スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

2017年11月

角界の暴力癖にはやたら寛大な玉木正之氏の不可解な言動
 大相撲の横綱日馬富士による貴ノ岩暴行問題(現時点で「事件」ではない?)の真相はよく分からないが、それ以上によく分からないのがスポーツライター(スポーツ評論家)にして、「スポーツ学者」として立教大学や筑波大学などの高等教育機関で「スポーツ学」を教えている玉木正之氏の言動である。
tamaki_masayuki1
 だいたい玉木正之氏は、日本スポーツ界にはびこる「暴力体質」をさんざん批判してきた人である。

 それなのに、今回の日馬富士の一件については、角界(大相撲界)の暴力体質や不祥事を隠蔽する体質を擁護するかのような発言をしている。要するに「喧嘩両成敗」にして当事者である日馬富士と貴ノ岩が握手をして、シャンシャンで事を収めろというのだ。

 そのほんの一例……。
タマキのナンヤラカンヤラ
2017年11月


11月22日(水)
朝5時に起きてイロイロ準備。5時半からRKB毎日放送『インサイト・カルチャー』電話出演の録音を録ってもらう。中味は日馬富士事件について。刑事事件になったこの結論とは別に日馬富士と貴ノ岩の間に八角理事長が入ってファンの前で謝罪。互いに相手を赦し合って手打ち…でいいのでは?と話す。大相撲原理主義革命を起こしたい貴乃花親方は受け入れないだろうな…と思いながら。6時の迎えのクルマに乗って東京六本木テレビ朝日へ。『羽鳥慎一モーニングショー』生出演。暴力絶対否定を訴えるコメンテイターに対して角界の自浄能力向上を訴える。維新力さんも同じ意見。日馬富士の厳罰処分はもちろん免れないがコレをきっかけに角界の暴力否定の「改革」が進んでほしい。ただし革命ではなく…。局のクルマでTBSへ。畳の間の控え室で少し横になって仮眠。途中週末のテレビ出演の依頼の電話が2本入るがどちらも断る。翻訳ができませんからね。『ひるおび!』生出演。銅谷志朗さんと一緒に日馬富士問題。貴乃花親方の革命は成功するでしょうか?無理でしょうねえ。支持者がいないから。だったらクーデターは混乱を招くだけで終わるしかないですね。そうですねえ。貴ノ岩が可哀想ですねえ…。といった会話を放送でしたのか控え室でしたのかは忘れた。大谷宏明さんによると「暴行事件」でも止むに止まれぬ暴行だったというような情状は斟酌されるとか。日馬富士に対する情状は?番組を終えて局のクルマの中で爆睡。神奈川大学へ。毎週の授業。今週もテレビに出演したことをきっかけにテレビというメディアの目的とジャーナリズムの目的の「違い」を某番組の資料とともに解説。そあとあらゆる格闘技を分類する方法を実践として演習。「裸と衣類」「道具を使う・使わない」「打つ(殴る)・投げる(組む)」など。格闘技の中の銃剣道についてもドラマ「私は貝になりたい」を例に解説。それはスポーツと言えるのか?…といったことを講義したあと原稿の書き方を教える。ビデオも用意したけど1時間半たっぷり話してしまう。終わって帰宅。うわっ。白鵬の抗議は最悪!嘉風の立ち会いは後の先を狙った最高の作戦。張り差しを狙って立ったのに双差しで懐に入られたから待っただと思った…などというのは言い訳にもならない。横綱の傲慢。最低。サンケイスポーツから電話で感想を求められたのでテレビで見て思った通り答える。これは理事長が厳重注意しなければダメですね。晩飯食って風呂のあと週末のオペラ講座の予習。ドニゼッティ『ロベルト・デヴリュー』。これは本当に素晴らしいオペラ(前にも書いたかな)でグルベローヴァの歌唱も演技も絶品。他の歌手も現代演出も素晴らしい。焼酎飲みながらオペラの勉強は最高に幸せな瞬間かな。
 あっち(大相撲を除く日本のスポーツ)とこっち(大相撲)で、玉木正之氏の言っていることが180度違っていて、唖然とさせられる。

玉木正之氏は貴乃花親方を否定できるのか?
 上に引用したコラム(日記? エッセイ?)を読んでいて気が付いたのは、かつて1980年代~90年代初めにかけて玉木正之氏は、フランチャイズ(ホームタウン)の全国分散化、親会社の名前を球団名から削除する……などの「日本プロ野球原理主義革命」を繰り返し訴え、煽ってきたことだ。

 それがなかなか受け入れられないとなると、世をすねて一時「スポーツライター」の看板を下ろし、小説執筆やら、クラシック音楽やオペラの評論などをもっぱらとしていた時期があったのだ。

 そんな玉木氏が、「大相撲原理主義革命を起こしたい貴乃花親方」のことを、何で否定的に評価できるのか? これまた理解しがたいことである。

相撲協会を宗教法人に…の玉木正之案はアッサリ撃沈
 あるいは、玉木氏は「大相撲はスポーツではない」とでも言うだろうか? その「スポーツではないものの=大相撲」のために「スポーツライター,スポーツ評論家」である玉木氏が大相撲に口出しするのもまたおかしい。

 大相撲はスポーツではない。真剣勝負の格闘技とは違う。相撲はそもそも神事である。だから「八百長」したって構わない。玉木氏は、こういう理屈をこねていた時期がある。そうだ、日本相撲協会を宗教法人にしてしまえばいい。大相撲は神事なのだから……玉木氏はこんな理屈もこねていた。

 ところが、大相撲の八百長問題を追いかけてきたジャーナリスト鵜飼克郎氏と、その件で対談した際に、鵜飼氏から「大相撲の親方衆には創価学会の会員が多い。選挙になると部屋一同で投票に行くケースが多いので無理でしょう」とかわされ、あっさり撃沈(参照『「大相撲八百長批判」を嗤う』)。取材しないで高みからモノを言う玉木氏と、地道に取材してきた鵜飼氏の違いがハッキリ出た。これには嗤(わら)った。
「大相撲八百長批判」を嗤う
玉木正之
飛鳥新社
2011-06-04

 玉木氏は「そもそもスポーツとは、暴力的な勝負をルール化し、ゲーム化した遊びです」と述べている(「スポーツの本質は『反暴力』スポーツ評論家・玉木正之さんに聞く」)。大相撲をスポーツと呼ぶのかはひとまず措くとして、相撲にもまた「暴力的な勝負をルール化し」たものである。それは、例えば力士の「塵手水(ちりちょうず)」の作法(力士が武器を隠し持っていないことを示す所作)にも残っている。
朝青龍による塵手水(ちりちょうず)
【朝青龍による塵手水(ちりちょうず)】

 
繰り返しになるが、一方(大相撲を除く日本のスポーツ)の世界の暴力の悪癖を徹底的に批判して、もう一方(大相撲)の暴力の悪癖に寛大なのは理解しがたい。

玉木正之氏の発言は信用に値しない
 先の玉木氏のコラムに「サンケイスポーツから電話で感想を求められた」とある。マスコミはスポーツ界で何かあると玉木正之氏にコメントを求めるのである(あれ? 大相撲はスポーツだったのか?)。サッカーのような明らかに専門外の分野にまで、マスコミは玉木氏のコメントを求める。

 評論家の呉智英氏が『現代マンガの全体像』でも書いているが、マスコミのコメント依頼の人選とは実にいい加減なもので、内容が悪くとも乏しくとも、ちょっと有名だというだけで起用される(追記:玉木正之氏がスポーツライターとして面白かったのは1980年代のプロ野球についてである)。スポーツ界では玉木正之氏がそうしたポジションにいる。

 しかし、玉木氏ほどいい加減でデタラメなことを書く人もいない。例えば……。
明治時代初期にフットボールが日本に伝えられたとき、サッカーは「ア式蹴球」と翻訳され、いち早く取り入れた慶應大学には、今も部活動に「ア式蹴球」「ラ式蹴球(ラグビーフットボール)」という名称が残っている。

 ……といった、ちょっとでも日本のサッカー史・ラグビー史を知っている人ならばすぐに見抜かれる大嘘を、フォーラムエイトという著名なIT企業のホームページに書いてまるで恥じない(参照「デタラメだらけの玉木正之コラム」)。

 玉木正之氏は、得体の知れない何かの理解者でも気取っているのだろうか? とにかく、こういう人の言い分は信用に値しない。今回の角界の体質を擁護する玉木氏の姿勢・発言についてもまったく同じである。

(了)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

1997年11月16日は、サッカー・フランスW杯アジア最終予選第3代表決定戦(於ラルキンスタジアム,ジョホールバル,マレーシア)、日本代表がワールドカップ本大会初出場を決めた、いわゆる「ジョホールバルの歓喜」の試合からちょうど20年となる記念すべき日である(岡野雅行のゴールデンゴールによる試合終了は日本時間では日付をまたいで17日)。
ジョホールバルの歓喜_岡野雅行のゴールデンゴール
 この試合の録画映像(VHS)を見直して気が付いたことを書き留めてみた。

何と!NHKの解説が松木安太郎だった
 試合の中継を担当したのは、地上波はフジテレビ、衛星波がNHK(BS1)であった。あらためて見直してみて意外だったのは、NHKの解説が松木安太郎氏だったことである。

 松木安太郎氏といえば、民放地上波のサッカー中継(日本代表の国際試合)のメイン解説の常連で、その賑々しくて大仰な実況にふさわしい熱血漢的な解説、応援団長的なキャラクターというイメージがある。これはかなり「公的」なもので、松木氏は厚生労働省のキャンペーンポスターにも「ニッポンの中小企業応援団長」として起用されている。
松木安太郎_厚生労働省ポスター
 ところが、NHKでこの試合のコメンテーターを務めた松木安太郎氏は、時折「熱血漢」的な発言はするものの(「ケガなんか関係ないですよ!」みたいな)、終始冷静な口調に徹して解説していた。これがまず意外だった。

 松木氏は、実は民放地上波のサッカー中継の趣向に合わせてキャラクターを作っているという噂があるが、ジョホールバルの試合の中継を見ているかぎり本当かもしれない。

「君が代」を歌わないのは中田英寿だけではなかった
 「ジョホールバルの歓喜」の事実上のマン・オブ・ザ・マッチは、中田英寿で異論がないところだ。中田といえば、この時のW杯予選、試合前の対戦する両国国歌演奏の際に「君が代」を歌わない・歌っていないことが話題もしくは問題になっていた。ジョホールバルの試合でもそうである。このことで少し後、1998年1月にひと悶着起こす。
中田英寿19971117君が代1
 しかし、事の本質は「君が代」を歌わない・歌っていないことではない。知らない日本人が多いようだが、そもそも代表選手が試合前のセレモニーで国歌を歌わなければならないという「縛り」は、サッカーの国際試合には存在しない。こういうご時勢で差しさわりがあるから名前は出さないが、あの試合、あのW杯予選の各試合で「君が代」を歌っていない日本代表選手は他にもいる。
中田英寿「朝日新聞」1998年1月4日
【『朝日新聞』1998年1月4日付より】

 では、なぜ、中田英寿が「君が代」の絡みでそんなにマスコミの耳目を引いたのかというと……、この件は長くなるから、エントリーを改めて解説したいと思う。

ジョホールバルの旭日旗
 ラルキンスタジアムのバックスタンドに手描きの旭日旗の横断幕が掲げられているのを見つけた。ジョホールバルは、アジア太平洋戦争(大東亜戦争)の折、山下奉文(やました・ともゆき)将軍指揮下の日本軍がシンガポールを攻略するために上陸した、サッカーのみならず日本にとって因縁のある場所だった。
ジョホールバルの旭日旗(決定版)
 スポーツの場における「旭日旗掲示反対運動」をしている清義明(せい・よしあき)氏と木村元彦(きむら・ゆきひこ)氏は、何と思うだろうか? 別に是が非でも旭日旗を掲げさせろという立場ではないのだが、是が非でも旭日旗を封じ込めたい清・木村両氏のやり口は、かえってバックラッシュを生み、新たな憎悪を生むだけではないかと懸念する。

NHK版とフジテレビ版の異同
 いささか感情移入の強いフジテレビ・長坂哲夫アナウンサーの実況と比べると、NHKの山本浩アナウンサーの実況はいたって冷静、対照的である。NHKのスポーツ中継は試合会場の音声を低く抑えて放送する傾向もあって、はじめはNHKは日本のスタジオからモニターを見ながら実況しているのかと思った。

 しかし、試合後にラルキンスタジアムの放送ブースから、山本アナウンサーと解説の松木氏の姿が映って、何だ、現地から実況していたのかと、これまた意外に思ったくらいである。2人とも半袖のワイシャツだったが、ネクタイをしていた。クールビズ以前の話。

 この試合のテレビ中継には、名場面・名セリフがたくさんあるが、NHKとフジテレビの違いで放送されていないものもある。例えば、延長前半のキックオフ直前に日本代表の出場選手、控え選手、監督・コーチ、さらには女性の栄養士(浦上千晶氏)まで、スタッフ全員が加わった大きな円陣を組んでサイキングアップアップを図ったシーン。
ジョホールバルの円陣
【最後に円陣に加わるのが浦上千晶栄養士】

 この場面は、NHKには映っているがフジテレビでは放送されていない(CMが入ったためと思われる)。……と、いうことは、圧倒的に多い地上波(フジテレビ)の視聴者はこの円陣を直接見ていない。多くの日本人は後に放送されたり出版されたりした、ニュース番組の映像や雑誌か何かの写真で知ったのだ。
このピッチの上、円陣を組んで、今散った日本代表は……私たちにとっては「彼ら」ではありません。これは、私たちそのものです。
 延長戦前半キックオフの直前、NHK・山本浩アナウンサーの名セリフである。これも多数派のフジテレビ版の視聴者は直接には知らない。画面はちょうどセンターマークに置かれたボールをアップで映したところで、セリフと画面がピッタリと合った名場面でもあった。録画で見ていても、気障(きざ)なセリフだとは思いながら、まあ、しびれる。

地上波中継に空白地帯があった
 日本代表のフランスW杯本大会出場決定直後、日本列島は狂騒状態になった。NHKの中継では、静岡、青森、横浜、大阪、名古屋、広島……と、歓喜に沸く日本各地の様子を伝えている。キックオフから試合終了まで日付をまたいでいることから、盆と正月が一緒に来た「ゆく年くる年」といった趣であった。

 その中に、パブリックビューイングをやっていたNHK青森放送局からの放送があった。当地のアナウンサーの言葉から「青森のサポーターも熱く燃えています! 青森県内では、今日のこの試合の模様、通常の地上波の放送がありませんでしたので、NHKの衛星第一テレビでの視聴ということになりました……」。

 そうなのである。民放地上波で放送する場合、関東・関西・中京圏と違い(あるいはNHKと違い)、東京に5局あるキーステーションに対し、県によっては民放が3つ、あるいは2つしかないというところがある。つまり、この試合は地方によってはフジテレビ系のネット局が存在しない地上波放送の空白地帯が生じていたのだ。

 この試合のフジテレビの平均視聴率は47.9%だったというが、あくまで関東圏の視聴率である。日本の総人口が仮に1億人として、国民のうちおよそ4800万人が視たという喩(たと)えは正確な表現とは言えない。

 詳しく調べたわけではないが、サッカー日本代表の試合を民放の地上波に独占中継をさせると、今でも空白県ができるのだろうか? もっとも、一部で唱えられているように、東京に5つあるテレビ民間放送のキーステーションを3つくらいに再編・統合すれば、こうした問題もなくなるのかもしれないが。

 今の地上波テレビ、なかんずく民放の番組はつまんないからね。

中田英寿神話の虚実
 スポーツマンシップではなく「ゲームズマンシップ」にあふれ、日本サポーターを大いに苛立たせたイランのGKアベドザデはプロレスの悪役レスラーになっても成功しそうだ。

 そのアベドザデに「フライングヘッドバッド」を食らわして、自分も脳震盪になった日本のFW城彰二。その城の側頭部に両手をかけて中田英寿が何事かを語り掛けるシーン。
中田英寿が城彰二に何事かを語りかけるシーン
 これもジョホールバルの名場面で「中田英寿神話」の形成にもひと役買っている。一説に、岡田武史監督以下、日本代表のメンバーの誰もが城彰二の異変に気が付かない中、中田英寿だけは(この文言を何度も聞かされ読まされてきた)城の脳震盪に気が付いたのだという……というあたりが、いかにも「中田英寿神話」である。所詮、神話は神話に過ぎないのだが。

 こちらの場面はフジテレビにあって、NHKにはないものである。
試合後は興奮したり泣きながらインタビューに応じる選手が多い中で、中田〔英寿〕は落ち着いてインタビューに応じ、「代表はうまく盛り上がったんで、あとはJリーグをどうにか盛り上げてください」とコメントした。

ジョホールバルの歓喜@ウィキペディア20171106
【ウィキペディア「ジョホールバルの歓喜」より(2017年11月13日閲覧)】
 ウィキペディア日本語版にこんなことが書いてあるが、大嘘である。

 NHKの中継に試合後にインタビューに登場した選手は、順に岡野雅行、井原正巳、相馬直樹、山口素弘……。みな冷静、意外なほどサバサバしていてである。中田英寿はNHKのインタビューには登場しない。

 「まあ……、代表はうまく盛り上がったんで、あとはJリーグをどうにかしてください」という中田のコメントは、NHKでは年末の再放送で流れた。もっとも、その後のサッカー人生を見ても、中田本人は「Jリーグ(日本のサッカー)もよろしく」という人間では全然なかったのだが。

 これまた、数ある「中田英寿神話」のひとつだろう。しかし、《「〈沢村賞は米大リーグのサイ・ヤング賞を真似して作られた〉という嘘」をスポーツライター玉木正之氏が吹聴しているという嘘》を平気で掲載している件といい、今回の中田英寿のコメントの件といい、どうしてウィキペディアの執筆者たちは事実を確認しないで書くのだろうか?

本当にひとりになりたかったのは誰?
 試合終了直後、中田英寿だけは喜びの表情を見せなかった……とか。ビクトリーランの列に中田英寿だけは加わらなかった……とか。試合後の記念の集合写真撮影の際にひとりだけ後ろでクーリングダウンしていた……とか。これらの逸話も、この試合から伝えられる「中田英寿神話」である。

 こうやって「意識高い系」(という言葉は当時存在しなかったが)を演出することによって、中田英寿は神話的に称揚されることになる。日本のジャーナリズムもサッカーファンも、それでかえって中田を甘やかすことになり、結局、中田は国際クラスのサッカー選手としては伸び悩み、尻すぼみで終わってしまった。

 しかし、フジテレビのカメラは、試合終了直後、名波浩と喜んでみせる中田英寿の姿をハッキリと映し出している。
試合終了直後、人並みに喜んでいる中田英寿(右は名波浩)
【試合終了直後、人並みに喜んでいる中田英寿(右は名波浩)】

 さらに、NHK実況担当の山本浩アナウンサーは「ひとりになりたかった名良橋の姿もピッチの上に見られます」と語っている。本当に集団から離れてひとりになりたかったのは名良橋晃の方だったようだ。

 テレビは、虚心に見れば、思い込みとは違う「真実」が見られるメディアである。

(この項,了)


【追記】国際映像と日本の独自映像
 さらにあらためて、この試合のNHK版の録画を見直してみた。1997年当時はあまり気にならなかったことだが、おそらくは国際映像と思しき試合の映像の間にNHKの独自映像がバンバン入る。被写体は主に日本のベンチ、なかんずく岡田武史監督である。イランのベンチの様子などはほとんど映らない。
ベンチから戦況を見つめる岡田武史監督
 一喜一憂する岡田監督の様子や、延長戦直前に選手起用や戦術について考えに考え抜く岡田監督の様子などが映し出されてそれはそれで興味深いものがあった。一方、国際映像ではどうなっていたのだろう? 

 日本がワールドカップ本大会に出られなかったときは、NHK(20世紀のW杯の各国の放映権はもっぱら公共放送優先であった)は、国際映像をほぼそのまま放映していた。だが、日本がアジアの代表としてW杯本大会の常連となると、日本代表の試合では、この手の「独自映像」を多用するようになる。

 こういう「悪癖」は、この時すでに確立されていたのかもしれない。国際映像とは、言わば国際的な評価である。反面、日本のテレビ局の独自映像は、それを日本でのみ通用する価値観に変換してしまう。すべてが「日本目線」なのであって、「視点の第3者性,国際性」が損なわれてしまう。

 こうした習慣が、2006年ドイツW杯での中田英寿の醜悪な引退パフォーマンスにつながっていった……かもしれない。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ