スポーツライター玉木正之氏の知的誠実さを問う

大化の改新と蹴鞠(けまり)問題など、日本のサッカーカルチャーについてさまざま論じていきたいと思っています。

大化の改新の2人、中大兄皇子と中臣鎌足の出会いは「蹴鞠」だという…。
違う!「あれは蹴鞠ではない」と、スポーツライター玉木正之氏は主張している。
玉木氏は、そのことが現代日本のサッカーや野球にも影響を与えているのだと唱える。
それは一体どういうことなのか? そもそも玉木氏の主張は正しいのだろうか?

後藤健生さんの新説への評価と疑問
 2020年の東京オリンピックを1年後にひかえ、雑誌『東京人』は2019年8月号で「近代スポーツことはじめ」という特集を組んだ。

 この企画で、サッカージャーナリストの後藤健生さんが「発展の陰に、〈この人〉あり」「さきがけは、〈学校〉から」という、明治時代初期~中期の日本のスポーツ事情を紹介した記事が2本掲載されている(うち「さきがけは…」の方は東洋経済オンラインに転載されている,下記リンク先参照)。
  • 後藤健生「明治時代にスポーツを広めた〈欧米人〉の功績~外国人に大勝したのは東大前身の一高だった」2019/07/03
 これらの記事では、東京高等師範学校の中村覚之助のことを再評価したり、なかなか重要なことが指摘されてある。しかし、一方で首を傾げたくなるような記述もある。それは前回のエントリーで書いた(下記リンク先参照)。
前回のエントリーから
明治初期のスポーツに関する後藤健生説を検証する~『東京人』2009年8月号より(1/2)

 英国人より米国人の「お雇い外国人」教師の数が多かったから、日本ではサッカーより野球の人気が先行した…という後藤健生説は、どこまで妥当なのか?
 疑問を感じるのは、実はこの件ばかりではないのである。

なぜ,日本人は欧米人のスポーツに飛び入り参加できなかったのか?
 例えば、後藤健生さんはこんなことを述べている。
 ヨーロッパや南米諸国では、英国人たちがスポーツに興じていると、現地の市民が飛び入りで参加したり、自分たちで参加したり、自分たちでクラブを作ってスポーツを始めたりしたものだ。〔幕末・明治の日本でも外国人居留地で行われた欧米人のスポーツを見物する日本人はいたが〕日本人と欧米人では、歩き方や走り方すら違ったのだから、〔日本人が欧米人と〕一緒にスポーツを楽しむことは難しかったのだろう。

後藤健生「さきがけは、〈学校〉から」@『東京人』2019年8月号


 この仮説はどこまで妥当なのだろうか? 推量形で「…だろう」と結んでいるのだから、確証には乏しいのだろう(←あ,これも推量形だ)。

 例えば、横浜カントリー&アスレチッククラブという、1968年(明治元)創設の在日外国人のためのスポーツクラブがある。略称「YC&AC」、かつての通称を「横浜外人クラブ」という。このクラブは、自尊心が高くかつ日本人に対して排他的なところがある。最近は日本人でも会員になれるらしいが、しかし、それでもハードルは高い。

 YC&ACは以前から7人制ラグビーの大会を主催しているが、最近まで「犬と黄色人は立ち入り禁止」という差別的な看板があった、大会の観客は「使用人」扱いで一般来場者は裏口・勝手口から入るようになっていた……などという話が伝わっている。インチキラグビー評論家の中尾亘孝(なかお・のぶたか)が、自身のブログで書いている。
〈第52回YC&ACセヴンズ〉
ヨコハマ・カントリー&アスレティック・クラブは、
つい最近まで「横浜外人クラブ」と呼ばれていた、
非常にプライドの高い英国系スポーツ・クラブ。

ここ数年、「犬と黄色人立ち入り禁止」なんて、
看板こそありませんが、大会の観客は使用人扱い
一般来場者は裏口・勝手口から入るようになっていた。

で、我輩〔中尾〕は、大家さん〔誰?〕のお下がりであるニコンを手に、
証拠写真を撮ろうと思っていたわけですが、
なんと今年は普通に入れます!

中尾亘孝「セヴンズ中退の言い訳」2010年04月05日
http://blog.livedoor.jp/nob_nakao/archives/51419984.html


中尾亘孝(プロフィール付き)
【中尾亘孝とそのプロフィール】
 この話の信憑性については何とも言いかねるが、しかし、「日本人と欧米人の身体の動きの違い」以前に、「人種」的な問題として日本人は欧米人のスポーツに参加することができなかったのではないか。

 外国人居留地でも、同じアジアの中国、ベトナム、インドネシアなどの事情はどうだったのか。欧米人が楽しんでいるスポーツに現地のアジア人が「飛び入り参加」できたのか、できなかったのか。仮に後者なのだとしたら、それは「アジア人と欧米人の身体の動きの違い」の問題で参加できなかったのか。「人種」的な問題として参加できなかったのか。

 これらの点からも、この問題を検討・検証するべきではなかっただろうか。

日本人の「官費留学生」はスポーツをする余裕がなかったのか?
 あるいは、後藤健生さんは……後に文豪として有名になる森鴎外や夏目漱石といった「官費留学生」は学問に追われていてスポーツをやる余裕はなかったが、平岡熈(野球)が田中銀之助(ラグビー)といった「自費(私費)留学生」はスポーツに親しむ余裕があった……と「発展の陰に、〈この人〉あり」で書いている。

 しかし、幕末期に徳川幕府の命で、維新期に明治政府の命で、二度にわたって英国に留学した数学者の菊池大麓は、留学先のケンブリッジ大学でラグビーに親しんだと伝えられている。
  • 国立国会図書館「菊池大麓│近代日本人の肖像」
 他にも、明治初年、開拓使仮学校で米国人教師をウィリアム・ベーツとともに学生たちに対して野球の指導に当たった日本人、得能通要、大山助市、服部敬次郎の3人は、開拓使から米国に留学し、帰国した学生である(大島正建『クラーク先生とその弟子』、池井優『白球太平洋を渡る』参照)。


 この人たちの留学は公的な性格のものである。つまり、官費留学だからスポーツができなかった、自費留学だからスポーツができた……という説も、一概には決め付けられず、再検証・再検討の余地があるのではないか。

2021年=JFA日本サッカー協会創設100周年のために…
 とかく日本のスポーツ評論は、日本のスポーツ史に関して何か特殊な事情があったはずだと、性急に解答を求める傾向がある。しかし、そうした安易な「答え探し」などやめて、個々の事柄に関して緻密な検証を積み重ねていくことの方が大切ではないだろうか。

 例えば、日本に野球を定着させた平岡熈はどういう条件(契約?)で工部省鉄道局の土地を利用することができたのか? 日本サッカーの発展の基を築いた中村覚之助はどうやってボールやスパイクシューズを調達したのか?

 どこかで誰かが研究しているのかもしれない。こうした話は日本のスポーツ史を理解するために非常に重要だと思うのだが、しかし、なかなか一般のスポーツファンには伝わっこない。

 そのためか、巷間にはさまざま怪しい俗説が流通している(玉木正之氏とかw)。*
  • 玉木正之の「スポーツって、なんだ?」#15 日本で野球が人気なのはなぜ?
 再来年2021年の日本サッカー協会創設100周年を控え、後藤健生さんには、むしろ、そうした通念を打破する仕事をしてほしいのである。

(この項,了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

 FIFAワールドカップにおける賞金(報酬)を男女同額にするべきだと主張している、サッカー女子アメリカ合衆国(米国)の主将ミーガン・ラピノー選手。彼女の主張は、実際のところ、本場ヨーロッパの、特に主要サッカー国の関係者の間で、どれだけまともに相手にされているのだろうか。あるいはされていないのだろうか。

 ラピノー選手のこうした話題を掲載し、視界に入ってくるのが、BuzzFeed Japan であるとか、ニューズウィーク日本版であるとか、ハフィントンポスト日本版とかなので、国際サッカー界主流の本音がかえって見えにくいのである(わざわざ調べようという気もない)。

 同じサッカーW杯でも男・女では収入に大きな差があるし、また、プレーのレベルも異なる。当然、それに比例して男・女では報酬が異なる。

 女子サッカー選手の収入が男子サッカー選手のそれよりも低いのは確かだが、彼女たちが抱えている問題は、男・女にかかわらず、むしろマイナースポーツ一般に共通する問題である。これは男・女の格差の是正ではない。つまりメジャースポーツとマイナースポーツの収入格差を無理やり同格にするような話で、だから話の筋が違うのではないか……。

 ……とか何とか、いろいろと「草の根」では意見があるのだが、何分、公的なサッカー関係者となると政治的に正しい意見にはいろいろと異論を立てづらいのかもしれず、よく分からないのである。

 サッカー女子アメリカ合衆国代表は、2019年6~7月に開催されたフランスW杯で優勝した。米国では「優勝」したスポーツの選手やチームは、大統領がホワイトハウスへ招待し、訪問した選手やチームは大統領を表敬する習慣があるらしい。

 しかし、当代アメリカ合衆国大統領は、性的マイノリティーを否定する、きわめて保守的なドナルド・トランプである。一方、ラピノー選手は、性的マイノリティーである同性愛者であることを公言している。だから、ラピノー選手は「W杯に勝っても,くそったれのホワイトハウスになんか行くもんか」と、これを拒絶した。

 日本の商業捕鯨が再開されたので、捕鯨/反捕鯨問題の評論でも知られる三浦淳氏(新潟大学教授,ドイツ文学)の「反捕鯨の病理学」シリーズを読み直してみた。その第3回、反捕鯨派のロビン・ギル氏(在日米国人の文筆家で『反日本人論』『日本人論探検』などの著作がある)を三浦氏が批判している箇所が印象に残った。
 『日本人論探検』での彼〔ロビン・ギル〕の論法を見よう。まず彼は捕鯨問題における日本人の反応を偏頗〔へんぱ〕だとする。例えば、「英米人こそかつて鯨油のためだけに鯨を乱獲した張本人だ」「反捕鯨はレーガンの陰謀だ」という日本人の反応に対して、「過去にそれだけ悪行を重ねてきたのに、白人=人間至上主義を止めて、よりエコロジカルな信念に〔白人が〕変わったことを歓迎すべき〔!〕」「グリーンピースは革新的環境主義者であり、(…)ベトナム戦争に反対し、レーガンのことが大嫌い」と応じている。
  • ロナルド・レーガン(米国大統領,共和党,任期1981-89)
  • グリーンピース(世界的規模の環境保護団体,本部アムステルダム,1971年設立)
 日本側の反応に若干問題があるのは私も認めるが、それに対するギルの批判もおかしい。まず英米が反捕鯨を主張するようになったのは、経済的に引き合わなくなって捕鯨業から撤退した後になってからである。エコロジカルな理由で捕鯨を止めたのではない。むしろ経済的理由で捕鯨業から撤退していたからこそ、安心して反捕鯨をエコロジカルに主張できたのである。後で述べるが、こういう政治的駆け引きは72年のストックホルム国際環境会議で突如捕鯨問題が取り上げられたことにもつながっている。この辺の政治的洞察がギルには欠けている。

 もっともギルは、米国がイルカの保護に乗り出していること、その実現にあたってはイルカを巻き込むマグロ漁に反対して国民がツナ〔マグロ=鮪〕をボイコットしたことが大きいとしているが、この辺は甘ちゃんの寝言としか言いようがない。都市住民はいくら好物をボイコットしようがそれで食物がなくなるわけではない。しかしマグロ漁を行う漁民からすれば、マグロが売れないと生計そのものが危ういのである。その点で都市住民と漁民には大きな「権力」の差がある。自然をロマンティックに見る多数の都市住民の横暴に過ぎないものを美化するギルの論法を、右で挙げた『反=日本人論』でのファンダメンタリストやエコロジーに関する妥当な認識と比較してほしい。後退ぶりは明らかだろう。こと鯨イルカ類となると、ギルの知的レベルは大幅に低下してしまうのだ。

 レーガンとグリーンピースとの関係だが、ギルがレーガンを嫌っているらしいことはだいぶ後の(捕鯨とは無関係の)記述からも分かるが、嫌っていようがいまいがレーガンが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っていることをギルは忘れている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っているということだ。基本的にそれは「力による政治」である。反捕鯨はその意味で、ギルの嫌うレーガン流の政治そのものに他ならない。ギルはグリーンピースが反体制派であると言いたいらしいが、米国の反体制派が外国に向かって何かを主張する時、必ずそこには超大国たる自国の力が背景にあるのであって、そのことが分からないで自国反体制派を持ち上げるのはナイーヴに過ぎる。例えばアイスランドは、米国内での魚製品輸入ボイコットにあって捕鯨を中止せざるを得なかったが、逆のことが可能かどうか、ギルは考えてみるべきだろう。アイスランド国民が米国内の何らかの習慣を気に入らなかったとして、輸入ボイコットによって米国民の習慣を変えられるだろうか。ギルに欠けているのはこうした国家間の力関係への洞察であり、それは彼が根本的に政治音痴である証左なのである。

三浦淳「反捕鯨の病理学 第3回」
 突飛な、飛躍した、あるいは的外れな連想なのかもしれないが、レーガンもトランプも共和党の大統領だし、その政治スタイルはある意味で似ている。つまり「強いアメリカ」である。

 この文中のレーガン大統領とグリーンピースあるいはロビン・ギル氏の関係は、トランプ大統領とラピノー選手の関係に、かなりの程度で置換できるのではないか……などと考えてしまったのである。

 ラピノー選手が嫌っていようがいまいが、トランプが政策を(積極的にであれ嫌々であれ)行う時、米国大統領として行っている。つまり、軍事的・経済的・政治的に世界最強の国家の大統領として行っている。

 ラピノー選手は自身が反トランプであることをアピールしている。だが、米国人たるラピノー選手が外国に向かって、サッカー選手の男女同一報酬などを主張できるのは、必ずそこには超大国たる母国=米国、かつ世界の女子サッカーの超大国としての米国、なおかつ尖鋭的なポリティカルコレクトネス(ポリコレ,PC)の国=米国の政治力・権力が背景にあるからである。その点ではドナルド・トランプと似たようなものだ。

 そのことが分からないで、ラピノー選手を積極的に報じる(持ち上げる?)、BuzzFeed Japan やニューズウィーク日本版、ハフィントンポスト日本版のようなメディアは、少しナイーブではないのか。

 アナロジー(?)にも似た両者の関係に、皮肉じみたものを感じたのである。

 この度のサッカー女子アメリカ合衆国代表は、対戦相手への敬意を欠いた数々の不遜な振る舞いでも話題もしくは問題になった。この辺の行儀の悪さとラピノー選手の言動は、コインの両面にも思える。

 野球のアメリカ大リーグ(MLB,メジャーリーグ)では、試合において、対戦相手を必要以上にコケにしてはいけないというアンリトンルール(不文律)があるというのに、同じ米国でも随分違うものである。

 野球やバスケットボールの主流国は米国だが、サッカーの主流は欧州の主要国である。これらの国々のサッカー関係者が、女子アメリカ代表に関して、心の内で舌打ちしているのではないかなどと心配するのである。

(了)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


後藤健生さんの新説
 なぜ日本では、世界中で人気があるサッカーの人気が出なかったのか? なぜ野球の人気が先行してしまったのか? ……という難問は、日本サッカー史における最大の「謎」である。……と同時に、昔から珍説・奇説の宝庫であった。

 最近、この分野に「参戦」してきた人に、サッカージャーナリストの後藤健生さんがいる。その内容は、以下のようなものである。
 サッカーやラグビーよりも早く日本中に普及し、強化も進んだのは米国生まれのスポーツ、ベースボール(つまり野球)だった。その理由の1つは、米国人教師が数多く日本にやって来たからだ。1869年〔明治2〕にスエズ運河が開通したとはいえ、ヨーロッパから極東の島国に至るには距離的にも経費的にも負担は大きかった。一方、米国ではスエズ運河と同じ69年に大陸横断鉄道が開通しており、列車でカリフォルニア州まで来てサンフランシスコから乗船すれば、比較的容易に日本に来ることができた。そのため、全国の中学校〔大学ではなく中等学校でよいのか?〕には多くの米国人教師が赴任し、彼らはちょうど近代的なルールが確立したばかりの野球を日本に伝えたのだ。

後藤健生「さきがけは〈学校〉から」@『東京人』2019年8月号


  • 参照:
 引用部分だけでなく、全体の文脈を見ても、後藤さんの書き方が少し曖昧なこともあって、いくつか「?」と思う箇所がいくつかある*が、それはひとまず措(お)く。疑問を感じるのは、明治時代の「お雇い外国人」、特に教師の国籍の数は米国人が(圧倒的に?)他国を、なかんずく英国人より本当に多かったのか? ……ということである。

「お雇い外国人」教師の国籍
 後藤健生さんの考えは、あたかも明治時代前半の「お雇い外国人」教師の数は、欧州よりも日本と地理的に近い、野球を国技とする米国人が(圧倒的に?)多い。一方、欧州人のお雇い外国人、特にサッカーやラグビー(またはクリケット)を国技とする英国人の教師は少なかった……かのようにも読める。

 実際はどうだったのか。この件に関しては、歴史学者・故梅渓昇(うめたに・のぼる)氏の『お雇い外国人~明治日本の脇役たち』(講談社学術文庫)という優れた著作がある。この本に掲載された「お雇い外国人」に関するの統計に目を通してみた。

 詳しくは本に当たってほしいが、官費雇用の「お雇い外国人」の国籍で米国人の数が抜きんでて多かったことはない。むしろ、英国人の方が全体で圧倒的な多数を占めている。ただし、その内訳で多いのは工部省の雇いの技術者ではある。

 それでは教師の数はどうか? 梅渓氏の著作を参考にから文部省雇いの「お雇い外国人」を国籍別で表してみた(以下の表を参照)。文部省雇いの「お雇い外国人」の職務は、ほぼ「大学」の「教師」であると推定できるからである。

文部省「お雇い外国人」の国籍(単位:人)
  アメリカ イギリス フランス ドイツ その他
1872年(明治5) 6 5 4 8 1 24
1874年(明治7) 14 25 10 24 17 90
1879年(明治12) 14 7 5 12 12 50
1885年(明治18) 2 11 2 9 2 26
計(延べ人数) 36 48 21 53 32 190
梅渓昇『お雇い外国人』(講談社学術文庫)第4章より作成

 この表を見ても、米国人の数が英国人の数より多いとは言えない。参考までに出してみた「延べ人数」の合計では、米国人の数は、英国人の数よりも少なく、同じ欧州のフランスやドイツなどを加えた全体の比率では2割に満たない。**

 梅渓氏の著作にも書いているのだが、「お雇い外国人」が日本と母国を往来する際の交通費は、当然、日本側が負担している。明治政府が金をケチったために、「お雇い外国人」の国籍が、英国・ヨーロッパよりも米国が多かったという話は無い。

 いずれにせよ、「お雇い外国人」教師の数が、米国人の方が、英国人よりも多かったので、日本ではサッカーよりもラグビーの人気が出たという後藤健生氏の仮説は、成り立たないのではないか。

ベーツ先生とその弟子たち
 明治初期、米国人の「お雇い外国人」教師が日本人の学生に野球を教えても、全く定着しなかった実例がある。明治6年頃(1873)頃、北海道大学の前身に当たる開拓使仮学校で、米国人教師アルバート・G・ベーツが、日本人の学生たちに野球を教えた例である。

 この辺の事情は、後藤健生さんが大学・大学院時代に学恩のある、野球評論家でも有名な政治学者・池井優さん(いけい・まさる:慶應義塾大学教授,外交史ほか)の『白球太平洋を渡る』が紹介している。


 それは、開拓使仮学校(後の札幌農学校~北海道大学の)で学んだ伊藤一隆(中川翔子の高祖父としても知られる)の回想として、大島正建著『クラーク先生とその弟子たち』(何度も復刻されている名著,クラーク博士の「少年よ,大志を抱け」という言葉の元ネタ)に登場する逸話である。あえて孫引きなのは意図的なものである。
 明治6年(1873)頃、まだ東京にあった開拓使仮学校に、アルバート・G・ベーツという米国人の英語教師がやってきた。彼は好球家で、1本のバットと3個のボールも持参してきた。生徒たちを2チームに分け、野球の試合をさせたが、選手の〔日本人〕生徒たちは、ルールや技術の要点をなかなか理解できず、ベーツは苦心した。

 幸いにも、開拓使から米国に留学させていた開拓使仮学校の生徒3人、得能通要、大山助市、服部敬次郎が帰国して、彼らの指導によって野球の試合も少しは様になるようになった。そのうち、ボール2個が破損してしまった。代用品のボールは日本の靴工場で、バットは棒屋で作らせたが、出来ばえは不完全だった。だから、実際に野球の試合をするには苦心した。

 やがてベーツが注文した野球道具が届き、生徒たちの士気も上がった。しかし、ベーツは来日2年足らずで急死してしまい。生徒たちの野球熱も消えてしまった。

池井優『白球太平洋を渡る』5~8頁より大意・要約


 道具の調達がうまくいかなかったこと、米国人「お雇い外国人」教師ベーツの急死が、開拓使仮学校での野球普及が挫折した主な理由である。

球技スポーツが日本に定着するセオリーとは?
 とにかく、米国人の「お雇い外国人」教師が英国のそれより多かったから、日本ではサッカーより野球の人気が出た……と、いう理由ではなさそうである。

 開拓使仮学校の逸話からは、ある国(少なくとも日本で)で特定の球技スポーツを「普及」させるための仮説や経験則がいくつか導き出せる。
  •  たとえ野球であっても(むろんサッカーでも)、外国人が持ち込んで現地の人たち(日本人たち)にちょっとプレーさせてみたくらいでは、現地の人たちがその球技スポーツの面白さを理解することはない。したがってその国には「普及」しない。
  •  ボールやバットなど、そもそも道具が揃わないと、その球技スポーツ自体ができない。本物がない場合は地元で代用品を作ることになるが、出来が悪いと「普及」に支障が出る(付け足すと,その球技をプレーできる広い「土地」も必要になる)。
  •  熱心な指導者がいて継続的に活動しないと、その球技スポーツは「普及」しない。その人に任期が来て帰国したり、客死したりすると「普及」活動が後々まで続かない。
 以上の仮説は、当ブログの独創ではない。神戸市外国語大学の元教授(スポーツ学)で日本クリケット協会会長・山田誠さんの論文「ニューカレドニアンクリケットの研究-2-」に登場する話である。
  • 参照:
 山田誠さんは、野球やサッカーと同じく明治初期に紹介されながら、一度は廃れてしまった英国の球技「クリケット」(野球と同じ系統のバット・アンド・ボール・ゲーム)を、あらためて日本で普及させようという、近年まれに見る実践を行った人である。

日本国某所で行われた「クリケット」の練習風景(2019年)
【日本国某所で行われた「クリケット」の練習風景(2019年)】

 それだけに、後藤健生氏や、あるいは玉木正之氏やロバート・ホワイティング氏の「仮説」よりも強い説得力がある。

スポーツの普及は日本人自身の働きかけによるもの
 使用に耐えうる「道具」の調達と、充分な広さをもった「土地」の確保と、普及に熱心な「指導者」の存在と、3つの物理的条件が揃えて、サッカーよりもラグビーよりも先行して日本に野球を普及させたのは、米国人ではなく日本人である。すなわち、明治11年(1978)から明治20年(1887)頃にかけて、「新橋アスレチック倶楽部」を創設して野球の伝統に努めた平岡熈(ひらおか・ひろし)である。

 この件についてはいろいろ書いてきたから、ここでは繰り返さない(下記のリンク先を参照いただければ幸甚である.もっとも後藤健生氏によると平岡熈は公費留学ではなく私費留学だそうで,その辺の当ブログの思い違いは寛恕を請い願うものであります)。
  • 参照:
 野球にせよ、サッカーにせよ、ラグビーにせよ、その歴史を検証してみると、日本に定着したのは、単なる「お雇い外国人」による紹介ではなく、日本人による主体的な働きかけによるものなのは、とても興味深い。

 すなわち、サッカーにおいては東京高等師範学校(東京高師,後の筑波大学)の中村覚之助であり(下記リンク先を参照)、ラグビーにおいては慶應義塾のエドワード・B・クラークと田中銀之助。ちなみにE・B・クラークは「お雇い外国人」ではなく「在日英国人」である。
  • 参照:
 「お雇い外国人」の紹介であろうと、日本人の紹介であろうと、物理的な条件な揃わないと、その球技スポーツは普及・定着することはないと……書いた。例えば「土地」の確保についてはどうだろうか? 野球、サッカー、ラグビー、三者三様、けっこう手間暇がかかっているのである。

野球=品川,サッカー=大塚,ラグビー=麻布,それぞれの出発点
 野球に関しては、「新橋アスレチック倶楽部」の平岡熈が、奉職先の工部省鉄道局の八ツ山下(東京・品川)の車庫のそばに「保健場」と名付けられた専用グラウンドを持っていたことが知られている(池井優『白球太平洋を渡る』20頁)。

 おそらく平岡本人の私有地ではなかったであろうし、何がしかの条件で(契約で?)使用させてもらった(工部省鉄道局から?)であろう。従来の日本野球の黎明史には、こうした瑣末ではあるが、しかし重大な事情が伝えられることはない。学界のスポーツ史学やスポーツ社会学が、この辺の分野に未開拓なのだとしたら、非常に残念な話である。

 サッカーの場合、雑木雑草に埋められていた東京・大塚の新運動場の予定地を、中村覚之助と東京高師のサッカー部員たちと整地した(下記リンク先参照)。
  • 参照:
  • 参照:
 白線を引くための石灰が手に入らなかったので、フィールドに棕櫚縄(しゅろなわ)を張り、ゴールを立ててサッカーの練習を開始したとある。そして1904年(明治37)に横浜の外国人クラブと日本初の対外試合を行う。この様子が新聞で全国に紹介されたら、全国の中等学校からサッカーの指導依頼が来て、東京高師の部員が各地に指導のために出張したという話が伝わっている。

 最後にラグビーになるが、ラグビー史研究家・秋山陽一氏のWEBサイト、旧「日本フットボール考古学会」には、「E・B・クラークが慶應義塾の学生(塾生か?)にラグビーやクリケットを教え始めるが,試合ができるような体制になるのは,東京・麻布の〈仙台ヶ原〉という土地にグラウンドを移してからのこと」と紹介されていた(下記リンク先参照)。
 佐山一郎氏は、ラグビーにはサッカーにはない「相撲のぶちかましの要素」があるから、同じフットボールでもサッカーよりもラグビーの方が「日本人」の感性にかなっており、だから、長らく日本ではサッカーよりラグビーの人気が高かった……などと語っている(佐山一郎『日本サッカー辛航紀』より)。

 しかし、日本ラグビー伝来の時点で慶應義塾が「仙台ヶ原」に土地を持っていて、ラグビー部(蹴球部)に使わせなかったら、ラグビーはサッカーより普及が遅れていたかもしれない。

「なぜ…を問う」から「いかに…を問う」べきである
 明治時代の日本において、野球の人気がサッカーやラグビーに先行したことは、歴史の偶然であり、必然ではない。

 従来の所説は、明治初期にさまざまなスポーツが、ほぼ同時期に日本に紹介された。その中で、野球だけが突出した人気を得たために、それは「なぜ」なのか? そこに何か日本固有の理由があるに違いない。……という視点が多かった。

 しかし、クリケットを研究・実践する山田誠さんの仮説のように、スポーツの普及には「道具」「場所」「指導者」の3条件の充足が重要であるという仮説から、野球やサッカー、ラグビーが「いかに」日本に定着してきたのか? ……という視点で歴史を振り返ってみると、この3競技の日本への本格的な紹介は必ずしも同時期ではなかった、だいたい「野球」と「サッカー,ラグビー」で四半世紀の時代的なズレがあったことが分かる。

 「なぜ」野球だったのか? 「なぜ」サッカーではなかったのか? ……ではない。

 バットやボール、スパイクシューズを「いかに」調達したか? 野球やサッカーやラグビーを行うフィールドを「いかに」確保したか? 整地したか? 野球もサッカーもラグビーも、その知識がゼロの人たちに、どんな人は「いかに」指導をしていったのか?

 こうした、細かい事実の「いかに」を洗い出す、地道な実証的研究を積み重ねていくことで、日本のスポーツ文化の全体像が本当の意味で理解できるだろう。

 この点では、後藤健生さんの新説(仮説)もまた厳しく審査されなければならない。

(2/2につづく)



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ