男女日本代表敗退で再び火が付いた自虐的日本サッカー観
 1年前の今頃、2018年6月は……。サッカー日本代表はロシアW杯で惨敗するだろう。そして、またぞろネット世論を含めたサッカー論壇は、自虐的な日本サッカー観(日本人論・日本文化論から見たネガティブな日本サッカー観)で溢(あふ)れかえるだろう……などと、すっかり悲観的になり、喚(わめ)きたてていた。


 ところが、西野ジャパンは下馬評を覆(くつがえ)して1次リーグを突破した。本当に恥ずかしい。

 2018年ロシアW杯では、日本代表が一定の成果を収めたために、奇妙キテレツで自虐的な「サッカー日本人論」の類は、あまり流行(はや)らかなったように思われる(もっとも,NHKのドキュメンタリー番組「ロストフの14秒」での,イビチャ・オシム氏の首を傾げたくなるような発言はあったけれども)。


 しかし……。

 2019年6月になって、日本女子代表「なでしこジャパン」がフランス女子W杯のベスト16で敗退、男子日本代表がコパアメリカ(南米選手権)の1次リーグで敗退(さらに20歳以下の男子日本代表が,U20ワールドカップのベスト16で敗退)……という、各カテゴリーの日本代表が「不完全燃焼」で終わる事態が続き、前年は不発だった「火薬」=自虐的な日本サッカー観が、サッカー論壇で「再着火」している気配がある。

「決定力不足」という「日本人」の病!?
 男女の日本代表とも、共通の課題があるとされていて、例えば「決定力不足」である。


 宇都宮徹壱氏は次のように語る。
 もっとも、決定力不足に関しての森保一監督の認識は……決して森保監督のオリジナルではなく、最後の外国人指揮官である〔「現時点で最後」と書くべきでは?〕ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も、繰り返し述べてきたことだ。


 さらにさかのぼればジーコ監督時代の15年くらい前にも、日本の「決定力不足」は盛んに指摘されていた。今となっては信じられないだろうが、〔2006年〕W杯ドイツ大会に出場していた時にも、試合前に繰り返しシュート練習が行われていたのである(結局、この大会で日本は2ゴールしか記録していない)。このように「決定力不足」は、日本代表にとって根深い歴史的な課題であり、そこだけをクローズアップしてしまうと問題の本質を見失う危険性をはらんでいる。

 宇都宮徹壱氏が「〈決定力不足〉は,日本代表にとって根深い歴史的な課題」と言っているのは、単純に昔からそうだという意味ではなく、文脈上、一朝一夕に変えようがない日本(人)の国民性や文化といった次元で「根深い歴史的な課題」という意味である。これは「サッカー日本人論」である。どうしても宇都宮徹壱氏は、日本人論・日本文化論の「まなざし」で日本サッカーを見てしまう傾向がある。

 だから、あのジーコの名前とエピソードも登場する。ジーコは、その経歴を見る限り、特別優秀なサッカーの監督・コーチとは言えない。けれども、日本人の自虐的な日本サッカー観を大いにくすぐる人なのである。宇都宮徹壱氏や西部謙司氏は、熱烈なジーコ信奉者のそぶりは見せないが、しかし、どうしてもジーコを見限れないという人でもある。



 そんな折も折、ジーコが来日して、昨今の日本サッカーの決定力不足を嘆き、「これを改善しない限り,日本のサッカーは2020年の東京オリンピックでもよい結果を残せないだろう」とか何とか、また宣(のたま)ったのだという。*


 アンタにだけは言われたくはないわ……というサッカーファンもいると同時に、ジーコの発言に過剰反応する幼気(いたいけ)なサッカーファンもいる。


 ジーコ発言にこうした反応を見せることで、自身のサッカー観の賢しらを誇示する。その発言が日本人論がかっている。これこそ「自虐的サッカー観」である。こういう人たちに対しては、やはり、藤島大氏の「ジーコのせいだ」をあらためて援用せざるを得ない。


 2006年のドイツW杯の期間中、にジーコ監督が日本人の選手たちにシュート練習をさせていたことは、むしろ、ジーコの監督能力を疑わせるエピソードである。本来、いわゆる「日本サッカーの決定力不足」とは別問題なのに、いっしょくたにしてしまっている宇都宮徹壱氏などを見ていると、やはりジーコ・ジャパンとは日本のサッカー評論、サッカー観のリトマス試験紙なのだと感じてしまう。

「脳科学」的に「日本人」監督の采配能力は著しく劣っている!?
 もうひとつの共通の課題は監督の采配、より具体的には「監督の消極的な交代策」である。男女のサッカー日本代表(森保一氏,高倉麻子氏)とも、例えば、選手の交代が遅い、1試合の交代枠(3人)を余らせてしまう、選手を交代させても試合の流れを積極的に変えるものではない……等々の理由で、勝てる試合を失い、日本代表は早々と敗退したというものである。

 この件について、何か面白いネタがネット上にあるかもしれないと思って検索をしていたら、とても興味深いツイートが釣れた。「日本人」の監督は脳科学的(!)に、そして統計的(!)に能力が劣っていることが明らか(!)なのだという。


 しかし、ここでいう「脳科学」とは、誰の、どういう研究・学説なのだろうか? どうせ中野信子みたいな俗流なんじゃないのか……とか、「日本人」と他の人類を分ける(自然科学的な?)定義ってあるのだろうか……とか、その「日本人の脳」をどうやって分析したのか……とか、いろいろツッコミたくなるところではある。

 こうした「脳科学」による日本サッカーの「分析」には、デジャブ(既視感)がある。日本代表が「惨敗」した2014年ブラジルW杯の3か月後、テレビ東京系のサッカー番組「FOOT×BRAIN」が(疑似科学だと批判されている)脳科学者・中野信子を出演させてしまったことがある。
FOOT×BRAIN「目からウロコ!脳科学から見るサッカー上達法!」
2014年9月27日

中野信子_サッカー_フットブレイン1

中野信子_サッカー_フットブレイン2

中野信子_サッカー_フットブレイン3


 くだんのツイートは、中野信子をゲストに迎えた時の「FOOT×BRAIN」を思い出させる。一方、中野信子のような「脳科学者」にはいろいろと疑義が提出されている。

 「日本人がサッカーで弱いのは科学的にも証明されている」という話。要は、日本サッカーが「世界」で負けると頻出する疑似科学的日本人論の一種である。

いよいよ「なでしこジャパン」言説まで日本人論化するのか?
 またまた、話はサッカー日本代表が「惨敗」した2014年のブラジルW杯になる。

 小説家で、サッカー関連の著作もある星野智幸氏が「日本のサッカーのうち,男子日本代表は〈日本的〉であるがゆえに愚劣だが(ただし本田圭佑のような〈日本人離れ〉したキャラクターを除く),女子日本代表〈なでしこジャパン〉は誇るべきものである」といった意味合いの、自虐的日本サッカー観に満ちたエッセイを書いていた(星野智幸「ガーラの祭典」@『エンタクシー』42号掲載,下記リンク先参照)。

 つまり、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」は、自虐的な日本サッカー観やサッカー日本人論の「枠の外」に置かれてきた。しかし、2019年フランス女子W杯の意外に早い敗退を受けて、またその評価を受けて、いよいよ日本女子サッカー&なでしこジャパン言説も、いよいよそうした風潮に呑み込まれてしまったかのような反応が散見される。

 現時点(2019年6月)の時点では、それはハッキリとは見極めがつかない。「要経過観察」といったところか。そのように「発症」してしまったと確信できたら、あらためて論考したい。

 いずれにせよ、こういう思考や精神は、日本サッカーの批評にも創造にもつながらない。

(了)




*
 前に紹介したジーコ発言は「BIGLOBE」のポータルサイトにも転載されている。そこに付けられたコメントが、滑稽なほど自虐的日本サッカー観、サッカー日本人論に満ち満ちているので、コピペして保存しておく。
BIGLOBE NEWS「ジーコ氏 日本の決定力不足嘆く」6月27日 スポーツ報知
みんなのコメント
  •  弱いのは昔も今も変わりません。
  •  年少期からシュートのプレッシャー練習をしてこなかったツケ。ただシュート練習させてきたから、プレッシャー掛かると決められない。決定力不足は年少期の育成方法に原因がある。指導者の責任は極めて重い。
  •  ご忠告いただき有難うございます五輪までには出来ないようです、良いコーチに恵まれればあと10年後には結果でるかもしれません。
  •  hetanadake
  •  日本の風土気質にサッカーは合わないのだ
  •  もう決定力のことはあきらめましょう。言わないで。選手も監督も「課題はわかった」なんて言わなくていいよ。黙って努力だけしてください。
  •  日本語もしゃべれない外国人の指導で戦術が伝わるかはなはだ疑問、日本人特有の阿吽の呼吸なんかなかろうし
  •  今更あんたが言わんでも…
  •  べつにジーコに言われなくても、FW不在とみんな思ってる。マスは五輪優勝みたいに報道するが、すぐ負けるのもわかってる。
  •  大迫程度の決定力で「ハンパない」とか持ち上げるんだから。何とか盛り上げようと下手なコピーつけて。マスコミも馬鹿だよ。報道も選手もレベルが低い。日本選手は死ぬ気で毎日シュート練習しろよ。
  •  結局諸外国とファールの許容範囲が違うためだ 汚い手を使わないという土壌があるから幼い時からそれを教え込まれている 南米のサッカーは欧州から奴隷のサッカーと揶揄されるように 勝てば何でもありの世界
  •  出場できただけでもラッキー!ン?開催国枠!?
  •  決定力がないのではなくDF力が世界に比べ日本は弱いから世界レベルのDFと相対した場合にプレッシャーで決定力不足となる。なので決定力を嘆く前に日本のDF力を世界レベルに。
  •  ゴール前の厳しい状況での決定力をクラブで何度も練習し努力しないと習得するのは困難。どんな状況でもどこからでもゴールの隙間にシュート出来る能力を身につけて欲しい。釜本さんのような点取り屋さん出てきて。
  •  メッシがいるアルゼンチンやロナウドがいるポルトガルは優秀な二人がいても優勝できるてるわけではない。ロシヤW杯でのフランスのパス回しの上手かった印象があるそれに比べ、日本代表のパス回しの下手さが目立つた
  •  自己主張を良しとしない日本社会から、ストライカーなんて出ませんから。
  •  何処の国も悩んでいる事だし、アサッテの方に蹴っても、シュートで終わったとか言って満足する風潮からしておかしい、他国に比べパスが多過ぎ、シュートに躊躇している、どんどん枠の中に蹴り込んでくれ。
  •  当然のことだがやはりいいセンターバックの必要性が大きい点とられなかったらまけないのだから
  •  みんなそれなりに楽しんでるからいいんじゃないの
  •  それは、誰もが感じているところなのでは?
[リンク先]
 「日本の風土気質にサッカーは合わないのだ」とか「自己主張を良しとしない日本社会から、ストライカーなんて出ませんから」とかいうコメントなどは、日本サッカー低迷・停滞すると登場する「日本人サッカー不向き論」である。こんなことを書き込んで得意がっているのが「自虐的な日本サッカー観」である。

 ……しかし、こうした発言には、唖然とさせられる。