないので、これに失敗するだろうという立場はとらない。

 かつて、イングランドサッカーのダービーカウンティFCの本拠地の名前が意外にも「ベースボールグラウンド」だった。何でまた? 昔、英国にも「野球」のセミプロリーグがあり、それなりに人気があった時代があった名残りである。この英国野球リーグの話は、軍司貞則氏の『もうひとつの野球~ヨーロッパ球界地図』(1980)に登場する。

もうひとつの野球―ヨーロッパ球界地図 (1980年)
軍司 貞則
ベースボール・マガジン社
1980-07


 しかし、1929年の世界大恐慌でダメになったという。歴史的に、野球が北米・中南米カリブ海・東アジア以外にも普及する芽はあったのだ。だから、野球が欧州に普及する原理的な可能性は否定しない。それに関して「道具」や「指導者」については問題ないだろう。が、一番の難題は「マウンド」や「ダイヤモンド」が常設された、常に野球に使える「野球場」の確保だろう。

 しかし、別のある理由から、その蓋然性は楽観視できない……と、考える。

WBCとアメリカ大リーグの一国主義
 MLBのロンドン公式戦は、翌2020年にも開催されるとのことである。それは、エキシビションとしては成功するのだろう。しかし、それキッカケで野球が英国やヨーロッパに本格的に普及するかというと、正直なところ、よく分からない。

 どういうことか。英国(英連邦諸国を含む)やヨーロッパでは、サッカーやラグビー、クリケットなど、クラブチームのみならず、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界選手権(ワールドカップ=W杯)が権威づけられ、これらの国々のスポーツ文化において重要な意味を持ってきた。

 翻って、野球は(サッカーやラグビー,クリケット,アイスホッケーなどのように)複数の国にプロリーグがありながら、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会がオーソライズされていない、世界的にも特異な、ほぼ唯一の「チーム単位で行う球技スポーツ」である。

 一応、野球には「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)なる、ナショナルチーム同士の対戦による世界大会があることにはあるが、権威づけられた大会では全くない。第1回開催が21世紀に入ってから(2006年)と、歴史的に遅く始まったためもある。しかし、それ以上に、WBCの事実上の「主催者」であるところの「アメリカ大リーグ」に、WBCを権威的な大会にしようという姿勢が見られないからである。

 否。そもそも、WBCなどというものは、所詮、エキシビションにすぎない「ワールドカップごっこ」である。日本(笑)とか、キューバ(笑)とか、ドミニカ共和国(笑)とか、あの辺の連中は躍起になってWBCに勝ちに行くが、アメリカ大リーグの目線から、そんな有様を見ていると滑稽でたまらない……。

 ……MLBアメリカ大リーグが、アメリカ合衆国の野球が「世界一」なのは自明のこと。MLBの選手権試合を「ワールドシリーズ」と名乗るのは(だかだか国内リーグにもかかわらず)、むしろ当然ことだ。アメリカ大リーグは全く充足している。これ以上の高い次元を求める必要など感じていない。今さらアメリカ合衆国は、代表チームでWBCの優勝をガムシャラに狙うつもりなどない……。

 ……みたいな話を、日本の野球論壇では「大リーグ通」と目される書き手が、さも訳知り顔に紹介することが、よくある。


 WBCのオーソライズを阻む要素は、まだまだある。この大会は、春季、アメリカ大リーグの公式戦シーズン前に開催される(サッカーW杯のように,本来ならばMLBのシーズン終了後に開催するべきなのだが)。だから、大リーグ各球団としては、有力な選手がWBCにシャカリキになって怪我をしたり、消耗したりしては困る。本音を言えば、WBCみたいな「三流の大会」になど出場してほしくない。
 また、野球には、サッカーのように、クラブチームがナショナルチームに選手を提供する場合のルールが確立されていない(はずである)。同じ日本人でも、サッカーの久保建英選手は日本代表としてFIFAワールドカップに出場できる。しかし、野球の大谷翔平選手や田中将大選手は日本代表としてワールド・ベースボール・クラシックに、事実上、出場できない(はずである)。

 度し難い米国野球界の一国主義であるが、そこにこそ、英国・ヨーロッパで今後とも野球が普及が難しいであろう「遠因」がある。それは何か……。

サッカーW杯における「資源の再配分」機能
 ……サッカーやラグビー、クリケットなど、「チーム単位で行う球技スポーツ」において、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合やワールドカップは、形を変えた一種の「資源の再配分」(?)とでも言うべき機能を持っている。

 スポーツ界における大切な資源は、才能ある選手である。日本サッカーのJリーグならば、柴崎岳選手でも、大迫勇也選手でも、乾貴士選手も、ヨーロッパ各国のサッカーリーグに移籍して、何の見返りもなかったら、日本のサッカー界にとっては、単なる取られ損になってしまう(各々のJクラブが欧州のクラブから移籍金が取れる・取れないという懸案は不勉強だし,ここではしない)。

 ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合やワールドカップは、欧州サッカー界がかき集めた「資源」を、提供してくれた国や地域(のサッカー協会)に対して、不完全な形ではあるが、見返りとして、一時的に返還(再配分)する機能がある。

 欧州サッカーが「UEFAチャンピオンズリーグ」を頂点としたクラブシーンのみであったら、サッカーは、NFLやMLB、NBAといった北米のプロスポーツの亜流でしかなかった。やはり、何のかんの言っても、FIFAワールドカップは、サッカーの世界性を支えている。

 反面、野球のアメリカ大リーグは、自分たちだけが肥え太るだけで、選手(資源)を提供してくれた国(日本や中南米カリブ海諸国など)に対する見返りがない。WBCという野球の世界大会は、そうした機能を有していない。「野球はアメリカ合衆国の国民的娯楽」というけれども、現状では米国民のためだけの「国民的娯楽」でしかない。

 英国(英連邦諸国を含む)やヨーロッパでは、サッカーやラグビー、クリケットなど、クラブチームのみならず、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界選手権が権威づけられ、これらの国々のスポーツ文化において重要な意味を持っている。

 したがって、その国際試合や世界大会(WBC)を、軽視し、邪険に扱う、アメリカ合衆国のスポーツ=野球、アメリカ大リーグだけで「世界一」を決定する野球を、これから英国・ヨーロッパに再紹介して、普及するとは考えにくいのである。

間違いだらけの野球の国際試合
 米国在住のスポーツライター・四竈衛(しかま・まもる)氏は、アメリカ大リーグには、世界的な野球の普及に関して、門戸の開放、選手の才能の伸びゆく可能性を消さない姿勢、損得だけでは計れない将来的な海外への投資など、さまざまな「懐の深さ」があると説いている。


 しかし、こと英国・ヨーロッパに野球という球技スポーツを普及させたいなら、あるいは本当に野球という球技スポーツを「世界的」したいなら、以上に述べたような理由で、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会をオーソライズしなければならない。そうでなければ、アメリカ大リーグは「門戸を開放」したとも「懐の深さ」を見せたとも言えない。

 そもそも、サッカーW杯のような世界大会ができるのはサッカーだけである。アメリカ大リーグは、サッカー式ではなくて、国際普及度に地域差がある野球という球技スポーツの実情に合った、ナショナルチーム(代表チーム)による国際試合や世界大会の在り方を、英国(英連邦諸国含む)から学び、模索するべきだった。

 例えば、ラグビーである。それを参考に思いつきの愚案を連ねてみるが……。
  •  ラグビーがそうだったように、初めから無理して(WBCのような)世界大会を開催する必要はない。例えば、かつてNPB選抜とMLB選抜による、いわゆる「日米野球」があったのだから、これを発展的に解消して、正規の日本代表vsアメリカ合衆国代表による国際試合(ラグビーやクリケットで言うテストマッチ)に格上げして、まずは経験を蓄積する。
  •  MLBの公式戦シーズン終了後に、国際試合月間みたいな日程を作る。
  •  米国国民はナショナルチーム(代表チーム)による国際試合に関心が薄いというならば、野球の米国代表は、ラグビーの英国&アイルランド合同代表チーム「ライオンズ」のように、海外遠征専門でもよい。定期的に東アジア諸国や中南米カリブ海諸国(さらには欧州のイタリアとオランダ?)に遠征する。
  •  そうした国際試合におけるビジネスモデルは適宜考える。しかし、即効性がなくても、MLBが中南米カリブ海諸国に野球アカデミーを作ったことと同じく、これは「損得だけでは計れない将来的な海外への投資」と心得る(かつ,これは「資源の再配分」である)。
  •  北米・東アジア・中南米カリブ海(プラス欧州への足掛かりとしてのイタリアとオランダ?)による12か国くらいの、強さと人気・伝統を兼ね備えた野球「主要国」と、それ以外の野球「発展途上国」に分けて、国際試合や国際大会を行う。
  •  「発展途上国」の国際試合や国際大会には、「主要国」はフル代表ではなく、格下の(例えば若手や二番手選手の)代表チームを編成・派遣して、「発展途上国」との力量のバランスをとり、国際的な普及を図る。
  •  その上で、機が熟したら、そしてどうしてもやりたいならば、ワールド・ベースボール・クラシックのようなナショナルチーム(代表チーム)による世界大会を開催する。
 ……と、思い返してみるに、アメリカ大リーグ当局は、こうしたプロセスを経ることなくWBCや、MLB公式戦ロンドン開催を始めてしまったわけである。

 傍目で見ていて、優れたアイデアを繰り出してくる大リーグ当局にしては、いかにも拙速であり、賢明さを感じない。MLBの欧州進出は、エキシビションとしての成功以上になるとは、考えにくい。

 アメリカ大リーグは、世界展開に関して、インドのクリケット選手とマイナー契約を結ぶことより、もっと重要な、やるべきことがあったはずだ。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 2019年6月29日・30日に開催予定、野球のMLBアメリカ大リーグ英国ロンドン公式戦の前人気は上々と聞く。


 同様のロンドン公式戦は、翌2020年にも開催されるという。そして、これは大リーグ当局による、野球の海外への普及・進出を図る第一歩ということになるとも聞く。


 英国・ヨーロッパの人たちも、初めは、素朴に投げた・打った・走った・捕ったの「ワーワーベースボール」を楽しむだけでもいいだろう。しかし、例えば……。
  1. ダイレクトの打球がそのままファウルゾーンに落ちたら「ファウル」。
  2. グラウンダーの打球が一塁ベースまたは三塁ベースより〈前〉でファウルゾーンに転がっていったら「ファウル」。
  3. グラウンダーの打球が一塁ベースまたは三塁ベースから〈後〉でファウルゾーンに転がっていったら、これは「フェア」でヒット。
 ……平均的日本人男性ならば、野球に関して、以上の事柄の違いを皮膚感覚的に弁(わきま)えている(はずである)。

 だが、平均的ヨーロッパ人は、以上の違いをなかなか呑(の)み込めないようである。特に[2.]と[3.]の何がどう違うのか、いざ教えてくれと言われたら、平均的日本人男性でも意外と説明に窮(きゅう)する。

 野球がマイナーな欧州スペインで、スペイン人の野球選手(男性)が自分のガールフレンドに、くだんのファイルとフェアの違いの説明を試みる。が、そのガールフレンドはなかなか理解できず、イライラして遂には怒り出す……。

 ……という話が、大辻民樹(おおつじ・たみき)氏(放送作家,元高校球児,3年半にわたり欧州スペインの野球リーグでプレー経験あり)の著書『僕は助っ人エース~底抜けスペイン野球に体当たり』(1992年)の中に登場する。


 野球を、本当の意味で国際的に普及をさせるためには、英国・ヨーロッパの人たちが、前掲のファウルとフェアの違いのような、彼(か)の球技の機微(きび)にもっと通じるようにならなければならない。

 英国・ヨーロッパの人たちの野球観が、いつまでも「ワーワーベースボール」のままだったら、MLBのロンドン開催(ヨーロッパ進出)も、エキシビションとしての成功以上ではなかった……という評価になるのではないか。

(この項,了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ