日本の野球ファンで、近視眼的なアメリカ大リーグ(MLB)信奉者が日本野球を非難する時の定番ネタのひとつが「ガッツポーズ」の習慣である。最近は、あの広尾晃氏がそれを吐露した。詳しくは下記ツイッターのリンク先を参照してほしいのだが……。


 ……というか、いまだに、こんな形で大リーグをダシにして日本野球を罵る人がいた事実にまず唖然とする。たしか、ロバート・ホワイティング氏や玉木正之氏の昔の著作、日米野球比較文化論『ベースボールと野球道』にも「ガッツポーズ」批判が書かれてあったと思うが、さすがに現在ではこんな恥ずかしいことは書けないだろう。

 なぜなら、欧州・南米ほか「世界」の各地域で絶大な人気を誇るサッカーでは、得点の時や勝利の時の感情表現「ガッツポーズ」はむしろ当然に事と思われているからである。

 昔の英国のサッカー界(さらにラグビー界)では、感情を抑制することを良しとし、「ガッツポーズ」には否定的であった。しかし、イタリアなどラテン系の国々の選手が「ガッツポーズ」をすることに影響されて、英国でも「ガッツポーズ」は受け入れられ、当たり前のことになっている。それが自然なことだからだ……。

 ……と、デズモンド・モリスの『サッカー人間学』には書かれている。この浩瀚なサッカー本は、「ガッツポーズ」の他にも、「応援団」(サポーター)の存在しかり、優勝時の「胴上げ」しかり、『ベースボールと野球道』のような短絡的な日米野球比較文化論の話の腰を折るようなことがさまざま書かれてある……。

サッカー人間学―マンウォッチング 2
デズモンド・モリス
小学館
1983-02


The Soccer Tribe
Desmond Morris
Rizzoli Universe Promotional Books
2019-03-26


 ……だから、玉木正之氏はデスモンド・モリスや『サッカー人間学』を嫌っているのだ。

 なるほど、日本野球にはアメリカ大リーグにはない習慣がさまざま存在する。それをもって広尾氏は、日本野球は、延いては日本人(!)および日本文化(!)にはスポーツマンシップを理解する精神的土壌が欠落している(!)などと極論を吐く人である。

 しかし、それは違う。

 『菊とバット』などの著作で知られるロバート・ホワイティング氏に対する鋭利な批判者に、米国イェール大学教授のウィリアム(ビル)・ケリー氏(文化人類学,日本学)がいる。この人曰く、日本野球の習慣は、むしろ欧州・南米のサッカーに感覚が近いのであって、単純な日米の習慣の違いをもって、日本野球を否定することは正当ではないと論じている(下記の著作参照)。

プロ野球観戦学
時事通信社
1999-07


 広尾晃氏も、ケリー氏の言葉を良く噛みしめるべきだろう。

 それとも、広尾さんには高尚すぎて難しいことなのだろうか。

(了)