宇都宮徹壱氏による「続投」への違和感
 久しぶりに「宇都宮徹壱ウェブマガジン」を覗いてみたら、宇都宮徹壱氏が「続投」という野球由来の慣用句をサッカーで使用することについてイチャモンをつけていた。
 今年最初のFC今治の取材を終えて、松山に向かう伊予線の車内にて、この原稿を書いている。当初、来週からのハワイ取材について書こうと思ったのだが、ちょうど今朝届いたリリースを見て〔私,宇都宮徹壱は〕考えが変わった。発信元はJBFA(日本ブラインドサッカー協会)で、タイトルは「ブラインドサッカー日本代表高田敏志監督続投のお知らせ」。正直これを見て、いささかがっかりしてしまった。

 誤解していただきたくないのだが、私は決して「高田敏志監督続投」にがっかりしているのではない。高田監督には昨年に当WMでもご登場いただいたが(参照)、野心的でありながら実に理にかなった強化策には、大いに感銘を受けたものだ。個人的にはぜひ、2020年の東京パラリンピックでも指揮をとってほしいと願っている。私〔宇都宮徹壱〕が不満に感じたのは「続投」の二文字。つまり、無自覚的に野球用語がタイトルに使われていたことだ。
ハリルホジッチ代表監督続投明言
【引用文と写真は関係ありません】

 またしても誤解していただきたくないのだが、私は「野球用語」そのものを否定しているのではない。また、スポーツ紙が「風間監督続投」とか書いても、普段ならスルーしている。なぜならスポーツ紙の読者層は野球世代のオジサンが多く、「契約更新」というよりも「続投」と書いたほうが通りはいいからだ。しかしながらJBFAという、障がい者サッカーの代表的な組織が、その情報発信の中で「続投」という言葉を安易に使用したのなら話は別だ。スポーツ紙の見出しではないのだから、ここはやはり「契約更新」とすべきであったと思う。〔この続きは有料会員のみ〕

 当ブログは吝嗇なので、宇都宮氏のウェブマガジンの有料会員ではない。だから、なぜ宇都宮氏が「続投」という単語に拒否反応を示すのか。サッカーの話題で「続投」を使うことの何が「リスク」なのかは、よく分からない……。

 ……よく分からないくせに、なぜ、この問題を論うのかというと、同じようにサッカーで「続投」を使うことに拒否反応を示した人が、過去に存在したからである。

佐山一郎氏による「続投」への違和感
 何の因果か、それも宇都宮徹壱氏が「師」と仰ぐ、佐山一郎氏(作家・編集者)である。
宇都宮徹壱による佐山一郎インタビュー
【佐山一郎氏:宇都宮徹壱ウェブマガジンより】

 話は、1991年の昔のことになる。日本のプロサッカーリーグ(Jリーグ)のスタートを2年後(93年)に控え、扶桑社から『サッカーハンドブック'91-'92』という本が刊行された。その中に出てきた佐山一郎氏のエッセイから。
 野球をあしざまに言ってサッカーに忠誠を誓うセコい料簡など、殆〔ほとん〕ど持ちあわせていないけれど、「横山全日本監督、続投」というふうな新聞の表記を目にするにつけ、なんか変だなという思いにかられてしまいます。いや、それ程までに野球は日本の文化に深く根づいていることの証左なんでしょう。「横山氏、延長戦突入」とならないところが、なんだか悔しいけれど……〔以下略〕

佐山一郎「サッカーの見方が変わってきた~大人の文化としてのサッカーの定着を夢見て」(『サッカーハンドブック'91-'92』)

『サッカーハンドブック'91-'92』
 この当時は「横山ジャパン」ではなく「横山全日本」だった。ある意味で「師弟」の関係にある宇都宮徹壱氏と佐山一郎氏が、同じく野球由来の慣用句「続投」の使用に否定的だったのは、必然なのか? あるいは偶然の一致なのか? 興味深い符号である。

 なぜ佐山一郎氏が「横山全日本監督、続投を話題にしていたのかというと、横山謙三氏は、サッカーファン・サポーターから初めて「監督ヤメロ運動」を起こされた人だからである。森孝慈監督(先々代)~石井義信監督(先代)と続いたサッカー日本代表は、曲がりなりにもW杯・五輪の最終予選までに進出したのに、「横山全日本」は1989年のイタリアW杯アジア予選であっさり敗退した。

 その後も「横山全日本」は、不甲斐ない戦いが続いた。そしてサッカーファン・サポーター有志の不満が沸点に達したのである。サッカーの試合会場の至るところで「横山ヤメロ!」の罵声が飛んだ。「横山ヤメロ!」の横断幕が吼えた。萩本良博氏が発起人となって横山監督更迭要求の署名を募って、日本サッカー協会に提出した。

 それだけ反対があったにもかかわらず、日本サッカー協会は、当時の時代的制約もあって横山監督を1991年いっぱいまで「続投」させる。この人事は高くついた。いち早く後代のハンス・オフト体制(外国人の優れた監督・コーチ)に切り替えていれば、ドーハの悲劇はなかったかもしれないと言われている。

「続投」でなければ表現できないニュアンス
 昔から、サッカー日本代表監督の座はファンやサポーターの賛否両論・侃侃諤諤・甲論乙駁の対象だった。しかし、日本サッカー協会は、監督更迭という大鉈(おおなた)を振るうことはめったになく、したがって、横山続投、加茂続投、トルシエ続投、ジーコ続投、岡田続投、ハリル(ハリルホジッチ)続投……と、実にさまざまな人物が「続投」してきた(最悪だったのは「ジーコ続投」だった)。

 そもそも「続投」とはどんな意味なのか? コトバンクを引いてみた。
続投 ゾクトウ

デジタル大辞泉の解説
ぞく‐とう【続投】
[名](する)
  1. 野球で、投手が交代せずに引き続いて投球すること。
  2. 〔転じて〕交代せずに役目や職を続けること。「現党首がそのまま続投する」

大辞林 第三版
の解説
ぞくとう【続投】
(名)スル
  1. 野球で、投手が交代せずに引き続いて投球すること。
  2. 転じて、任期を終わろうとしている者が、辞任せず引き続き任にあたること。「今度の事件で首相の―の目はなくなった」
 それでは実際に「続投」はどんな使われ方をされているのか? Googleのニュース検索(2018年2月4日検索)で大雑把に調べてみると……。
  • レアル・マドリー、中心選手たちはジダンを支持…来季の続投を願う Goal.com-2018/02/01〔サッカー〕
  • 八角理事長4期連続当選、続投確実も喜びの声はなし 日刊スポーツ-2018/02/02〔大相撲〕
  • 黒田氏続投説に異変 日銀総裁候補に浮上する“意外な名前” ニフティニュース-2018/02/02〔政治・経済〕
  • バイエルン、ハインケス監督に続投オファーへ「プランBは存在しない」 サッカーキング-2018/01/29〔サッカー〕
  • ダニエル・クレイグ、『007』ボンド役続投をついに認める ELLE ONLINE(エル・オンライン)-2017/08/17〔外国映画〕
  • 村井チェアマン、続投へ=Jリーグ 時事通信-2018/01/23〔サッカー〕
 ……これだけ広い分野に「続投」はごく普通に使われている。本来の野球用語からはかなり離れており、意外にもサッカーメディアの使用例も目立つ。

 「続投」の使用に否定的なサッカー関係者の人たちは、この言葉が長年のサッカーの怨敵である野球由来であること。その人物の手腕に疑問や批判もあって交代もありうるが、やっぱり続けさせることにした……というネガティブなニュアンス(先の「横山続投」や「ジーコ続投」はその例)が頭にある。

 しかし、最近の実例ではそうした陰のある意味合いすら脱色されている場合も散見される(先に引用例でいうと、サッカーの2つがそうであった)。

 特定の1人の人物に特定の重職を引き続き担ってもらう……というニュアンスは「続投」で最も簡潔に伝わる。宇都宮徹壱氏が言う「契約更新」でも、佐山一郎氏が言う「延長戦」でも、「再任」や「留任」でも、これは表現できない。

 「続投」は、単なる「野球世代のオジサン用語」ではない。

 宇都宮氏にしろ、佐山氏にしろ、ずいぶんとつまらないことに目くじらを立てているのである。

(了)


続きを読む